放置プレイ

何か良いブログのタイトルはないだろうか。 
お詫びとお知らせ
11月6日
お久しぶりです。
突然前触れもなく更新が途絶していて申し訳ありませんでした。

現在、管理人はインターネットが出来ない環境にあり、しばらくの間再開できそうにありません。

更新再開は帰国後の来年一月末になりそうです。

一時帰国できたため、お知らせとお詫びにかえさせていただきます。

11月7日
ちょっと時間の余裕が出来たため、溜まっていた光武帝スレをまとめました。
それではまた来年。

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:--  Top EDIT

2009.11.07[土] やる夫が光武帝になるようです 第四十六章 「事業再構築」

四十五章の続きです
現行スレッド


955 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 12:15:07.54 ID:4X24yf.o
本日、午後三時より投下します。
957 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 13:00:25.57 ID:cTSnD0oo
脱いだ
958 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 13:02:28.22 ID:KCh1cXQo
ネクタイもバッチリ決めた
960 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 13:28:03.81 ID:6lRIW9Qo
お前ら脱いだ脱いだ言いながら実は脱いでないんだろ?
寒くなってきたから脱いだって嘘ついて実は服着てるだろ?
961 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 13:32:01.92 ID:yks.YrEo
裸でコタツって気持ちいいよ
962 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 13:34:57.06 ID:KCh1cXQo
>>960
北海道はもうストーブの時期でな。
つけないと寒くてつけるとガチで暑いんだ。
964 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:00:57.59 ID:4X24yf.o
              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"

966 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:01:53.53 ID:4X24yf.o

  やる夫が色々苦労して天下統一するお話です。

やる夫観察日記様でまとめていただいてます http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/


第一章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html

第五章  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-393.html

第六章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-429.html

第七章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-454.html

第八章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-530.html

第九章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-549.html

第十章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-604.html

第十一章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-611.html
 
第十二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-648.html

第十三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-677.html 


第十四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-707.html

第十五章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-746.html


第十六章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-781.html

第十七章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-807.html

第十八章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-822.html

  
967 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:03:30.23 ID:4X24yf.o

  
第十九章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-890.html

第二十章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-924.html


第二十一章  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-936.html

第二十二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1010.html

第二十三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1020.html


第二十四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1056.html

第二十五章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1099.html

第二十六章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1117.html

第二十七章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1136.html

第二十八章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1180.html

第二十九章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1183.html


平沢唯による補足 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1218.html

第三十章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1219.html


第三十一章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1244.html
第三十二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1250.html
番外編    http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1252.html
第三十三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1255.html
第三十四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1325.html
第三十五章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1326.html
(第三十六章は欠番)
968 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:04:25.49 ID:4X24yf.o
番外編・2  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1327.html
第三十七章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1393.html
第三十八章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1410.html
第三十九章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1422.html

第四十章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1480.html

放置プレイ 様  

 http://houchiplay.blog54.fc2.com/




記事一覧  http://houchiplay.blog54.fc2.com/blog-category-3.html
  
  
969 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:05:33.37 ID:4X24yf.o

←敦煌       ,--ー、,,-         ..,,,,..,,,,,,,,,,,,.,、               
: 、       ,-´  _,/             ,!                      
.l|       ./張掖l°           ヽ                      
`酒泉    l゙  .l゙              ‘ー-、,,、                  
、、   、   |  ,!    .,-''ー、、         `i、                 
: `''‐、. |   ゙、 `"^'‐/   `、,、 .,-'、、                       
    `ヽ   ヽ          `-‐′ `''、  .,"                  
     `''-、、\             ,ヽ`i、 ,! 北地郡               
        ``‐:゙l.    武威    ,"  `'│                  
              ヽ          ,!     l゙                   
              ,‐          | 安定 `'i、                 
              !ー--、..、     、|       ゙i、                
            ヽ   `':、 ,、-‐´.l゙'i、      ,"                
               ゙i、金城 .'| 天水 ゙i    .,"                
             `'‐、、 ,/'ー-:-、,  ■ ●ケン   ○長安              
               `'i、" 隴西  ` ■ 隴                       
                `         `'、山             


  西暦三十年(建武六年)、


  やる夫の使者として、來歙がケン県を訪れ、
  隗囂側の使者にやる夫の意志を伝えた。



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  今度こそ 本当の最後通牒だろ……
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

970 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:06:31.89 ID:4X24yf.o


  この年五月、天水郡に侵攻した
  やる夫軍は、隗囂軍に破れ、
  そもそもの目的だった公孫述政権が支配する
  益州へ向かうことを断念するしかなかった。

  一方隗囂は勝ちに乗じて長安を獲ろうとしたが、
  馮異・祭遵に阻まれ、撤退。





   ,.. -‐\ヽ,.: ''"    " ''  ,,   /
 ,´    ,/   ,   ,.      ヽ∠....,,.,,-‐''''''    
 ムォ  _冫 /,,.../,_ / ヽ   ',   '.,'´  ` 、
  j // ,イ/ ./冫`   ',‐iー-i、 ',  ',    ャ''゙   ごめんなさい。
  '´  i//'  _!,,/     '.,j ヽ l',ヽi  i`ヽ、 'r ヽ  
    i '´j ''"   `' 、  , -‐- 、.' ', L,_j  \!
    !, ソ    、,,_        ヽ',ノ ,..ヽ        なかなおりしような!
    _`'!   /  ""'''''ー‐┐    } j       
  ,r''"  '.,  l        .i    / ,ノ        こんごは やるおさまにために
  `Z_  ,.へ、 ',       j  ./'´ヽ、        
   |/   ` .ゝ、,,____,,..ノ,,. へ    \       ほねになるまではたらくぞ!
          ,`j"''''''''i'''"    ヽ ,、! ̄       
        / !、,__,ノヽ     ∨
       / /`''ー--‐''ヽ \             


    やる夫手ごわしと見た隗囂は、
    態度を変え、再びやる夫への帰順を願い出ていたのである。

    來歙が携えた書簡は、それに対する やる夫の返答だった。
971 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:07:36.73 ID:4X24yf.o

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



    えー、 やる夫陛下はこのように申されています。



          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
              /       \          やる夫はもう四十に近い歳だお。
             /( ー)  (ー) \   
             |    (__人__)   |       うわついた偽りの言葉には
             \          /        心を動かされたりしないんだお。
                  /::::::|:!/::::::::::ヽ.
              /:::::::::::::::::::::::::::::::l
              ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            j:::::{::::::::::::::l |;/:::::::::::l
           ノ;rーヽニfうt二Z__::::::::::::::j
          /='ィーrj_jメ丱くf/ィ、_入:::::::{
         /::::::::::::::::::::::::::::`¨´:::::::ヾ~ゝ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
        !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
972 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:08:56.47 ID:4X24yf.o

     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ●)}liil{(●)\  /   / 
     /    (__人__)   \/   /   /  )      誠意を示すつもりがあるなら、
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /        子供をもう一人、
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴       人質として洛陽へよこすべき。
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´    それが嫌なら、返事はいらねーお!
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)
974 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:11:22.41 ID:4X24yf.o

           ,  -─-  、
      ヽ、 /: :/ヽ、}斗ヽ ヽ /
      \/ ‐/x'   ´(___)`\} Y<_
     /:/{/(__,ノ        V」: : :\
   /: : : f }     ___  U  ヘヽ: : r`
    7__ /、!   ! ̄    ヽ    J ノヽr`
     `  '、  |      }   /‐'  
        >、 `---─ ' _, へ      
       /_ : .:|>r-‐ 千 ヽ: : r`
        レヘ|/^ヽ / 〉、 ^
         / ヽ/oヽ/  \


  
  この時点でやる夫の元には隗囂の息子が一人送られている。
  馬援が送り届けたこの人質は、
  結局、人質としての意味はなかったことになる。

  しかし隗囂も人の親、さすがに子供を二人もよこすなら、
  服従させるための担保になるだろう……とでも
  やる夫は考えたのかもしれない。


975 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:12:16.33 ID:4X24yf.o

    書簡を受け取った隗囂は、
    やる夫にこれ以上のごまかしが
    通用しないことを見て取った。


           rfff!   _/V_ フ     /l_
           |  「!,.. ´: . : .  ̄`: .、/: . : .∠      もう…… けつだんの ときだな。
           ト-〆 : ィ: .: . : . : . : . ヽ :__ >
           {;;;/:メ:/ j: l、;.ィ: : ',: . : .:l         わたしは……
           |/イf::ヽ イ::::}ト、::!-‐、: j
               l .l. ー'  `ーu '' 6 }/   / ̄ヽ   
            l ハ r -、    r イ―z./::::::::::::::}   
              ヽ、\ _ }  イ!ュ; . : . :>:::::::::/   
          f三f:::‐:ュ__l:::::::jく::::::ハ\_フ:::::/     
          ゝュ!::::::::}   ̄_ヽ:::::|::::::::::::/      
            ー '  ̄ 7::::::::ヽヽ::|::::::/
                  /:::::::::::::::\二7


    


                  ,.. -‐\
                 ,´    ,/''     r、    '\,,.,,-‐''''''
                 ムォ  _冫 _/_/⊥/:: ヽ⊥、__, '´  ` 、  
                 j // ,イ /.|/ l/:::::::::ヽ|.,,ヽ|ヽ  ヽ  ャ''゙
                  ./ i /|/;l'"~`'li, :::: ,il'"~`''liヽ`ヽ、 'r ヽ   こうそんじゅつに つく!
                 /|/ ! ii, ○ ,i! :::: il、.○ .,|i ij  \!
                  _`'!!. | `゙=='" __ `''=='" | ,ノ      
               ,r''"  '.i;:::,   i"   `i   ./'´ヽ、
               `Z_  ,.へ'ヽ;;  i     i _;;; へ    \
                 |/      `>┴,---,-'''"、  ヽ ,、! ̄
                      /ヽ,,,,_ヽ_/ _,,/ヽ   ∨  
976 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:13:18.11 ID:4X24yf.o
    隗囂は公孫述に使者を送り、
    帰順を表明。

    翌年には朔寧王に封じられている。



    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   ……ま、まあ配下にしてあげましょう。
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /        \       
     /  \   / U ヽ
     |  (_)  (_)   |      
     \  、__',_,    __,/
     /         \
977 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:14:38.52 ID:4X24yf.o


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    隗囂は返答をよこさないな……
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
   


   


 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
   /      \           これで今度こそ、完っ全に「敵」認定でいいと思うお。
  /  _ノ  ヽ__\        ただし隗囂自身は敵対を決めても、
/    (●)  (● \       配下には揺らいでる連中も多いんじゃないかお?
|   ∪  (__人__)   |      
\      ` ⌒´   /


978 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 15:15:01.04 ID:5d.SFbEo
ある意味グダグダだなぁ・・・
案外愚物なのかもかもしれんな、隗囂は
979 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 15:16:12.60 ID:vsi8ORAo
皇帝の「臣下」になる気には本心ではまったくないのだろうな。
980 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:16:37.19 ID:4X24yf.o

      __    
    / ~\   
  / ノ  (●)\         馬援殿。
. | (./)   ⌒)\       隗囂周辺の豪族や部族で、
. |   (__ノ ̄   \      こっちに転んでくれそうな連中は?
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

   
   

                  
           .__;;;:::::::;;;;;;:
           ,;;;;;;;;;;:::::......::|         幾人か心当たりがありますよ。
          '`l./../ ....._ヽ   
          /,,,,,_ ̄,,,,,,_ ヽ       加えて、羌族などの異民族……
          }'e> <'eヽ` ヽ、
          | / ,.、     .ヘ/    わたしは隴山の近くで遊牧をしていた経験から、
          | `-'      、'ノ     彼らの頭目クラスとも顔見知りです。
          { 'ニニゝ    ,/
          ヽ "     ノ/、
    ___......  __ヽ..........-ー'ニ'/: :l-、___
======---ー||-'//`><~~ ̄ /: : |、: : : :
: : : .     .||': :.//彡、  /: : :| ヽ: : :
982 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:17:41.93 ID:4X24yf.o

                             
                             ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
                            イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    よーし、馬援に精騎五千を与えるお!
   (.`ヽ(`> 、                      / ⌒  ⌒  \      フットワークを活かして
    `'<`ゝr'フ\                   /  (●) (●)   \     隗囂の領域に侵入し、
 ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)               | ::::::⌒(__人__)⌒:::::   |   隗囂に味方している部族たちを切り離すんだお!
 ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                \    |r┬-|      / 
      \_  、__,.イ\                 \  `ー'´    /    
       (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、    ./|
        ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
         \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

983 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:20:07.53 ID:4X24yf.o

 <解説>

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ      なるほどー。馬関連で身を立てた人物は、
  li 从ハ)ソ      こういうところでも有用なわけかー
 ゝ*,,・∀・)  

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ.     馬を乗りこなす配下を多く抱えることで、
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.    戦時にはすぐに騎兵に転用できる勢力の長として
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|   重用されるという強みについては以前に述べた。
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l    加えて遊牧の中で同じような暮らしをしている
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ   異民族と交わることで、
.     |. ヽ   `ニ´  /      彼らへの交渉役にもなれるわけだ。
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             
984 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:21:36.54 ID:4X24yf.o
   ((       そういう人材って、
  '´ /ニ゙ヽ    やる夫政権の中で、馬援の他には……
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  


     
     



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   呉漢がいる。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
986 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:22:21.49 ID:4X24yf.o

         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',       あ、ああー、ええー?
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l. u  ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::', 
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i 
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `u     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\     U     ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \


     
    
                           まあ呉漢の場合
.   /::::i::::::::l:::/l目::l::::l:::l::::::目:::l::::i       「あっち側」の流儀に染まりすぎた印象もあるがな。
..  l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l:::::i::::       異民族の気風に親しみつつ、
.  l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノ       脳みそはあくまで漢民族、という人材が望ましいわけで。
.  l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥、-__‐スィi::
  l:::::::l:::::::::l   (ヒ_]    ヒ_ン  /       ちょうどいいバランスを保っていたのが馬援なんだよ。
   \::::l::::::::l '"   ,___,   "' l{ 
     \l:::::::::',   ヽ _ン    ノ`
      \::::::l>,、 _____, ,.イ  
988 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:23:35.41 ID:4X24yf.o



     __          
    :il|仞仞l      名将として後世に知られている馬援だが、
    |||后后|      むしろこういった、「異民族やアウトローに対する外交官」
    `ト、Дィ      のような役割も期待されていたものと思われる。
  ,くEl〈V〉El    いざとなれば剣を振るえる外交官としてな。
  |;ト、゚;Y;゚|||;        





                   ,,、、- ──‐-、__
                ,.'".:;:;:;;;;:三ミミシ;:;:;;;;;;`ヽ
               ,..:.:.::::::;:;:;;;ヾミミシ三二ヽ.::;:;ヽ
            ,〃彡.:.:.:. :;:;:;:;;;ミV三三ミミ:;;;;;;;;;;;;|
            彡彡rr‐ァ'''""゙゙´  ̄``ヾミミミ;:;;;;;l
             彡イ l! リ          iミミ.:.::;:;:;!       遊牧をしてきままに暮らすつもりが、
                ハl´ ̄`` "´  ̄``   `ヾ.:.:;;;⊥     王莽の配下となり、
             〈z==、 ヾニニニ=ュ、    `゙゙い1     隗囂の客分となり、
                ゙,r‐rテ 〈 ニrテュ .::::.:.:.   リ,!     今度は自ら願い出て
                 l  ,′  ´ ̄       、_ノ      隗囂を滅ぼす算段に加わっている……
               ', ,′ _             i |
                |. L __ )          /  ハ
               l  、_ ___,,     /  /.:::::ト、、、,,_
                \  ー‐    /  /.:::::::::|::::::::.:.:.
                ,.:个、     /   /.:.::::::::::|:::::::::::::
          , .-‐''"´:/.:.::::::1ー‐‐'゙´   /.:.:.:::::::::::|:::::::::::::
          ,.イ.:.:.:::::::::::::/.:.:::::::::l  ハ   〃.:::::::::::::::::|:::::::::::::
        /.:/.:.:::::::::::::/.:.::::::::::::| / ∧  //.::.\.:::::/.::::::::::::::
       ./.:/.:.::::::::::::::::>.::.:::::::::::!/L_/  V /.:.::::::::::`く.:::::::::::::::::::
      ノ.:/.:.::::::::::::::::::l:::::::::::::::::| / !   /.:.:::::::::::::::/.:::::::::::::::::::
     「.::/.:.::::::::::.::::::::::|::::::::::::::::|/  |  ,/.:.:.:::::::::::::/.::::::::::::::::::::::
   

989 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/10/25(日) 15:24:08.12 ID:CELOnWAo
子孫は染まりきったからなー。特に錦の馬鹿とかww
990 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:24:59.52 ID:4X24yf.o
             ニ二三三三
           ,.ィ≦三三三三三三三
           ィ≦三三三三三三,. -==
         ィ≦三三三三三∠三三    俺って奴は、アウトローにもサラリーマンにも
      /  ̄ \ ⌒Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヒ三    なりきれない半端者だな……
.  / ̄ ̄\ 、け   } 、_ _    仁三
 / ̄\ Lけ  ,. -┤       〈三三
/   -、  }  | /  ,ハ 仁二二>   `ー=
     {け  `   / } 仗フ
 ー一' Y     / /
     {  /   j
       /     {__,.ィ
     ,.イ           }__
、____/j        r┴─′
     /         }
.    /            ヽ    ,. -==
ー- 〈          /`アア´
   /        ∠二/ ,ハ     /
.  /           / /V  ,.\  /
  /      ,. イ  /:::::/ /::/∨
991 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:25:50.23 ID:4X24yf.o


ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ  來歙の方は?
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   








  

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |    こっちも工作は進んでる。
      .(__人__)      |     隗囂に刃を突き付けたとき、
       l` ⌒´    .|    助けてくれた王遵……
       {          .|    アイツは引き込めそうだぜ……
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
994 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/10/25(日) 15:29:45.15 ID:4X24yf.o
次スレ行きます http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1256452056/



   隗囂臣下の中で親やる夫派だった王遵は、
  当然ながら隗囂が公孫述についたことで
  居心地を悪くしていた。

              ,、;i彡ミi〃ヾi、
             iヘ〃,!i〃ヾ彡ミ;ヽ、
               iヾミ ミ'`         ヾi    
           ミ   〃       ,,,, l
           ヾ  彡   ,,===   "``l   
           冫 ∩ '" ィェァ冫  ヤ`.l
           {( j | U´` ´r-  、 l
               ` l .l へ  /ゝ-、 ハ l
              l/  ハ__ー=ェェ=' /
            / - ニ二.lノ ` ‐' /、
            l     ,y 〉` ー  l l 、
       _  -‐ ´ l   1<     l l \ー 、
     r'´ ヽ    ノ   l l ,ヘヽ    /y/   \ ` -、
.     l   ヽ ハヽ、  ノ l l ヽ\/イ  ヾ 〃     l



  これを好機とばかりに、
  來歙は王遵への引き抜き工作を開始する。

3 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:32:12.81 ID:4X24yf.o

  


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)     こっちへ来いだろ~
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く


   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
      /      \
     /ノ  \    \      できたらお仲間も一緒に……
   / /゚\  /゚\    \
   |   (__人__)        |
   \  .` ⌒´|'|      /
    ノ     .U     \


              ,、;i彡ミi〃ヾi、     
             iヘ〃,!i〃ヾ彡ミ;ヽ、   
               iヾミ ミ'`         ヾi   
           ミ   〃       ,,,, l     ううU……
           ヾ  彡   ,,===   "``l   
           冫 ∩ '"<●>::::::<●>l  
           {( j | U´` ´r-  、 l  
               ` l .l へ  /ゝ-、 ハ l   
              l/  ハ__ー=ェェ=' /
            / - ニ二.lノ ` ‐' /、



4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:32:45.74 ID:vsi8ORAo
>>3
よだれたらして下心丸見えwwwww
6 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:32:55.41 ID:4X24yf.o



       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ  
           _/        \     
           /            \      それと
          /  /   ヽ、_       |      河西の竇融。
          l   (● ) (● )      /   
           ヽ  (__人__)    /      彼がこちらに好意的なのは大きいお!
           _x>  {_ノ _  イ7\__
          '⌒:r‐、:::::::|::::ヽ Y /::::://:::::::::::`ー-、
        /:::::::::|、,,ト、:::ヽ::::\/:::::::/
        /::::/⌒ 、 L_\:\:/:::::::/
        /:::/ ヽ メ- ):::::/:::::::/
      /::::/ヽヽ、)ーィ´:::/::::::::/
     (::::::!\ ̄  /:|::/:::::::::/
      \\ \ /|:::|
        \\ .Y |::::|
         \\ |::/


  
  
7 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:34:39.23 ID:4X24yf.o


  やる夫が書簡を与えた後、

  竇融は弟を使者として洛陽に送るなど、
  恭順の態度をはっきりと示していた。

  
  

                 /{
            {\__(ヽ〈:::::^ー'\ハ         
          〈`ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\{\      
            /:::::::::::::::::::∠::/乙:'7:::ハ::::::::::(_    
       ∠::::::::;ィ厂ヽ:/     /∨ ヽハ::::<   
.       /:::::{八           /        )::::::ヽ  
      厶:::::::ノ          〈     ∠::::::::::八  
      ∠:::Y _        }      j::::::::::、:::〉  漢王朝ハアハア!
.        ノ:::;ゝ ⌒≧=ミ、:j {ヽ'´_斗=‐-  'イ:::::::::ハ{ 
        フ:ル={{ 《_,(::)_ハY_<ヘ乏ニニ-、 、 /::::::::::::>  
      /下Y ヽ. ...二´.イ ∧ ヘ.(::)_》 }}、 `7:::::::::;ゝ 
.     { 小}::ヽ   ̄ ̄ / { ^ー=== 彳 ∨:::: ∧{
       Ⅵ j/`      〃_r-ヘ           〉:-〈
.      ヽ ハ.       ) -’      //刃}
        -}.   x-=''  〕 =-、       ∨>Ⅳ
        j`、 /∠三ニ=ヽ ㍉   彡イ/
        | ハ.   ̄` z ¬ニゝ   ///´
          -|: '.   <         //イ
 /⌒\/ ノ| ∧     \      〃 |
'´     >‐く   ゝ _____> /   |
     /   ∧   \     ̄´    │

8 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:35:28.39 ID:5d.SFbEo
過去形?いやなフラグだな・・・
9 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:36:10.53 ID:4X24yf.o


  弟が洛陽へ向かったとき、
 隗囂とやる夫が交戦状態に入ったため
 司隷部と河西との交通が絶たれたが、
 それでも竇融は配下に間道を探させ、
 弟を洛陽に送り届けた程である。




             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (       ,' : : : : :)ハ:: :: ::\
     ノ:: ::: :ト'          ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|
     7:: :: /           ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,  やる夫様ならいい
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ   やる夫様なら なんでも許されるんだ
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`
     イ:: ,./`|!  (●) ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_,
     人:: {  `===彡/ /巛 (●)  ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!
    | Y|!`     /、 r': : :i : : : : : : : : : : :|!:: ,.-、
    ヽ |!       ` ゝ: := : : : : : : : : : :::彡 ,-, |
     `ーヘ   ,,,,,,,,,,,, `,: :,,,: : : : : : : : : : : :/} ヾ /
       ハ   ,.-──-、, ''''''、: : : : : : : /,.-' /
       | |   `ー、 三三ミ、 |!: : : : : /_/ 
      ,. | |    、-' : : : : : : : : : : : イ
,.--、__/ / !     ' , : : : : : : : :/:::|
    `ヽ、/  人      ` ,: : : : /:::::::::|
    ,.-'"´|!   `ー 、____ノ:::::::::::|

10 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:36:56.43 ID:36ocKDMo
変態か……
11 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:37:10.50 ID:4X24yf.o



  
  さらに竇融はやる夫に敵対した隗囂に対しても、書簡を送り、
  やる夫側に引き戻そうとした。
  
             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (       ,' : : : : :)ハ:: :: ::\     やる夫様絶対主義!
     ノ:: ::: :ト'          ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|
     7:: :: /           ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`
     イ:: ,./`|!  (●) ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_,
     人:: {  `===彡/ /巛 (●)  ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!
    | Y|!`     /、 r': : :i : : : : : : : : : : :|!:: ,.-、
   

 
.         ', ',          / /
         _',_ ', _,, -―‐- 、 / /_,,_
.       ィ´.::::::::,y`´..:::::::::::::::::::::::...ヽ´.::::::::::`'ァ
        >:,r''7:::::::::,:::::,:::::,::::::,::::::::::::i`ヽ、::::::_>      なにこいつきもい。
        '′ i::,:::,::,'j:::/i:::/ヽ::::i',::l,_:i」_  `′
       't-―|:;'l:'リ`|:メ、レ u _,ゝk<!':j !::ヽ,
       >_::;(' !'  ●    ●   ノ、:r
       ´ '",:'`|        J j´.::::.':, ヽ 、 、
        ,:':::::::ヽ、   -‐―  .ノ:::::::::::::', ノ ノ  ′
        ,ヾ/ ̄ ̄`'' ー--一'" ̄ ̄';,'/i
  

  
13 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:38:08.77 ID:4X24yf.o

             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (       ,' : : : : :)ハ:: :: ::\    隗囂の野郎、私が心をつくした手紙を送っても
     ノ:: ::: :ト'          ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|     無視りやがりった。
     7:: :: /           ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,    戦争だ!
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`
     イ:: ,./`|!  (●) ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_,
     人:: {  `===彡/ /巛 (●)  ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!

  

   竇融は河西の兵を金城郡に集め、
   隗囂と手を結んでいた先零(せんれい)族の首領を撃破。



   同時にやる夫に対し、再び隗囂を攻める時期を伺った。

              、 、_/(,ヘ、ト、
        |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
       :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :     (_,.   
       ヽ|!/ ´    ,' :)ノ`      : ::\    
       i r'    _,,..r--ヽ.   ミ    :: :: ::|  河西はいつでも隗囂をぶち殺すために動きます。
       r.--ヽ. _..-'''' ̄ヽ=r.._  ¥     i     
      .r'' ̄`ヽ=. <(::)>ノ  ~"'-._y    i    
      i <(:)丿/ヽ.____,,..r'"    i i~ヽ.-...i
      ヽ__.r'(   '';;        i r'"(~''ヽ
      「   ヽ-⌒-'        \i > ) /     
        i  _...||.-.._         .r-'"/      
       i ./_.=:==-ヽ       y-.''~ミ
         i ヽ_,,,.. r"~        i i :ミ~
       i         .....::::::::/  i~
        ヽ    ...........::::::::::::'   i
         ヽ-::::::::::::::::::::::::::'    :i
          丿 ::::::::::::::::'      i
15 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:38:41.37 ID:4X24yf.o

    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      / (ー)  (ー)\    …………
    / ∪  (__人__)  \   ま、まだちょっと時期尚早だお……
    |      ` ⌒´    |        
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
     イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
  +        ./ \  /\ キリッ        とはいえ竇融の気持ちは嬉しいお!
        / (●)  (●)\          これは心強い味方を得たお!
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +

 
  
17 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:39:40.68 ID:4X24yf.o

    やる夫は竇融への返礼として、
   司隷部にあった竇融の父の墓を修復。
   このとき、本来は天子の墳墓を祀る場合に用いる
   大牢(牛・豚のいけにえ)をお供え物にしている。
 


        大牢(イメージ図)

       ε ⌒ヘ⌒ヽフ
       (   (  ・ω・)
      ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
     (   (  ・ω・) ω・)
   ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・) (  ・ω・)ω・)
  ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヘ⌒ヽフヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
 (   (  ・ω・) (  ・ω・) ・ω・)ω・)
  しー し─Jしー し─J し─J ─J
 カクカク  ,ィヘ⌒ヽフ  ブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒ!!
    / (  ・ω・)) -=3
 ε//   し ヘ⌒ヽフ   ドッピューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
  ( (  _,.ノ(  ・ω・)) -=3
   し しー し─J ブッヒィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (       ,' : : : : :)ハ:: :: ::\
     ノ:: ::: :ト'          ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|
     7:: :: /           ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`
     イ:: ,./`|!  (●) ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_,
     人:: {  `===彡/ /巛 (●)  ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!

        ありがたや ありがたや
  
18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:39:51.97 ID:UfoXtXo0
編集長の目がやばいww
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:40:53.36 ID:ccMfb1Io
下のさかってるのはナニww
20 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:41:19.43 ID:4X24yf.o

  

←敦煌       ,--ー、,,-         ..,,,,..,,,,,,,,,,,,.,、               
: 、       ,-´  _,/             ,!                      
.l|       ./張掖l°           ヽ                      
`酒泉    l゙  .l゙              ‘ー-、,,、                  
、、   、   |  ,!    .,-''ー、、         `i、                 
: `''‐、. |   ゙、 `"^'‐/   `、,、 .,-'、、                       
    `ヽ   ヽ          `-‐′ `''、  .,"                  
     `''-、、\             ,ヽ`i、 ,! 北地郡               
        ``‐:゙l.    武威    ,"  `'│                  
              ヽ          ,!     l゙                   
              ,‐          | 安定 `'i、                 
              !ー--、..、     、|       ゙i、                
            ヽ   `':、 ,、-‐´.l゙'i、      ,"                
               ゙i、金城 .'| 天水 ゙i    .,"    司隷部             
             `'‐、、 ,/'ー-:-、,  ■ ●ケン   ○長安              
               `'i、" 隴西  ` ■ 隴                       
                `         `'、山             

                      ↓益州
                    
    __            /
  :il|仞仞l         /
  |||后后|        /
  `ト、Дィ      ん       ここで状況を整理しておこう。
 ,くEl〈V〉El |;;.l |;      益州を奪いたいやる夫としては、
 |;ト、゚;Y;゚|||;          益州侵攻の際背中を向けることになる
.l;|〈;; |;;l|           涼州の支配者・隗囂を味方につけておきたかった。
|;|ノ;/キ-
ん!'7;;/|;;|            しかしフワフワと信用のおけない隗囂を
  /;;/ |;;|          なだめすかしおどしたあげく、敵に回すこととなった。
 /;;/ /;;/
/;;/ /;;/
/ /  | \
`ー′   `ー'′
22 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:43:03.16 ID:4X24yf.o

   ((        けれども涼州の中にも異分子はいて、
  '´ /ニ゙ヽ    河西5郡(敦煌・酒泉・張掖・武威・金城)
  li 从ハ)ソ    の有力者・竇融は隗囂を離れ、
 ゝ*,,・∀・)    やる夫サイドについたと……

   




,,,,,,,,,,,,、
://ヽヽ`''i'ヽ
::lヽヽヽヽヽ'ヽ~ヽ
ll,ヽヽヽヽヽ>、.i `l     隗囂の本拠は天水。
ヽ,ヽヽヽ;;,'',6フ:ll、l
-'ヽヽ;∠l,::`''::::l:l:::|   竇融は金城に勢力を集め、
ヽヽ::i',6,ノ: /ヽ'::l:l::|    やる夫軍が天水へ捲土重来のあかつきには、
ヽヽ:ヽ' u .`',ヵ ;'i:l   西から攻め入るつもり。
ヽ,,,,,ヽヽ、 '-´'/''l
. ヽ .l'''''''''';;;;;;;;;/:: |    
ミ'`''(o)-,-'/ :: |
'ヽ 、ヽ// `.//
--、 .、<,,,,,,,,:::i/l ,-''/ 
 ,,,,ヽ`ヽ::''' 'l,|::::|,'''''''、
.、/:: i::..:''''',,''|,,-''ヽ'/  
,,,,i, ヽ /,l'''/''/''l''i'''''
23 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:43:03.62 ID:mNi6ydEo
今日はいつもより変態が濃いなwww
26 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:44:26.47 ID:4X24yf.o


          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',         つまりこの時点で隗囂は、もはや「涼州の支配者」とは言えず、
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',       しかも後頭部をバールで狙われている状態ッ!
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|       お膝もとの豪族すら、
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川        馬援・來歙の引き抜き工作で揺らいでいるッ!
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l




_|: : : :\, . : ´: : : : : : : : : : : : : `ヽ- ―¬    
 : : : : : :/: \:./: : : /:/\: : : ヽ:\: : \:.└-- ァ
 : : : : /: : /:. ,:イ:、:// /   \: : :ト、: X: ヽ\: : / 
 : : :./:.:.:./:.〃//\':/  U   \|/: :.}: : ヽ \>   あわわわわ。 いつのまに こんなことに……
. ‐ 7: : :/:.// |/ ̄ ̄ヾ      /  ̄ヽハ: : :.',: | 
  |: : :.|:./ |   ○  |     {  ○  |ヽ: :.|:.| 
  | ¬|/ ヽ     ノ  U   ヽ     ノ  ヽN 
  / .ス      ̄ ̄         ̄ ̄     |  
  { ||  U   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ト.  U  | 
 入 し       /         |:i       /  
 : : : ーi.     ,            |:|     ,ハ  
 7: : : : ヽ     '          |:!   /|┘  
..厶 -‐''::¨:::ヽ  {             リ /ヽ┘  
::::::::::::::::::::::::::::::{. `=ニ二二ニニ= '.::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::/\:\       /:/\::::::::::::::::::\

  
27 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:44:57.94 ID:hlvsvf2o
あんたが態度をはっきりさせないからだよww
28 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:45:07.59 ID:4X24yf.o

      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)
.    |       (___ノ)   いやー根回しって大事だろー
     |        ´ノ
.     |         }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /_ノ ' ヽ_\           だおー
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    / 
31 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:46:05.60 ID:4X24yf.o



                        やる夫は反省したんだお。
    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    いくら勢力が大きくなっても、
       / \  /\
      / (●)  (●)\       力任せに攻めかかるような真似は
    /     (__人__)  \      被害が大きいお。
    |      ` ⌒´    |  
     \          /       隗囂はあなどれない相手。
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      軍を送るのは避けられないこととして、
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|     それまでに、できる限り力を削っておく……
    | ヽ〆        |´ |




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   もうすでに効果はあがってるだろ。


   兵を送るのはいつだ?
32 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:47:42.89 ID:4X24yf.o



     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   ……うーん。
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    今年はちょっと、待ってほしいお。
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \     早くて来年。あるいは再来年……
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/



       / ̄ ̄\
     / ノ  \ \
     |  (●)(●) |         
    . |  (__人__)  |     何か、懸案でも他にあるのか?
      |   ` ⌒´  ノ   
    .  |         }
    .  ヽ        }
     /⌒   ー‐  ィ  ヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
             
   


34 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:48:55.25 ID:4X24yf.o

    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    あるお。ずーと前から、気にしてはいたことだお。
      /  _ノ  ヽ__\   
    /    (─)  (─) \      それをそろそろ手がけたいんだお……
    |       (__人__)    |
     \            ,/  
    ノ           \
 



            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',    さて、これまでこのスレでは、
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll    大体「武将」としてのやる夫の姿を
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|   紹介してきた。
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|   
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|   昆陽の戦いをはじめとする華々しい武勲の数々。
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|   しかしそれらのみでは、中国史上指折りの名君と
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j   呼ばれる理由にはならない。 
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/    ここらで少し、「政治家」としての やる夫に触れていこうと思う。
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /
36 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:49:58.47 ID:4X24yf.o



   ((    
  '´ /ニ゙ヽ      西暦三十年~三十一年に行われた政策を中心に、
  li 从ハ)ソ    まとめて紹介していくので、
 ゝ*,,・∀・)    時系列はすこし史実と異なります。
           大体、こういう手を打ったって感じで読んでおいてねー!






          _,;¬___        __
        /├l||||||||||||、      l┤\
       / ├l|||||||||||||||||、    l┤  \
      (|| |) ├l||||||||||||||||||||、  l┤    \
      / | | ├l|||||||||||||||||||||、 l┤(| | |)    |    まず予備知識として、この時代の人口について知って頂きたい。
      |  | | |├l||||||||||||||||||||||l┤| |      | 
      |  | ̄ ̄├|||||||||||||||||||||l┤ ̄ |   |   | 
      |  |、`ー-┼l|||||||||||||||||l┼-ヽ|    |   |  前漢時代の末期、西暦二年の
      |  |<O冫├l|||||||||||l┤|O>| |   |  |  戸籍の登録によると、
      | | |     ├l|||||||l┤    | | | | /   中国には六千万人近い人々が暮らしていた。
     / |  |    ├l|||l┤     | | | | /
     / / / |   く├l|l┤     | | | /
    / / /  |    |д┤    | |  / 
    / / / / |   ー/ |┤    |  / 
    ヽ-~-、_ \   ◎l┤   /|/   
             \├l┤__/
               |_|
38 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:52:40.85 ID:4X24yf.o

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   ところが、王莽の悪政・赤眉の乱・相次ぐ飢饉・疫病と、
 .  !:::::l::::::l:::::::レ‐_'"`'ヽ∴∵r'"`''ヾ,ノil  人災と天災が相次いで民衆を襲った結果……
 .  l:::::!l::::::!:::::::ト.'´``ヽ、ヽ.:// ̄〉/i::!  人口は激減。
    l::::l:l:::::l:::::::;゙\、_,.〉 | |〈.__,.ノ./,;::l  
   l::::l::i:::::l::::::,;,,ヽ∵∴ !! ∴∵/,;;;::l   『風俗通』、『漢官儀』の著者として知られる応劭(おうしょう)は
    `ヽ\:::l::::::,;;;;;,}  ∵ ッ ∵.{,;;;;;;:リ   二世紀後半にこう述べている。
    |.\::::';:::;,∠_‘___,、_’ヽ、,;/l
   /.i. h丶、::;<ー─‐-----;:Ξ〉,;
 /  ', ヽh ` ;,,\ ̄.ー一 '"./,;;;;
   / \ \ト,;;;,,ヽ ∴   ∴/,,;;;;;;     「世祖(やる夫)が中興したとき、海内の人民の数えられるものは
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i       十の二三に減っており、辺境はさびれはてて、
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l       生き残ったものとてなかった。」
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 「中興」とはやる夫が全国統一を果たした時点と考えられるので、
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.| 隗囂・公孫述・盧芳を残している今の時期より後のことだが、
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!|  おそらく赤眉や各種盗賊団の活動が終息して間もない
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  この時期でも、それに近い数まで人口は減少していただろう。
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´ / 
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             
39 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:54:02.64 ID:4X24yf.o



      /::::::,:::´:::::-‐::::::::::二ニ、:ヽ   `、 \:::::ヽ
     /::::/::::::7:::/  ̄ ̄__.,/::::::\`ヽ ゝ. \::::
   /::/::::::/::/∠,=ニ)ノ//:::::::/::::::\   、.. ヽ
   /::7:::::::::/:l//ニヾ,、,///::::::::/'--‐ヘ:::::\   〉,
  イ::::レ:::::/:::::lヽv'7:)ノ〃:::/::::,イ:l ;;,'´ .´\::::\  ヽ l   十の二・三ってことは……
  l /::i:::::i::l:::lノ.,>;;;;//::/::/  ヾ:、 ;; u U /::「ヽ  l 
  | l∧::l:レヘ:l :l   /;/;;iヘi -‐_フヾ、_  /::/:::| l  i|   間を採ったしても二割五部?千五百万人?四分の一じゃねーか!
   | /ヽ   L_ 、  /l:|  ',/ ,-、`ヾ\V::/::::::l 、   |
   レ  /lヽ、__  ̄   ;;;; l)、ヒ::ノ )ゞ:/::::::::::l   :    
  /ノ U /::::\ ヽ  u   ゞ、=_//::::::::::::::::::l  `´   
  l  />'´`゙7,,\|    U ゙> ノ/:::::,へ::::i::::| 丿、
  「 { (   ´ /   u  / / //  「:::::::/_/  /::   
  人 ヽ `>'´   U    // ;レ' u  ヽ;∠__  レ'
 l  ヽ 二        //  ;;       __-‐ ヽ ::/
  ヽ、   u     // U ; __  ー´;;丿ノ l /    
    ` ‐- . __//     /i  `  ̄   /∠_
        { :ヽ;;:::>‐-. 、 /  >、  _ /:::::ヽ:ヽ   
         ヽ: : :` .‐-... __ -‐..´: : : : l:::::::::::ノ:::::::i::ヽ
         i: : : : : :    :: : : : : : : : :ヾ∧::i:::::::{::::/
        ノ、: : : : : : :  : : : : :, /l川\::ヽ::::l|::::i
       /   ` 'ー--‐' ~´,,   |l l l |ヽ::∧:|::ノ
40 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:55:31.86 ID:4X24yf.o

-─v──‐-  、
ァ::::/::-──--:f芫}.__
::イ:'、`丶、:::\ゞ=ヘーヽ、
::::{::::ヽ、:::::\:::::\:::::ヽ、\
::::|::::、::\:::::::ヽ:::::::}∠、ヘ (ヽ 
,ィテミ:ヽ::::::\:::::j/frッ}ハ:ヘ。 `}
、l_{_ノ:::::\::::::≦__} Y´  '.:ヘ ハ    「数えられる」というのは戸籍に管理されている人数、とも
::ヽ::\厶斗匕ミ ,u \  Y:ヘ |    解釈可能だがな。
:::::::\::\代㌻"   ;:_} ト、∧|    生活基盤を失って流民となり、豪族の奴隷か盗賊に身を落とす
:::::::\:\:: ̄、u   _ ノハ iV广l    農民が続出していたというのは、
> 、:::\::\:::\、 {彡'´ノノ`Y }    これまでのスレでも述べた話。
ト、 ヾ `ー- \_.>ー─彳} リ∧ 
Ⅵ、 oト、 「l}|≧ェェェェィ/ | }l| 'ーl
゚ ヾゝ{、  (_0)─ァ´ /ヽ |ン }) | 
) r0<ヽ、@、/ /     / /、 八_
`く、  \/ ∠--、ァ=q/ /∧》ァ'´/
o  > 、○ヾ>、- 、_`Ⅵ//{// 〃 /



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    しかし、たとえ実際の人口が西暦二年と変わらなかったとしても、
 `ー-、」    '  i_ノ    人口の半数以上がまともな生活をしていないというのは
    | `ー  ̄ , '      異常きわまる話だ。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
42 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:56:57.72 ID:4X24yf.o

 

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   やる夫が皇帝になったのは、
  li 从ハ)ソ   こういう時期ってことか……
 ゝ*,,・∀・)

  
  

 



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ  戦争ばかり やってりゃいいわけじゃないんだお
     /  ノ   ^ヽ\      
   /  (●)   (●) \   
   | υ   (__人__)   l    
   \     ` ⌒´   /    
43 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:57:36.74 ID:xr.sZrg0
まず何よりも喰わせる事から始めないとな・・・。
45 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 15:57:56.51 ID:36ocKDMo
内政に力を注ぐ時期か
46 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:58:09.83 ID:4X24yf.o

          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |  死にまくって逃げまくり!
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N このままじゃこの国から民がいなくなってしまうわよ!
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||

            禹
  この数年はあんまり活躍がないので、
  相槌役として登場させるのに便利。








     ∩___∩
     | 丿      ヽ
     /  ー   ーU |    
     |    ( _●_)  ミ    
    彡、    ヽノ ,,/   しかも何か政策を実行するにしても、
    /     ┌─┐´    人が少ないと税収も限られてくるクマー
   |´  丶 ヽ{ .熊 }ヽ
    r    ヽ、__)ニ(_丿
    ヽ、___   ヽ ヽ
    と____ノ_ノ

       同じく朱祐。
51 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 15:59:38.42 ID:4X24yf.o




ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    それを何とかするのが、やる夫の仕事だお。
   /  _ノ  ヽ、_  \       死人を生き返らせるのは無理な話として、
  / o゚((●)) ((●))゚o \     かろうじて生きているものを活気付けることが
  |     (__人__)    |     大事だお。
  \     ` ⌒´     /


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶   わたしも 豪族のはしくれだから分かるけど、
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ   地方の有力者は流民や奴隷に田畑を耕させている。
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |   この乱世のこと、誘拐や略奪による非合法の奴隷や、
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l   犯罪者の流民も多く含まれてる。
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/    そいつらをまともな暮らしに戻してやらないとね。
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
52 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:00:31.90 ID:4X24yf.o

    /:::::::::`ソ´: ̄:ヽレ'´: ̄::ヽ:::\
   /::::/:::::/:::ヽ::::::::/::::::::;::::イ ̄:ヽ:\
  ::::::::/:::::/::::::::::r ナK:::::/`:::ー-:-:'ニ}:::::ヽ
  :::::/:::::/:::::::::::::ヽノノ)':::::::::::::::::::(ニ,ノ!:::::∧   
  ::::::::::/::::::::::::::/`ー':/:::::::::::::';:::::::::::::l!:::::::::',
  ::::::::/:::::::::::;:'::::::::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::ll:::::::::∧     これはどの社会でも当たり前のことだが、
  ::::::;':::::::::::/::::::::::::/!::::::::::::::::::::l!::::::::::リ:::::::/::::',   ある社会の構成員を同じ社会のものが暴力で奴隷にして
  ::::;::::::::::::/:::::::::::::; l::::::::::::::::::::ll:::::::::/::::/l:::::::i   働かせることは、基本的に許容されるわけがない。
  :::::::::::::::/\_::::::::i |:::::::::::::::::::l j_/;/  l::::::::|   (よその国・民族から浚うのは別)
   ::::::::::::; ー--=ニ ---一' -_ニ、 / /::::::::i   
   :::::::::::i ,r -fでテミ \__,  ノ ヒヅ´_,∠::::::::::!
  ..::::::::::l  `^ ゙‐'ヲ´ /  // //二ニ=-:L,__
   .:::::::::l      /   // / /    \
   ::::::::l   ,  (   r / ./ /        ヽ
   .::::::::!   ,へ、ノヽ-'/ f´\          |
    ::::::i  `「ン--─/  ∧  ` ー、
      ::::::! ( '´  //  | ',     ハ      l
.    V:::l! ` ̄  ノ   l { / \‐一 ノ\
      ヽ:ll\  ´   l_トL__ヽ--' )、 ` ̄ ´
          ̄  ̄ ̄ \  ヽ. /  )、    }

53 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:01:24.42 ID:4X24yf.o

               _ __ _
            , .:.´:.:.:..:.::::::::::::::::``ヽ、      /
          ,r'´.: .:.:.::::::::::::::::ー -、r」⌒Y⌒Y^ヽ//",,゙ """ /    ヽ
          / .:.: .:.:.:::::::::::::::::::.:.:.,r'´  ソ^ヽこ イ ヽ、    /ノ     /
       / .:. /ミヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.>  >  ,ィ二ヽ/\   /彡 ""  |/ フ
       ,'.:.:::/.:::`ヾ、::::::::::::::::::::.:.:`フ  } ,イイ薔薇| i、゙ー''"彡    /|  |    なぜって、大事な税収がなくなるわけだからな。
        i:.::/:::/``ヽ、`.:、::::::::`:.:、.:フ  L入ハ ,,/ ヽ、,,_ \   ,イ / |  ム  
       |/.::,イ}    ``丶、.:.:.:.:.:ヽゝ  ,,,.-'"    ー、==-ヽ'"/ / ヽ  :    金に困って自分を売りに出したような
        .レイ/リ         `ヽ 、.:.:>く  ゙`   ヽ゚ノ`ー=、_ /// ∠  :    「ちゃんとした奴隷」なら、「財産」扱いとして
        i彡  ``ー'     '' ー-‐`ヾ\ヽ      ̄ ̄ //   ノ  :    買主に税金を課すこともできるが……
      <ミフh   ‐- 、    、 __   ミ(ヽ          //     ̄ノ   
    , イ三ミゝ、弋弍。テ    ヾ圭。テナ V >、       //  /    ̄
  , イ,ィ´ ̄ ̄`ヽ ////  ,    //// /'"´ 'i     //  /         浚ってきた奴隷を隠蔽されたら、ただ税金が取れなく
,rソ^Y^Y  ヽ ヽ\つ   ,,_ _     ,i|  ,"__}    //  /  /        なるだけだ。
 Y^X^X(_ ノ ノ _ ノ`ゝ、 _ ___ , イ !ヽ_人`'′ //  /  /
_ノ__人_ノヽ _/  ヽ二二フ不< _ _ i'゙' /-─‐‐''/_/_
          / /´ ̄         ̄ヽ、___,,,, -‐‐
57 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:02:14.86 ID:4X24yf.o



   ((    
  '´ /ニ゙ヽ      犯罪者を働かせるのも同じだよね。
  li 从ハ)ソ      逃亡中の奴が税金なんて払うわけねーし。
 ゝ*,,・∀・)  

  

58 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:03:19.32 ID:4X24yf.o


     _ミ`ー‐、
   `⌒丶、'ー-、_       +             十
      ̄\―ヽ._ 二_‐-
        \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
         ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
   +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
            ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
          _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
            ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
     十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
        ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄    ∠、    oノ
       _   / l /二    /  ,イ  |二_      oノ    /
         / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋   /     /^ヽノ
       ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_      /^ヽノ
      彡ニ ,ノ   〈 _ノ      〈__ 三ミ      +
      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
         /       \
        /   ─   ― ヽ     <熟考中>
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \  よし、まず金のかからない政策から始めるお!
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |
  |    ー       .|
  \          /



  
61 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:04:23.52 ID:4X24yf.o



         ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
        イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵
         ∵ ∵ /ノ   ヽ、_ \     ∵   大赦するおー!
        ∵  /( ー)  (ー) \   ∵
           |    (__人__)   |
           \          /\
           __/::ゝ| /: : ∥:::::::::::: \
          _/:::::::::::::/l/: :/∥:::::::::::::::::: ヽ
 _   _, ィ´:::::::::::___| ,.へ._∥__::::::::::::::::::::::|
 ≧_` ̄}i : : |:::::::::::_|__\ \_l|_|:::::::::::::::::::::\
  ⊂イ |: : :|:::::::::{l〈      \ノ")/:::::::::::::::::::::::/
    | |: :|:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄`ーイ/:::::::::::::::::::::::::::::|



   まず犯罪者の流民対策として、

   やる夫は大赦や罪の減免のお触を出しまくった。
65 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:05:48.77 ID:4X24yf.o

建武元年(西暦二十五年)
                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   /
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   |  
   / (⌒)  (⌒) \  ヽ   /
 /   ///(__人__)/// \ / `  /
 |       `Y⌒y'´    |   /         
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |



   即位したからめでたいお!大赦! 






  建武二年 


ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    /   ⌒   ⌒\    
  /     ,(⌒) (⌒)、\      
  |     /// (__人__)/// |   
  \      ` ヽ_ノ   /       
    ヽ    , __ , イ          
    /       |


皇后を立ててめでたいから大赦だお! 

69 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:07:27.88 ID:4X24yf.o
建武三年 

 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /_ノ   ヽ_\        先祖の廟をつくったから大赦!
   /( >)  (<)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /  



     建武四年


      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
     イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      / /・\  /・\ \     とくに何もないけど大赦!
      |    ̄ ̄    ̄ ̄   |
      |    (_人_)     |
      |     \   |     |
      \     \_|    /


   建武五年

               ∩_
  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    とにかく大赦! 
     /⌒::::::::⌒\   |   |
   /( ・ )::::::( ・ )\  !   !      
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

70 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:08:10.30 ID:rgOWVZMo
何だこの日本全国酒飲み音頭wwwwww
71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:08:16.34 ID:mNi6ydEo
毎月、酒が飲めるアレのノリだなww
73 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:08:26.29 ID:4X24yf.o


      ((
    '´ /ニ゙ヽ    あ、あの 毎年出しすぎじゃ……
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)  
   

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|  これは、領土が広がっていることも関係しているんだ。
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 新しい領土、あるいはこれから狙う敵地の民を
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  味方に付ける意味でもな。
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             

74 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:08:43.43 ID:hlvsvf2o
大赦ウゼェww
76 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:09:48.08 ID:4X24yf.o



   建武六年五月 

    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ     天水・隴西・安定・北地郡の
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
       /      \          人で隗囂に騙されて従ってる者!
      /         \   
    /     ⌒   ⌒  \       あと三輔(長安周辺)で 赤眉に苦しめられた人!
    |    /// (__人__)/// |
     \            ,/       可愛そうだから、死刑より軽い罪なら全部許してあげるお!
    ノ           \








 建武七年正月



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ         郡国・三輔・諸官庁に連絡!
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
   o゚((●)) ((●))゚o             死刑より軽い罪を犯したものは解放してOK!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \       
  |     |r┬-|     |    (⌒)     あと悪いことして逃げてる人は、
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、  役所に名乗り出て書類を書けば、それで許してあげるお!
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ



80 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:10:37.30 ID:4X24yf.o
   これらは更始帝の命で河北へ向かった際行った施策の
  全国板と言える。流民が盗賊となり、
  その集団が国家を脅かすほど強大に成長したのが
  赤眉の乱だった。
  同じようなことが起こる種を、やる夫は除こうとしたわけだ。


  そして、大赦とほぼ並行して行われたのが……


   奴隷解放だおー!


        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
       イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
 __人_       /        \      __人_
  `Y´     / 仟ト   f心 \    `Y´
         |   .弋cソ   弋cソレ.  |
         |    (_人_)     | 
         |     \  /     | 
           \     -     /
81 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:11:08.82 ID:xpMe4Fw0
強制労働でもさせたほうが税収あがるんじゃないか?
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:11:52.80 ID:6C3uQk6o
こまけぇことは(AA略っぽいな、この大赦
83 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:12:21.41 ID:4X24yf.o

  西暦二十六年(建武二年) 五月




      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ          イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
 (⌒ヽ      /     \      /⌒)        /     \        金に困った旦那に売り払われた奥さんや、
  ヽ_ ヽ    / ⌒   ⌒  \    / _ノ 二二二  γ⌒) ⌒   ⌒ (⌒ヽ    奴隷として払い下げられた子供は
   \ \/ (●)  (<)   \ / / 三三三  / _ノ (●)  (●) \ `、   みんな自由だお!
     \ |    (__人__)     / /  二二二 (  <    (__人__)   |  )
       \   |r┬-|    / /   三三三  \ ヽ    |r┬-|   //
           `ー'´     ウガチャカ♪              `ー'´  ウガチャカ♪


  



  西暦三十年(建武六年) 十一月



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ          王莽の時代に犯罪を犯して奴隷の身分に落とされた
       /     \              下級役人にお知らせだお!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \       nn    その罪が昔の法律(王莽以前)なら
     |       (__人__)   |        i i.i   有罪じゃないものだったら
      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐/ ヽ-、  庶民に戻してあげるお!
.      /⌒,    `ー'´     ___; _、r イフ'
     /  ,)、_,.、,、,、   ,/ ̄       ̄
    (_____´r)jjj〉   l
.      |    ` ̄~´   | 




85 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:13:27.46 ID:ccMfb1Io
まあ、ひたすら旧に復すだけでも大変だわね。
87 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:13:55.21 ID:4X24yf.o


 西暦三十一年(建武七年) 五月


           /)
         ///)
        /ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
 /     i fイ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    
/      /   _,.-‐'/⌒  ⌒\        青洲や徐州の盗賊に拉致されて奴隷として
  /   ,i   二ニ⊃(●) (● )\      売りさばかれた人たちは、これから好きなようにしていいお!
 /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
   / iトヾヽ_/ィ"\     `ー'´     /



      /´〉,、     | ̄|rヘ
l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
 二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
/__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
'´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|
       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ    これ以上拘束するものは人身売買罪で罰するお……
         /            ヽ ヽ、
      ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
    /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
    i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ            ヽ
    ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ
   / . ゙ー-''"       ヽ               i
   /    i   人     ノ               l
  ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /




88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:14:46.53 ID:36ocKDMo
やるじゃん
109 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:29:31.10 ID:4X24yf.o
>89訂正。 指摘サンクス。

   ((        それぞれのお触れは、みんな奴隷解放を謳ってるようで、
  '´ /ニ゙ヽ     微妙に内容が違うみたいだね。
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  

  



    i \_{//  \|  l
.    ! /      /ヽノ- 、  |:::::::ll::::.....
.     { --、  ヽ./ /   ∨:::::::ll::::::::::::|l::::::::::li::.....
     ヽ-─一'  /    /\:::::ll:::::::::::::|l::::::::::}l:::::::}l:::::::li::::...
    /__  `ヽ/  、  /,. -、|:::ll:::::::::::::ll::::::::::il::::::il:::::::リ:::ノ:ノ
   (__>‐弋二>一' ノ    }::!l:::::::::::::il::::::::::}l::::::リ::::://l:/
            _//  ) /⌒ヽ:::::::::リ::::::::::リ::_厶イ '´ /   ああ。三十一年の布告は
    、    rf 二 -{(_/´-- 'ノー─'‐‐ T´  /__, /    「さらわれて奴隷にされた人は助けてあげる」ってことで。
   /:`:TT//ヽーr r‐-ニ二 ´ ̄ )ミヽ.、}  l ,ィf込ノフ/     まあ、いうなれば戦災の被害者救済だな。
   |:::::l:::l!│{ r‐(_,ノ、 \  ̄二´-  }:::iヽ-iノ ー─ '^'
   !:::::l!::ll::lヽニl {l | |   ´ ゙̄´.::::r '´ ヽ  |、:::::.  /       三十年の場合、
   l:::::ll:::ll::l  トイノ_ノ      . .:.:::     !   ! }   /        王莽の法律に違反して罰せられた人たちの
   :!::::ll:::ll::i  ト癶l l          i    |  l/   /        名誉回復の意味合いもあるだろう。
   :l:::::ll:::ll::l   lF-壬ヽ         :   │ `i  / 
    \:ll:::ll_l_ll/\::モ',         .  __i   } ./  
     \:lー┴‐'   ヽモュ     ,. --ヽ_\__ノ/          そして二十六年の詔だが、実はこいつが一番過激。
      l \_{ ト \  モ!    _,. - ニヽ__フ7/           べつに子供や妻を売りに出すこと自体は、
        \ ヽ N:::::\_匁、         ノ:/          本来なら正当な経済活動とみなされるはずなんだ。
        \\ミ:::::::::匆、  ` ー '´ ̄/:::/ 
       _ 二`^宍ァ、:勿、     /∨ 
        \  l  ̄l`^^ 匆、__/    

90 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:16:00.34 ID:4X24yf.o


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  それをチャラにするというのは、一種の徳政令みたいなもんだ。
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',    奴隷の買主としたら、
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i    財産を失うわけでたまったもんじゃないよなー
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::', 
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i 
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \
91 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:16:06.73 ID:xr.sZrg0
この時代の妻や子供の扱いの悪さは、今の俺たちでは到底理解出来ん。
94 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:17:31.74 ID:xpMe4Fw0
親の身代わりに子供を捨てるのが当然って世界なんだから仕方ない
97 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:19:09.86 ID:BB2F1Do0
奴隷解放を謳ったのも人道主義に目覚めたんじゃなくて経済活動を活発化させたいがためだったんだねえ
100 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:20:35.08 ID:HueNaOAo
まあ、自分の子供を間引くか奴隷として売るかを考えれば、
まだ生き延びられる可能性のある奴隷を選ぶよな。金も入るし。
103 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:21:54.39 ID:5YMB9Cco
「家」が第一にあって
「家」を存続させるには当主が大事、ってことなんだろうけどねえ
106 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:26:36.52 ID:4X24yf.o
          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、         しかしその「買主」は大方のところ、
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ        「豪族」と呼ばれる連中なのだ。   
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',        
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|       つまり奴隷解放はそのまま、豪族圧迫に繋がってくる。
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   _  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=  やる夫自身がそこから立ち上がったからこそ、
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ  荘園に兵糧と私兵を蓄える豪族という存在を危惧し、
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e 、その力をできるだけ削ごうとしたわけだ。
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l




   そして帰る場所を得た流民や奴隷たちは、
   やる夫政権の戸籍に収まり、
   税収源となってくれる。


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ  
     /⌒  ⌒\        各地も平定が進んで、
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     兵糧の消費も少なくなって来たお。
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /    少し国庫に余裕が得られたら嬉しいお。
    ノ  ノ
  
108 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:29:02.77 ID:vsi8ORAo
だから隗囂みたいな連中は、いずれ既得権益がはがされることを危惧して、
積極的にやる夫にはつかないということか。
110 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:30:22.37 ID:4X24yf.o




      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     でも、楽浪郡 (現在の平壌)の豪族が絶賛反乱中だけど。
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l    
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ







 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ああー。それがあったかお……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


112 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:31:05.11 ID:4X24yf.o


    楽浪郡は前漢の紀元前108年、朝鮮国の旧領に設置された。

    それから百年以上中国の支配下にあり、反乱を起こした王調という
    豪族も漢人系だったとされる。


                 \ │ /
                  / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ─< `Д´ >< ウェー、ハッハッハ
                  \_/   \_________
                 / │ \
                     ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \< `∀´ >< ウェー、ハッハッハ
 ウェー、ハッハッハ    <`Д´ > |    / \__________
 ________/ |    〈  |   |
               / /\_」  / /\」






   この反乱は半年も続いた。時期としては西暦三十年の春~秋にかけての
   出来事で、やる夫が公孫述を撃つつもりが隗囂軍に行く手を阻まれた時期と
   重なる。




 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   まじかお……あんな遠いところまで軍を送る余裕なんてねーお。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /


113 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:32:01.55 ID:4X24yf.o

 当然大軍を送る余裕などなく、
やる夫は王遵(隗囂配下の王遵とは別人)という人物を
楽浪太守に任命、王調の討伐に当たらせたとあるが、
おそらく現地の兵のみで対応したものと思われる。


           ,.-ァ‐-、_
         _,.-',ィ ァ ァ ニ≧ーヘ
       / ノ / //,ィ// ///,ィヽ
      r' ノ / /,//,ィ_ ///1ィノハ
      ノ////ィ´〃 /ノ' 彡' |ヾ ハ  
     ノ // 川/ノ-‐‐く ,.-┴.! ハ    オフコース!
     7 / 彡'_,r_,二`TニF二`L ,リ  
     ┤  三ノ  ヽ 二ノ ヾ二.ノ!ハj
     フ彡'ノ='    〃-:、 ,:- 、 ! ノ
      イ ヾ-、   { i-rrrrrrrァ} }ノ   
      ノハ、ーヽ  ヽヾ='='='/ /、
     _} ノヘ\ \_     ,ィ'ノ ト-、

             現地の兵A
116 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:34:09.67 ID:4X24yf.o
              __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
            /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ   王調だけど、
            レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|   王遵に呼応した楽浪郡の郡吏に殺されたって。
             {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、 
               |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
               |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
               |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
               lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
                 ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨




    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   助かったおー
      /   ─  ─\
    /    (●)  (●)\      
    |       (__人__) ∪|   
    \  ⊂ヽ∩     /       大軍を送り込むコストが省けたお。
      |  | !、_ \     )       
      |  |__ \   /
117 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:35:03.80 ID:4X24yf.o




    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  正直、あんな夷狄の地まで
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   世話してる余裕は今のこの国には
      /  _ノ  ヽ__\       ねーお。
    /    (─)  (─) \   
    |       (__人__)    |
     \            ,/     かえって現地の自主性を尊重した方が、
    ノ           \     こっちに楯突かねーかもだお……





   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /   \ , , /\          だったら楽浪郡の都尉(郡兵を統率する官)を廃止。
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |        いくつかの県では現地の部族長を侯に封じて、
      \      ` ⌒ ´  ,/       そいつらの統治にまかせるお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄   
.      |          |
118 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:36:00.40 ID:4X24yf.o



          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ 
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   (……事実上の領域縮小ってことよね)
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |  
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l   (思い切ったわねー)
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ



            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|  『後漢書』東夷伝によれば、
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|  侯に封じられた楽浪郡周辺の部族長たちは、
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|  例年の「朝貢」を行ったとある。
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|   
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|   
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j   
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /

   
119 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:37:05.85 ID:4X24yf.o

   

   ((        「朝貢」ってことは……
  '´ /ニ゙ヽ     漢王朝の手下的位置だけど、
  li 从ハ)ソ     いちおうは独立国扱いってことだよな?
 ゝ*,,・∀・)  


      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|   ただし、朝貢をさせることで、
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!|   彼らに対しての影響力は残る。
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l   
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ   候に封じられた現地の豪族たちには、
.     |. ヽ   `ニ´  /      漢王朝との窓口となり、様々なコネ作りや、
     」、 ヽ、_/        交易のルートを築くうまみがあるから、
   イ´|  ヽ、__」 ヽ        漢王朝に逆らいにくくなるからな。
120 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:38:23.31 ID:4X24yf.o

        /├l||||||||||||、      l┤\
       / ├l|||||||||||||||||、    l┤  \
      (|| |) ├l||||||||||||||||||||、  l┤    \
      / | | ├l|||||||||||||||||||||、 l┤(| | |)    |  
      |  | | |├l||||||||||||||||||||||l┤| |      |  二十数年後、
      |  | ̄ ̄├|||||||||||||||||||||l┤ ̄ |   |   |  やる夫の元へ使者をよこした
      |  |、`ー-┼l|||||||||||||||||l┼-ヽ|    |   |  ある国の使者への対応も、
      |  |<O冫├l|||||||||||l┤|O>| |   |  |  こうした政策の延長線上にあったと思われる。
      | | |     ├l|||||||l┤    | | | | /   
     / |  |    ├l|||l┤     | | | | /
     / / / |   く├l|l┤     | | | /
    / / /  |    |д┤    | |  / 
    / / / / |   ー/ |┤    |  / 
    ヽ-~-、_ \   ◎l┤   /|/   
             \├l┤__/
               |_|

122 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:39:03.71 ID:4X24yf.o
     _ミ`ー‐、
   `⌒丶、'ー-、_       +             十
      ̄\―ヽ._ 二_‐-
        \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
         ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
   +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
            ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
          _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
            ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
     十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
        ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄    ∠、    oノ
       _   / l /二    /  ,イ  |二_      oノ    /
         / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋   /     /^ヽノ
       ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_      /^ヽノ
      彡ニ ,ノ   〈 _ノ      〈__ 三ミ      +
      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
         /       \
        /   ─   ― ヽ     <さらに熟考中>
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ


129 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:40:53.95 ID:4X24yf.o



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /      \           いいこと思いついたんだお。
    /  ─    ─\ 
   /    (●)  (●) \        楽浪郡に対して打った手を、
   |       (__人__)    |        近場にも、ある部分で適応できないかお?
   /     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
   (  \ / _ノ    \/ _ノ 
   .\ “  /  . \ “  /
     \ /      /\/
      \       \
       \    \  \
         >     >   >
        /    /  / 




          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |   …… サラリとすごいこと言い出してない?
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||
131 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:42:33.04 ID:4X24yf.o

   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  黄河の決壊による河道の変更、
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   それに伴う飢饉、流民の発生、盗賊化……
       /ノ   ヽ\.      
     / (●) .(●)\       それから何年も経って、
      |   (___人__)  |      農地は荒れ果て、豪族も去って、
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄   無人に近い状態の土地もたくさんあるお。






    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
         /u    \          でもそんな土地にも、まだ管轄の役人を置いている。
       / \, 、/´ u.\          戸籍は三分の一に減ったのに、
     / ( ●)  (● )  \        役人の数は変わらないなんて変じゃないかお?
     |  '"(__人__)"' u   |     
.     \   `⌒´      /    
134 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:44:22.46 ID:4X24yf.o




   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      / \ / \        だからそうした土地から、不要な役人を引き上げさせる!
     / (●) (●)\    
    /    (__人__)   \     あと戦乱が収まった地域には軍隊も不要だから、みんな農民に戻ってもらうお!
    |       |::::::|     | 
    \       l;;;;;;l    /l!| !   
    /     `ー'    \ |i
  /          ヽ !l ヽi   
  (   丶- 、       しE |そ  
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
              レY^V^ヽl




              ,. - ── ──
           r'つ)∠───     \    
          〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__     ヽ 
         ,.イ      ,イ    \ヽ,     }    軍隊まで……?楽浪郡みたいに都尉を廃止するってこと?
        ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \    ノ  
        {  .ト{\ヽ',  メ __\  }  /   
         ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、   
         ノ  ト、"´,.   Uー ノ ///\  
        /.  {   ゝ     /  レ//  }      
        {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TT         
        V{   \ └ ´  / ,.イ/  /      

136 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:46:04.64 ID:4X24yf.o

  
  
  
     /`ヽ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ /´ ̄:ヽ
    /::..:.:..:.. イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ/:..:..:..:..:..:..:.i
   く:..:..::l:..:..:....:. / / \ , ,, / \ヽ.:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..l 都尉の廃止は第一段階。その軍隊は、さしあたって
   \:.:l:..:..:..:..:..:/   (●)  (●) \.:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.::.: 郡太守に属させるお。
     ヽl:..:..:..:.:.:.|      (__人__)    |、:..:..:.i:..:..:..:._: - ¨ ̄
      l:..:i,,:..:...:.\     `⌒´    /::.::V:..:..:../     最終的には、太守からも最低限を残し兵を取り上げる!
       V..''.:..;..:.ノ_三ニ‐'゛ー ′ -‐ヾ:..}}:.ァ',ィ        つまり郡の常備兵の撤廃だお!
       \::.!(      , '    )ノ-:':/
          `ヾ:.`;ー‐‐‐'゛ '---ー;'"ィ_ー'
            |         |:_:>

  
  
  

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ○)(○)
  . |  U  (__人__)
    |     |r┬-|    正気かァアアア!
  .  | ι   `ー'´}    今は隗囂・公孫述・盧芳が残ってるだろJk!
  .  ヽ     u  }
     ヽ     ノ 
     /    く  \
     |     \   \ 
      |    |ヽ、二⌒)、 
   
138 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:47:24.51 ID:6C3uQk6o
この頃から戦後をスタートさせているのか
139 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:47:42.06 ID:iClTAa.o
どの国でも統一したら軍縮が第一の課題だもんね。この場合ちょっと早いけど
141 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:47:58.76 ID:6lRIW9Qo
どの部分を削るのやら
142 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:48:07.06 ID:4X24yf.o

  
  
  
             ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
            イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
                 /     \     
       iニーヽ    /─  ─   \      ……もちろん辺境や敵対勢力の近くにはきちんと
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \     兵を配置するお。
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |  
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/     けど全国の郡で、大軍を待機させておく必要は感じないんだお。
              '、_ \       )    
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |





      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |  
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |      にしても時期尚早すぎない?
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l     そんなに急ぐ、理由は何?
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ


   
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:48:39.80 ID:BB2F1Do0
なんかローマを思い出すやり口だな
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:50:03.87 ID:WbEFmqEo
軍隊を維持する事自体が国を疲弊させるのかな。特に人口が足りないとなれば。
146 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:50:15.75 ID:4X24yf.o



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
   /      \             ……時間だお。
  /  _ノ  ヽ__\         
/    (●)  (● \         やる夫たちが南陽で挙兵して、今年で何年になるお?
|   ∪  (__人__)   |      
\      ` ⌒´   /



   
   

     ∩___∩   
     | 丿      ヽ   
     /  ー   ー |    あれは地皇三年(西暦二十二年)のことだったから……
     |    ( _●_)  ミ  今年(西暦三十年)で八年クマー。
    彡、    ヽノ ,,/
    /     ┌─┐´
   |´  丶 ヽ{ .熊 }ヽ 
    r    ヽ、__)ニ(_丿 
    ヽ、___   ヽ ヽ
    と____ノ_ノ
147 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:51:08.02 ID:6lRIW9Qo
こうして見ると耿純の読みがピタリと当たってるな
149 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:51:51.83 ID:4X24yf.o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)       (俺や禹は挙兵に立ち会えなかったが)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       (あのときは、伯升や 奉もいたんだよな……)
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}   まだたった八年なのね……
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ 
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |    それでここまで来たなんて、順調じゃない。
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l    
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
154 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:55:02.13 ID:4X24yf.o

  

  
      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
     イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
       /       \       違うお。民にとっては、「八年も」戦乱が続いてるんだお。
      /   _ノ  ヽ__\
    /     ( ●)三(●)\   
    |       (__人__)    |  
     \       |r┬-|  / 
    ノ       `ー'´   \



                           !!!

          ,. - ── ──
       r'つ)∠───     \    
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__     ヽ 
     ,.イ      ,イ    \ヽ,     }          / ̄ ̄\
    ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \    ノ       /   _ノ  \        ∩___∩  
    {  .ト{\ヽ',  メ __\  }  /        |    ( ●)(●        | 丿      ヽ 
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、       |      (__人__)       /  ー   ー |  
     ノ  ト、"´,.   Uー ノ ///\       |        ノ       |    ( _●_)  ミ
    /.  {   ゝ     /  レ//  }     |      ∩ ノ ⊃      彡、 U  ヽノ ,,/
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TT      /     ./ _ノ       /     ┌─┐´
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /       (.  \ / ./_ノ │     |´  丶 ヽ{ .熊 }ヽ 
                             \  “ /___|  |      r    ヽ、__)ニ(_丿 
                              \/ ___ /      ヽ、___   ヽ ヽ
                                              と____ノ_ノ

156 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:56:40.06 ID:hlvsvf2o
赤眉の乱から数えると更に遡れるしな。
158 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:57:15.53 ID:4X24yf.o
   


          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
              /       \        
             /( ー)  (ー) \   
             |    (__人__)   |   王莽の悪政の頃から、民草はずーと苦しんできてるんだお。
             \          /   我慢できなくなって盗賊に身を落とし、その襲撃でまた農地が
                  /::::::|:!/::::::::::ヽ.   荒らされる……苦しみの連続だお。
              /:::::::::::::::::::::::::::::::l
              ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            j:::::{::::::::::::::l |;/:::::::::::l
           ノ;rーヽニfうt二Z__::::::::::::::j
          /='ィーrj_jメ丱くf/ィ、_入:::::::{
         /::::::::::::::::::::::::::::`¨´:::::::ヾ~ゝ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
        !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱  やる夫……感動だろ。
.     | ::::::⌒ (__人__)  ニートだったお前が民を思いやるようになったのか……!
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く


159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:58:55.96 ID:z.SpDJEo
感動したって顔じゃねーよww
160 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 16:59:02.82 ID:4X24yf.o
  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ      単に同情してるだけじゃねーお?
     /   ヽ、_ \         農民が楽にならないと、
    /(一 ) (一 ) \         盗賊化が進むばっかりなんだお。
  /::  (__人__) :::::U \  
  |  l^l^ln ⌒´       |      そのためには
  \ヽ   L        /      余分な徴兵を省いて、
     ゝ  ノ               農地に働き手を返してやることだお。
   /   /


   
   
   

   


ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    /_ノ   ヽ_\        時間をかけて、すこしずつ収穫と人口を増やす。
   /( ●) ( ●)\    
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\     余裕が生まれたら、手間のかかる治水事業に乗り出し、
 |        ̄      |      荒れ果てた農地を復活させるんだお。
 \              /   

161 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 16:59:55.30 ID:UfoXtXo0
うーん正に名君だな
162 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:00:20.59 ID:EO7zGwQo
税収源兼兵数兼国力の礎だからな・・・
164 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:00:53.54 ID:4X24yf.o


   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\          大手術だけど、今やらなきゃならねーんだお!
    /   ⌒(__人__)⌒ \    
    |      |r┬-|    |          官吏の削減・県の統合撤廃と、郡兵の廃止!
     \     `ー'´   /     
    ノ            \        大リストラ政策を敢行するお!
  /´               ヽ     
 |    l              \   
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
  ヽ
   
   
   
   


               /    //  /‐───- 、  \
              /x-─‐ァヘf/    /-────-、 \\ヽ
               /∧-―ン´7    /  / /      ヽ、厶. ヽヘ
.              /  \/_,〃   〃 ,{ l  | 、     ヘ ヘ Vハ
            /  _//〉‐/.   `八、/ | l  ! 丶    |  l ト、 ',
           ,'  f⌒∨ /    /ハ {\!. |l {   \   |  | トく l
            / ハ.  V   ,ィfテ女 ヽ八 ヽ   ヽ_ !  l |/ | (わたしの眼に狂いはなかったわ)
             l l 〈_∧   {   lハ{_f::j:リヾ ` ヽ{`> 爪 l  ! |_  |
             | l   _ム _ゝへ | V;之_        _ ヽハ ,' /  | \| (ただ天下を手中に収めるだけじゃない。
             | l  > '´    ヽ            ィ=气 ル /  l\/! コイツは後世に語り継がれる為政者になる!)
             | l  { ー- ―― ヘ   , 、   ヽ   〃/i  ∧. |  
          j八 1 、    __}  {  ¨ア    ,ムイ /  ,イ_」 |
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー   ,. イ   lV  / | l リ  
        /  /  ハ   _... --‐〈. >‐r<  /  | j/,/' / j!〃
          // /   | ハ     , イl    f  ヽ   ∧/〃 / /'     
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>‐メイ、 /
      〈  /     ∨ 弋ヽ   ハ、  -―‐-丶 //丁fヽ
      ∧/      ∨  `-~ '彡' \′  __ ∨´  |│ l 



166 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:03:26.78 ID:4X24yf.o




    /:::::::::`ソ´: ̄:ヽレ'´: ̄::ヽ:::\
   /::::/:::::/:::ヽ::::::::/::::::::;::::イ ̄:ヽ:\
  ::::::::/:::::/::::::::::r ナK:::::/`:::ー-:-:'ニ}:::::ヽ
  :::::/:::::/:::::::::::::ヽノノ)':::::::::::::::::::(ニ,ノ!:::::∧
  ::::::::::/::::::::::::::/`ー':/:::::::::::::';:::::::::::::l!:::::::::',      こうして西暦三十年六月。
  ::::::::/:::::::::::;:'::::::::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::ll:::::::::∧    
  ::::::;':::::::::::/::::::::::::/!::::::::::::::::::::l!::::::::::リ:::::::/::::',     全国で四百の県が併合・廃止される。
  ::::;::::::::::::/:::::::::::::; l::::::::::::::::::::ll:::::::::/::::/l:::::::i   
  :::::::::::::::/\_::::::::i |:::::::::::::::::::l j_/;/  l::::::::|     その結果、官吏の数は以前の十分の一となった。
   ::::::::::::; ー--=ニ ---一' -_ニ、 / /::::::::i   
   :::::::::::i ,r -fでテミ \__,  ノ ヒヅ´_,∠::::::::::!
  ..::::::::::l  `^ ゙‐'ヲ´ /  // //二ニ=-:L,__
   .:::::::::l      /   // / /    \
   ::::::::l   ,  (   r / ./ /        ヽ
   .::::::::!   ,へ、ノヽ-'/ f´\          |
    ::::::i  `「ン--─/  ∧  ` ー、
      ::::::! ( '´  //  | ',     ハ      l
.    V:::l! ` ̄  ノ   l { / \‐一 ノ\
      ヽ:ll\  ´   l_トL__ヽ--' )、 ` ̄ ´
          ̄  ̄ ̄ \  ヽ. /  )、    }





      /::::::,:::´:::::-‐::::::::::二ニ、:ヽ   `、 \:::::ヽ
     /::::/::::::7:::/  ̄ ̄__.,/::::::\`ヽ ゝ. \::::
   /::/::::::/::/∠,=ニ)ノ//:::::::/::::::\   、.. ヽ
   /::7:::::::::/:l//ニヾ,、,///::::::::/'--‐ヘ:::::\   〉,
  イ::::レ:::::/:::::lヽv'7:)ノ〃:::/::::,イ:l ;;,'´ .´\::::\  ヽ l   
  l /::i:::::i::l:::lノ.,>;;;;//::/::/  ヾ:、 ;; u U /::「ヽ  l    ……え? 何気にすごいことやってないィイイイイイイイイ?
  | l∧::l:レヘ:l :l   /;/;;iヘi -‐_フヾ、_  /::/:::| l  i|   
   | /ヽ   L_ 、  /l:|  ',/ ,-、`ヾ\V::/::::::l 、   |
   レ  /lヽ、__  ̄   ;;;; l)、ヒ::ノ )ゞ:/::::::::::l   :    
  /ノ U /::::\ ヽ  u   ゞ、=_//::::::::::::::::::l  `´   
  l  />'´`゙7,,\|    U ゙> ノ/:::::,へ::::i::::| 丿、
  「 { (   ´ /   u  / / //  「:::::::/_/  /::   
  人 ヽ `>'´   U    // ;レ' u  ヽ;∠__  レ'
 l  ヽ 二        //  ;;       __-‐ ヽ ::/
  ヽ、   u     // U ; __  ー´;;丿ノ l /    
    ` ‐- . __//     /i  `  ̄   /∠_
        { :ヽ;;:::>‐-. 、 /  >、  _ /:::::ヽ:ヽ   
         ヽ: : :` .‐-... __ -‐..´: : : : l:::::::::::ノ:::::::i::ヽ
         i: : : : : :    :: : : : : : : : :ヾ∧::i:::::::{::::/

168 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:03:53.46 ID:ccMfb1Io
1/10へのリストラってすごいな。
170 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:04:57.15 ID:36ocKDMo
減りすぎだろwwwwwwww
171 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:05:05.81 ID:4X24yf.o


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    ああ。史書にはあっさりと記されているが、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     ものすごいリストラだ。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

    
    



      ((        こんなのやったら、反対とか反乱とかされないの?
    '´ /ニ゙ヽ     官吏って大体が豪族の縁故者なんだろ?
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)  
   
173 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:06:26.89 ID:6lRIW9Qo
削りすぎて機能しなくなるだろwwwwww
176 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:09:01.61 ID:PEMQWkgo
予想できた魔王の態度パネェwwwwwwww
いきなり太守やるだったもんなぁ
177 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:09:04.79 ID:4X24yf.o
   /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
   ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
  ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
.  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
.. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   それほどまでに、やる夫の指導力が優れていたと見ることもできる。
.  !:::::l::::::l:::::::レ‐_'"`'ヽ∴∵r'"`''ヾ,ノil  
.  l:::::!l::::::!:::::::ト.'´``ヽ、ヽ.:// ̄〉/i::!
  l::::l:l:::::l:::::::;゙\、_,.〉 | |〈.__,.ノ./,;::l  
  l::::l::i:::::l::::::,;,,ヽ∵∴ !! ∴∵/,;;;::l    だが、これも後の章で詳しく述べることだが……
  `ヽ\:::l::::::,;;;;;,}  ∵ ッ ∵.{,;;;;;;:リ   全国統一後、やる夫が全国の土地所有者の誤魔化しなどを厳しく調査し、
   |.\::::';:::;,∠_‘___,、_’ヽ、,;/l   処罰しようとした折は、各地の豪族から猛烈な反抗をくらっている。
  /.i. h丶、::;<ー─‐-----;:Ξ〉,;
/  ', ヽh ` ;,,\ ̄.ー一 '"./,;;;;
  / \ \ト,;;;,,ヽ ∴   ∴/,,;;;;;;
/.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
   r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
.    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
 \ \ \     ', .//  l l

            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll      だから官吏のリストラに関しては、
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|     豪族の生活の糧そのものである土地に比べ、
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|      それほど深刻な問題ではなかったのだろう。
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|      官吏を引き上げるのは統治に力を注ぐ必要もない荒地。
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|      そこに居座っても汚職っぽいことから得られる利益は少ない。
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j       だから割合スムーズにリストラに従ったのではないだろうか?
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l       あるいは土地が回復したら……官吏に返り咲けるような約束を
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'       豪族たちと交わしていたのかもしれない。想像だがな。
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/       つまりは単純なリストラではなく、
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }             一時的な「官吏の撤退」とも解釈できる。
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /


178 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:12:09.49 ID:vsi8ORAo
普通に平和に農業してられる国があるというなら、敵対している群雄のところから、住民が
移住してくる可能性もあるわけか。
179 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:13:25.19 ID:4X24yf.o


   
   西暦三十年 十二月、詔して年貢を変更。

   軍事費の削減を計算に入れたものと思われる。
  



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   これまでは収穫の十分の一を
      / ( ●) (●)、       取り立ててたけれど、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   
    |      |r┬-|    |.      今後は三十分の一で構わないお!
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  
  \ ヽ  /         ヽ /     
   \_,,ノ      |、_ノ      



*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッホオォォォォォォォウ!!!!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

183 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:15:19.23 ID:4X24yf.o


  そして建武七年(西暦三十一年)三月。

   軽車・騎士・材官・楼船の兵士(ようするに郡の常備兵)
   と臨時に郡兵に徴兵していた兵を撤廃。彼らを郷里に帰らせた。




                      ''';;';';;'';;;,.,                  ニコニコ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ニコニコ
       ニコニコ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
ニコニコ         /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ            ニコニコ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /

188 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:18:03.34 ID:4X24yf.o




         ,r_.ェ-_、_
         /::と Z つ:::`ヽ、
        /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ
      ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
      l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',          それまでに全国でどれほどの兵力を動かすことができたのか、
      l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|          正確な数字は残っていない。
     ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川
      ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  
      {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  
      ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄  だが十数年後、天下が治まって数年が経った時点での兵数は、
     ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\  地方・中央あわせて二万人程度の常備軍を有する程度だったという。
    /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
  /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、  
 /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
{e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
 \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
  ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
   \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l





     むろん、この時点では冀州・幽州から手に入れた
     やる夫の主力軍は健在である。


      ,  ´ ̄`Y´  ̄`ヽ
    /            \
   /               ヽ
   ,' / ,   /  ,   i  |  i ヽ  ワハハハハハハ!
   | i ! / / イ ! |  / / | |/
    i | //∠/| / //_|∠| /i/
    〉-、 |`‐゙='-`| //-゙='‐1‐v'
    !f`i i|  ィ   '〈!'    ,|f リ
    .ヽニ/ .!  iニニニ'7  /ァ'
    レ   |   v-y  //-‐ 1
    / o  |\ ` ̄ .イ/   |
   d  ,. -‐┴i ヽ- ' ! _, ―┴ァ
  ‐┴'    o | ̄ ̄ ̄「    /



    彼らの力を借りて、隗囂・公孫述・盧芳を平らげないといけないからだ。
191 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:20:21.10 ID:4X24yf.o





   ((    
  '´ /ニ゙ヽ    結局、この政策、いい方向に作用したのかな?
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  





    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  功罪半ば、というところかな。
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  常備軍を失った地方では、
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  太守たちが私兵を募って武装する例もあったらしい。
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   それが三国時代の戦乱が長引く原因になったという説もある。
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l
192 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:22:23.83 ID:4X24yf.o
          _,;¬___        __
        /├l||||||||||||、      l┤\
       / ├l|||||||||||||||||、    l┤  \
      (|| |) ├l||||||||||||||||||||、  l┤    \
      / | | ├l|||||||||||||||||||||、 l┤(| | |)    |   しかし やる夫の時代、戸籍人口が激減していたのは紛れもない事実。
      |  | | |├l||||||||||||||||||||||l┤| |      | 
      |  | ̄ ̄├|||||||||||||||||||||l┤ ̄ |   |   |  千五百万余りだった人口は、やる夫の晩年には二千万にまで回復している。
      |  |、`ー-┼l|||||||||||||||||l┼-ヽ|    |   |
      |  |<O冫├l|||||||||||l┤|O>| |   |  |   やる夫の政策が一定の効果を挙げたことは確かだろう。
      | | |     ├l|||||||l┤    | | | | /   
     / |  |    ├l|||l┤     | | | | /
     / / / |   く├l|l┤     | | | /
    / / /  |    |д┤    | |  / 
    / / / / |   ー/ |┤    |  / 
    ヽ-~-、_ \   ◎l┤   /|/   
             \├l┤__/
               |_|


194 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:23:54.14 ID:36ocKDMo
数が大きすぎてあんまり増えてないように感じるけど、五百万ってすげぇな
195 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:23:54.99 ID:4X24yf.o
 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
   /      \     
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \      これからは戦争のことばっかり考えてられないお。
|  ∪   (__人__)    |     民草の暮らしも気遣いつつ、敵とも戦っていくんだお。
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 


    

     
     挙兵から わずか八年で、中国の大半を手に入れたやる夫。
     だがその領土は疲弊し、漢王朝の再興を謳うには程遠かった。

    そして辺境に残る敵対者たち。
    彼らを平らげるには、さらに数年の歳月を必要とするのだった……

198 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:24:45.71 ID:4X24yf.o

         第四十六章「事業再構築」終わり

        第四十七章へ続く



 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 


205 :1 ◆r.lduuWrXE [saga]:2009/10/25(日) 17:26:50.60 ID:4X24yf.o


     今回も長丁場に付き合って頂き、ありがとうございました。

     次回の投下は一週間後、十一月一日午後三時からを予定。

       

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   しかし今回は やる夫の出番が多かったな……
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
208 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/25(日) 17:29:20.23 ID:cByJKLMo
おつでしたー

>>205
やる夫スレなんだから違和感感じちゃらめぇぇぇぇっ!
続きます

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://houchiplay.blog54.fc2.com/tb.php/173-043a0fe8
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。