放置プレイ

何か良いブログのタイトルはないだろうか。 
お詫びとお知らせ
11月6日
お久しぶりです。
突然前触れもなく更新が途絶していて申し訳ありませんでした。

現在、管理人はインターネットが出来ない環境にあり、しばらくの間再開できそうにありません。

更新再開は帰国後の来年一月末になりそうです。

一時帰国できたため、お知らせとお詫びにかえさせていただきます。

11月7日
ちょっと時間の余裕が出来たため、溜まっていた光武帝スレをまとめました。
それではまた来年。

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:--  Top EDIT

2009.04.29[水] やる夫が光武帝になるようです 第八章 「英雄誕生・前編」

846 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 14:00:20.69 ID:cJbXGvEo
1です。お待たせしました。
本日、午後三時から投下します。

この八話まで、トリのこと忘れてた……
848 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 14:57:51.64 ID:cJbXGvEo
お待たせしました。

それでは、投下はじめます。
851 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 14:59:15.84 ID:cJbXGvEo

 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵    
   ゝ/______\      
   /  | // ⌒ヽ ⌒ヽl       
   |   |─ |   ・|<  |   
   Y ⌒  ` ー  oーヽ、      
   ヽ_   ┌───┘l |     
     ヽ  \   // \    
      >ー── く `\ ヽ  
     / \ /\l  ̄| ̄  ノ   
    /  |       ├‐┴-


漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。
このスレはその光武帝を主人公とした物語です。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。


「やる夫観察日記」様でまとめていただいてます。

 
853 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 14:59:52.10 ID:cJbXGvEo

第一章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html

第五章  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-393.html

第六章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-429.html

第七章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-454.html

 こちらでも 紹介されています。

やる夫見聞録様    http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 
854 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:00:21.06 ID:cJbXGvEo

 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  西暦二十三年二月、
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵    
   ゝ/______\      
   /  | // ⌒ヽ ⌒ヽl       更始帝、即位。
   |   |─ |   ・|<  |   
   Y ⌒  ` ー  oーヽ、      
   ヽ_   ┌───┘l |     紆余曲折はあったが、
     ヽ  \   // \    
      >ー── く `\ ヽ  最終的に反乱軍のリーダーとして承認された。
     / \ /\l  ̄| ̄  ノ   
    /  |       ├‐┴-


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   まがりなりにも、トップが皇帝を名乗ったということで、
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  これからはこの反乱軍のことを、「更始政権」と呼ぶことにするよ!
855 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:00:42.50 ID:cJbXGvEo

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   皇帝を立てたからには、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i| その下に色んな官職をつくるにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│ 反乱軍の主要メンバーをそこに就けるっさ。
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

857 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:01:12.57 ID:cJbXGvEo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   官職名は、基本的に漢王朝の名称にならって創設された。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  以下、主要な役職と、
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    その就任者について説明しておく。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
859 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:02:55.63 ID:cJbXGvEo
①  国三老 

   これといった権限のない名誉職だが、名目上は更始政権№1の地位。
   
   就任者は、劉良。



          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ  ワシが劉良じゃ。
         /   ( ●)(●) |
         |    (__人__) }  出番は少ないから、 
        /、.    ` ⌒´  ヽ   
       /            | 忘れてもらって結構じゃ。 
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |
 

   劉良はやる夫や伯升の叔父にあたる。

   挙兵当初は反乱を起こすことに猛反対していたが、
   新軍に家族を殺害され、やむなく反乱軍に参加した。
861 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:03:30.83 ID:cJbXGvEo

② 定国上公
③ 成国上公

  どちらも、爵位を示す名前の一種。

  更始政権では、国三老に次ぐ№2、№3の地位である。

 就任者は、王匡と王鳳。


盗賊が、天下の№2、№3か、出世したもんだな。
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 流石だな兄者。まだ一地方だけの天下だけどな。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃
862 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:04:08.16 ID:cJbXGvEo

 
④ 大司馬 

  軍事全般を司る役職。

  時代によって「太尉」と呼ばれることもある。

  就任者は、朱鮪。


 
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     私のような者に
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    このような大任を授かり、
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    恐悦至極っさ!
          ヽ|l >   <  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   役職を汚さぬよう、
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   一生懸命務めさせて
.          | /  /::|三/:://  ヽ |    頂きますにょろ!
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | 

                          (ククク……)
863 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:04:36.11 ID:cJbXGvEo

⑤  大司徒


   民政全般を司る。

  他の時期の呼称、「丞相」の方が有名かもしれない。

  就任者は 劉伯升。


 
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ     
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|     ……フンッ!
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/      
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/       
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|        
 |  |  !、           .| |      
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|     
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ 
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_   
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
864 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:05:26.63 ID:cJbXGvEo

⑥   大司空

 他の時代の 「御史大夫」(ぎょしたいふ)。治水・土木工事を司る。

 就任者は、陳牧(ちんぼく)。



      ____
    /::::⌒:::::::::⌒::\    ぶぉく 陳牧ー。
  /::::::( ゚ )─( ゚ )::::::\
/:::::/⌒  ● ⌒\::::::\   あんまり出てこないから、覚えなくていいよー 
|:::::::| ≡ (__人__)≡ |::::::::|    
\:::\    |r┬-|  /::::/
       `ー'´

   陳牧は、反乱軍に参加した盗賊勢力の一つ、「平林軍」のリーダー格だった。

  
  平林軍は千人程度の勢力だったが、賓客が犯した罪に連座して逃亡していた更始帝が
  挙兵前まで匿われていた集団だった。
865 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:05:55.75 ID:cJbXGvEo

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  大司馬・大司徒・大司空
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  この三つの役職は、
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  名称こそ変化するものの、
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l  古代中国では「三公」と呼ばれ、
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l  政権のトップに位置する官職だった。
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V   
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ     更始政権の特色として、
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i    
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l    この 「三公」の上に
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l     国三老・定国上公・成国上公を置いたことが挙げられる。
866 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:06:28.98 ID:cJbXGvEo

                                ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
              , -──-、           / ´ ̄>            V ヘ
            /       \        //  ./    .  ト、  \     iX 〉
           /   \   / \       レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉 
         /   (●)  (●) \      ,.   i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
         |      (__人__)'    |   //   | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く 
         \、     `⌒´    /  //    | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
         (⌒ヽ         ィヽ  //     | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
         l\  \    ,   |  //      从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
         |  \,,  \  |  | //         | i l > .    、  /|  l||\_/
         |    \  \_ ヘ//           | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
         |     \_r' ソイゝ            | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
         |        r_ゝィ'〆             レ'´ |  \___八_     / 7ー
                                 /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄
                                 |   }/ / / Vハ \   V!.  
                                 |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ  
                                 |  i  \ /  /  |_____〉  } / 

 その他の反乱軍主要メンバーも、それぞれ何らかの地位を得た。
 
 やる夫・劉嘉は共に、「偏将軍」という将軍の地位を与えられた。
 
加えて やる夫のみ、「太常」という官職ももらっている。
867 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:07:10.24 ID:cJbXGvEo


     ___     
   /      \     肩書きがついて、悪い気はしないけど……
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   この人事、兄上はどう思うお?
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 




    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V  
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   声高に文句をつけるほど
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     偏った人事ではないなッ。
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  論功行賞など、
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   
          ヽ  | |、       //: : |川    上手くバランスがとれている。
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|
868 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:07:44.72 ID:cJbXGvEo

                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            ∧_∧      / /" `ヽ ヽ  \    
     ∧_∧  (´<_`  )     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i     〃 {_{       リ| l.│ i|  
    /   \     | |    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |    ヽ|l >   <  | .|ノ│
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|___ |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
      \/____/ (u ⊃   | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
                     | /  /::|三/:://  ヽ |   
                     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | 
           
反乱軍の主力となった、大盗賊集団の重鎮である

王匡・王鳳・朱鮪が相応の官職を得るのは当然ッ。

陳牧に関しても、皇帝に恩がある者を一人くらい
高い地位に就けてやることは許容される……

      ____
    /::::⌒:::::::::⌒::\    
  /::::::( ゚ )─( ゚ )::::::\
/:::::/⌒  ● ⌒\::::::\    
|:::::::| ≡ (__人__)≡ |::::::::|    
\:::\    |r┬-|  /::::/
       `ー'´
869 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:08:06.29 ID:cJbXGvEo

    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/      / ̄ ̄ ̄\
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"   /   ⌒  ⌒ ヽ  
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__     /   ( ●)(●) |
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__    |    (__人__) } 
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._     /、.    ` ⌒´  ヽ  
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \      /            | 
     ,. --ヾ__/ ☆    \     |           | /
     >----<,,,,)        \   ヽ_|  ┌──┐ |丿
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ   |  ├──┤ |
     (           ヽ   | ||   |  ├──┤ |
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

 盗賊からだけ高位に就けても批判が出るだろうことから

 この伯升を大司徒に選び……


 さらに名目上とはいえ、叔父上を最高位の官職にあてることで、

 我らの顔を立てたつもりであろうよッ。
870 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:08:26.46 ID:cJbXGvEo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   あえて文句をつけるなら、
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      この伯升を大司馬から外した点かッ。
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   これまで軍事に関しては、この伯升が仕切ってきた。
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     
871 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:08:48.85 ID:cJbXGvEo

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   だが軍事上のトップの名目を朱鮪が手にすることで、
         〃 {_{三三三三 リ| l.│ i|  
         レ!小lノ三三三`ヽ 从 |、i|  いざというとき、こちらが不利になるな…… 
          ヽ|l ●三三●  | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   




         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/
           |          いざというときってのは、やっぱり……!
       / ̄ ̄ ̄ \             
      /     丶  .\      
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/
     /           \    
872 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:09:07.63 ID:cJbXGvEo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   決まっているだろう。
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!  この伯升を、殺そうとするときよッ! 
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     


874 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:09:35.05 ID:cJbXGvEo

    ∩___∩     奴ら……
    | ノ\   ,_ ヽ   そんなこと 
   /  ◎゛  ◎ |   . 
   | ∪  ( _●_) ミ   本気で考えてるのかクマー?          
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /


  \ノ⌒ ミ'/____,._
   /_/  .)ニ二二ニニ     当面の間は心配ないがなッ。
  / /ヽ// ̄~フ;;フ三
  .ヽヽヽ `´  .ノ//三    少なくとも朱鮪・王匡・王鳳は計算高い奴らッ。
   ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!
  /<(;;;i''_,ィ''/        新王朝を崩壊させるまでは、
  `ヽ/ ._!''´  ノ r'´ 
   ./  .|:::::.   .(´〉   この伯升を利用しようとするだろうよ……
∠,,,,,,,_ ノ     ヽ,ノ
.`''‐、ノ       ./ 
  r´‐-、     ./ 
  l´`~'''`  _,.,  /  
  .フ"''''  /  `ヽ、 
 ./   /    _`'
 し‐''フ´  _,.-‐'´_二
875 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:10:01.72 ID:cJbXGvEo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_     ですが、用心はしておくべきですよ。
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    すでに更始帝の側近たちは、
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 官職や金銀財宝をエサにして、
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′      伯升を支持していた豪族たちをも
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!       引き抜こうとしているそうですし……
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
876 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:10:20.95 ID:cJbXGvEo

         ____
       /      \
      /  _ノ  ヽ__\    それは厄介だお……
    /    (─)  (─) \   
    |   u   (__人__)    |   だれが買収されそうなのか、
     \            ,/  
    ノ           \   誰が裏切ってるのか見抜けないお……

  


877 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:10:38.28 ID:cJbXGvEo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_     
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、     金銀財宝をもらっても、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  これみよがしに持ち歩くような
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  愚か者はいないでしょうしねえ。
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′      
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!       
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
 
878 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:11:03.13 ID:cJbXGvEo

     
       )i☆i(
 ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
 |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
 |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
 |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
 ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙   ハーーーイ!
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  
   |:::::::〉 ( ●) (●)|   こんにちわ
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |   みなさーーん!
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
879 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:11:22.22 ID:ZNWlUfYo
馬鹿がいたwwwwww
880 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:11:30.77 ID:cJbXGvEo

         ____
       /      \
      /        \    
    /    (○)  (○) \   
    |       (__人__)    |   
     \            ,/  
    ノ           \   

  

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_     
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、    
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     !   ○     ○ .!'  `ー′  
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′      
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!       
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
883 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:12:12.86 ID:cJbXGvEo


    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V  
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    …………
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|



       )i☆i(
 ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
 |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
 |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
 |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|      このアクセサリ いいでしょーう?
 ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙   
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|       皇帝陛下から頂いたんです。
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  
   |:::::::〉 (⌒ ) (⌒)|   
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)      陛下はものすごく良い方ですね!
    |     |r┬-|  |   
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
887 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:12:40.62 ID:cJbXGvEo

 あからさまに買収されてんじゃねええええ!

                                               )i☆i(
                                         ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
       ____              ┃ ┃┃          |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
      /     \             ┣━    ╋┓      |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
    /ノし' "\ , 、/゙\              ┃      ┃┃ ┃┃┃ |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
  / ⌒(( ◯)ヾ'(〇)ヽ                          ┛ ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙ 
  |     "⌒(__人__)⌒゙l                     。
  \      `i ヾ/´ /              |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ | ペプウ!
 /´⌒ ̄ ̄"⌒`ヽ ィ´`ヽ─-一、       ` ‘ |::::::::/ ⌒  ⌒ |   ゚
 ヾ、ー;──(ゝ,〆  ト'ー一'~′    人,゚  (|:::::::〉 (:;。:) (;;゚)|   
    ̄l"        l         __ノ⌒;て_ (@ ::::⌒(__人__)⌒)
     |         _|_-─≠ ̄三≠/ ( ̄゜( |     |r┬-|  |   
      l           ̄  __-─=ノ Y`。  ,\    `ー'´ / }
     l, _       __≠─ ̄           /イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
    /   、、 〆"´             /  )    ー‐ィ
    (´ ⌒ ̄ ̄ソ⌒l            /  /          l
889 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:13:09.54 ID:cJbXGvEo

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\        李軼さん……!
    /:::::::::(○)三(○):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //  あんた更始帝側に鞍替えするのかお……!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|
       


..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.| 
..   |:::::::::/ .ゝゝ 、_,ノ .|  や、やだなー、くれるって言ったからもらっただけですよ!
   |:::::::〉 (⌒ ) (⌒)|   
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒) 僕は伯升殿の味方ですって!
    |  u   |r┬-|  | 
    \    `ー'´ /  
891 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:13:28.54 ID:cJbXGvEo

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(一 ) (一 ) \    兄上……
  /::  (__人__) :::::U \  
  |  l^l^ln ⌒´       |  あの人、信用できないお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ  
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l  放っておけッ。
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /  
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ  
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!    それより今は、
   ミ   ,'     '、  l ∨    
           \'´_ブ    目の前の宛を落すことが先決だ。
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l      
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
892 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:14:01.06 ID:cJbXGvEo

       ____
      /.:.:.:.:.:.:.:.:: \      そういや忘れてたお。
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \      
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::   \
.  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::; U |    やる夫たち、攻城戦の最中だったお。 
  \.:.:_,.:.:ヾ丶.:.:.:.:;_.  /     
  /.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ´⌒ヽ
 /;.:.:.:.:.:.:.:、.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.::     ヽ




   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   前回からの状況のおさらいだよ!
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  やる夫たち反乱軍の第一目標は、

         南陽郡の郡都であり、

         新王朝第三の都市である

         「南都」 宛を手中に収めること!
893 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:14:19.31 ID:cJbXGvEo

                     河
                     南
                      lll 郡  .lll            ゙!li,,  淮陽国  
     弘農郡          ,lll,,_   ,l!`   潁川郡   ゙!li,      
                    ,,iil!゙゙゙!!llllllilll,,、             ゙lli,_     
                   ,,ii!゙゙゜     ゚゙!li,,,,、       ,iill゙゙゙゙゙llllii   
                lll°       ゙゙゙゙!!llii,      .,,l!`   .ll、  
                'll`  南陽郡   lll゙  _,,,,,,,,llll゙`    .'!i,, .,,, 
,,,_,,,,,,             ,il          'll,,,,ll!l゙゙゙゙゙゙°      ゙゙゙゙゙゙ 
゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllllllllllll,,,、    .,l゙′          '゙!lii,,             
         ゙゙゙lii,,,_、,,,ll″               ゙!l,    汝南郡        
          ,,il!゙゙゙゙゙゙゜      ■ 宛     ゙li,,            
           ,,,iil!゙°                    '゙゙l,、          
 漢中郡   ,ill゙°                    ゙゙!lii,         
          ゙゙゙゙!lllii,,                        lll,,,,,,,、      
             ゙!!lll,,,,,,、                  ,,llll゙゙ ゙゙゙lllllll!l!i,,    
             ゙゙゙゙!!!lliiiii,,,,,,,lli,,,          ,ll,       .゙゙ll,,  
               ,,,iillll!!゙”゙゙゙° ゙!li,、        ゙゙lli、         ゙lii、 
,,,,,,,,,,,,_       ,,il!゙゙`       .゙゙!ii,,        lll゜          !!li, 
”゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllli,,,,,,,,,,,,,il!° 南郡      _,,,,llllii,,,,  .,,,,,,,,,illll!、        lll 
       `゙” ̄`            ,lll゙゙゙″゙゙゙!lllllll!゙゙゙”゛              ll 
                      ,ll゙     江夏郡              lll 
                   ゙゙゜                       ゙゙`


894 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:14:40.41 ID:cJbXGvEo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ 現在、反乱軍は十万の兵力で宛を包囲している。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 南陽の主戦力はすでに破り、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  
 `ー-、」    '  i_ノ  中央からの討伐軍も退けたことで、
    | `ー  ̄ , '    
  ,,rへ、_ ` 〔´     余裕コイて皇帝の擁立なんかを行っていたわけだ。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

895 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:14:58.26 ID:cJbXGvEo

          ____
       / \  /\      やる夫もそれなりに場数を踏んで、
      / (●)  (●)\
    /     (__人__)  \  何となく戦場ってものに、慣れて来たみたいだお!
    |      ` ⌒´    |  
     \          /   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

                    
            ____         兄上!
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\      今回の戦い、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \ 
      |      `-=ニ=-      |    やる夫は何をしたらいいんだお?
      \      `ー'´     / +

896 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:15:29.08 ID:cJbXGvEo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7 (クク……数ヶ月前まで ただの精液濫造工場だった白ブタがッ……)  
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!  (経験を積んで、それなりに頼もしい面構えになったではないかッ) 
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     


899 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:16:14.89 ID:VSwS3pIo
>>896
そういうお前は飲んだくれのニートだったじゃねえかww
897 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:15:46.42 ID:cJbXGvEo

     \ノ⌒ ミ'/____,._,.
     /_/  .)ニ二二ニニ‐--,.-、-   やる夫。
    / /ヽ// ̄~フ;;フ三ミ/,、/    
   .ヽヽヽ `´  .ノ//三/ //     貴様には別働隊を率い、
    ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!//  \\
    /<(;;;i''_,ィ''/    |/   ││ 潁川郡へ向かってもらう。 
   `ヽ/ ._!''´  ノ r'´|   
   ./  .|:::::.   .(´〉|         
  ∠,,,,,,,_ ノ     ヽ,ノ|         
  .`''‐、ノ       ./  |   //    
   r´‐-、     ./ <_///
   l´`~'''`  _,.,  /    //
   .フ"''''  /  `ヽ、  // /
  ./   /    _`'''''''┴-
  し‐''フ´  _,.-‐'´_二--二
   `フ _,. =ニ‐''´ ̄      /




      ____
     /ノ   ヽ、_\    ええっ!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  攻城戦からはハブられるのかお?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 
  \    |ェェェェ|     /  
900 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:16:16.45 ID:cJbXGvEo

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |    よく聞け。
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ     
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|    今 取り囲んでいる宛城だが、
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/      
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/     長安・洛陽と並び称されるほどの城、  
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))     落すには少々てこずるかもしれん。  
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|        
 |  |  !、           .| |       だとすれば気にかかるのは、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|     
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |      王莽が援軍をよこす可能性……
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_   
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
902 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:16:49.83 ID:cJbXGvEo


    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V   援軍が到着するまでに
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ  城が落ちれば、
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    たとえ敵軍が我等の数倍の戦力であっても、
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\ 勝機は充分にある。  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ  篭城戦は城側が有利、
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|   我等が城を支配すれば、そのアドバンテージが
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |   手に入る……
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|
904 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:17:19.80 ID:cJbXGvEo


     \ノ⌒ ミ'/____,._,.
     /_/  .)ニ二二ニニ‐--,.-、-   だが包囲中に 敵の援軍が到着した場合……
    / /ヽ// ̄~フ;;フ三ミ/,、/    
   .ヽヽヽ `´  .ノ//三/ //     我らは城の囲みを解き、
    ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!//  \\
    /<(;;;i''_,ィ''/    |/   ││ 敵軍に全力であたる必要があるが、
   `ヽ/ ._!''´  ノ r'´|   
   ./  .|:::::.   .(´〉|         最悪の場合、城側と 援軍の挟み撃ちを喰らう
  ∠,,,,,,,_ ノ     ヽ,ノ|         
  .`''‐、ノ       ./  |   //     恐れすら出てくるッ。
   r´‐-、     ./ <_///
   l´`~'''`  _,.,  /    //
   .フ"''''  /  `ヽ、  // /
  ./   /    _`'''''''┴-
  し‐''フ´  _,.-‐'´_二--二
   `フ _,. =ニ‐''´ ̄      /

905 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:17:51.02 ID:cJbXGvEo

         ___
       /     \    敵の援軍が来るまでに城を落とす……
      /   ─  ─\
    /    (●)  (●)\  そのために できることは、
    |       (__人__) ∪|
    \  ⊂ヽ∩     /   ① がんばって城を攻める
      |  | !、_ \     )
      |  |__ \   /   ②  なんとか援軍の到着を遅らせる


                     の 二つだから……



                 
      ____
     /_ノ   ヽ_\     潁川方面から来る敵援軍の足止めポイントの確保!
   /( >)  (<)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-/      |  それが やる夫の任務なんだお?
  \     ` ̄'´     /  
906 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:18:15.24 ID:cJbXGvEo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7  ククッ! 
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!  やる夫、空っぽだった脳みそに有意義な何かが
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  詰まってきたようだなァーーーーーッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     
908 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:19:03.08 ID:cJbXGvEo

:                                                    ]          
:                                                    く、         
:                                                     `i、   <エン州>    
                                         洛陽            ゙l、       
                                                      │       
                                         ○               |        
                                                  w====i、、       
                 <司隷>                      」''゚`ヘ-----″    `\      
                                         y-i、  │□陽関        ゙l、     
●長安                                ,-''''° │ l゙             ヽ     ,r
                                    ,i´    ヽ,,i´                 '!,  ,/ 
                                    │     ´ ゙l、              ヽィ〃 
                                   l゙        l       <予州>            
                                   ゙'k、      \、                 
         ,,,,,,,,,,,,,_                           ト        ゙l                 
━━マ"゙"゙゙゙゙"゛    ゙゚'=,、                     ,l゙           \i、              
    ‘''-、,、       `-,,_                  ,/           i、             
       `゙l         `゙゙''‐、、       .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐″                |             
         ヽ,,,_、         `゙ ―¬'''''"′                    ゙l、            
           ~゙゙゙''i、                         宛◎       ‘' 、           
              ゙'ー-、/ヽ,,、                               ゙l           
                    `゙"'┐                             ゙--         
      <益州>               \,、        <荊州>                │         
                        ゙'i、                           {、     

909 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:19:34.21 ID:cJbXGvEo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   またしても適当な地図で説明するよ。
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   新王朝の三大都市、●の長安・○の洛陽・◎の宛のうち、

         ◎の宛を獲得しようとしているのが現在の状況。

         

  
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  ●にいる王莽としては、なんとしても宛を奪われることは阻止したい。          
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  しかし、先に送り込んだ荘尤将軍は敗退。
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '    だとすると、王莽の打ちそうな手は……
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
910 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:19:53.98 ID:cJbXGvEo

                     ,.ィレヘ
                   r‐1^    l、  ,.ィ
                   ノ  /   二¨_ノ_,.ィ ,.i
                  ,レ/iレi  / _  ム' ノ
                 / ,r  L∠.__   __/`¨フ     匈奴征伐の折、
              . / /        _ 人¨_  >\  
              rヘ /〈    __   /   i  \ ゙̄ヽ、7   王莽は無意味なまでの
              ,kゆト-‐''" 二 ¨ ̄i   ノ ニブヽ ノ! /
       ,. -─ 、._ / ノ、 `¨´i'´ rッヽ.  j  i  ー--‐ '"フ    大軍の動員に こだわったッ!
     /     /.〈  i  ノ  ̄ `ー゙    j -=ニ、¨ ̄/   
   , '       / r 、ー'"__         ノ l  ー─…ラ     ならば、辺境に兵を送るより
 /         ./ ,ノニミヽ、 ヽ \     "´  j/"二ヽ \ミ    
 ヽ、      ノ (:::`ヽ_\\_i  l       / ノ 刀 !、 l      はるかに低コストで済むこの状況で、
  ./`¨  ̄ヽ./   `'ー一¨´         i  rノィ/、 l┘
  i     /ヽ¨ \             /  L ニノ i \!
  l    /:::::::::',: : : \         /  /:::i l  l  l      同じことを考えないはずがないッ!
.  ',  /:::::::::::::l\: : : :ヽ,,,...  --一'"  /::::::::l l   l N
. _ヽ/::::::::::::::::::! `¨  ̄   /    /:::::::::::::::l ! lV
   ノ::::::::::::::::::::::l:\      /   /::::::::::::::::::::::l トv
911 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:20:28.64 ID:cJbXGvEo

     /⌒  ⌒\     つまり、全国から兵を集めるはずだお!
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |  その場合わさわざ宛より西方の長安に兵を集合させるのは 
  \      `ー'´     /
                  意味わかんねーから、洛陽を拠点にして、

                   そこから予州→荊州という進軍ルートを選ぶと思うお!
912 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:20:51.72 ID:cJbXGvEo

     .lll、                             ,,,,,iiilllllii,,,,__,,,,,,,,,,,,iiiill!!! .,,illll .llli、    __  
     ._,,ill|            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__ .__,,,,iiiiil!!!l゙゙゙゜ .゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^ .,,,iill!゙’ ,,illl .,,iiillllll!!lllllll
 .,,,iiiil!!!゙゙’           lll!゙゙゙”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!llllll!   幽州          ,iiiiil!!゙° lllll゚,,iill!゙°    
.,,ill!゙゙`              llll,              llll、  .,,,、      _,,,,,,iill!゙`    .゙llliill!゙`     
lll!゙                '゙!!!lliillliiiiii,,,、           ゙゙!lli,..,illllli,、   .,iiil!!!!゙゙゙゛      l!!゙゙゜     
llli,,、   ,,,ill!!!ll,、    ,,,,,    .゙゙!lll          ゙!lllll!゙.゙!!lii,,,iiiilll!!!!li,,                 
.゙゙!llii,,. ,,,ill!゙゙ .゙llli,、  ,,ill!!ll、    ,lll           lll|   .゙゙゙゙゙’  .゙!llii,,,     .,,,iiii,,,,,,,,,_     
  .゙゙!!l!!!゙’   .゙!llii,,,_,,ill!゙゜llll、   .,ill!    并州    llll          ,,,,iiillllli,,,_   ,,iill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llll    
            ゚゙゙!!!!!゙° ゙!liii,,,, .lll!゙              lll"  冀州  iill!!゙゙゜ ゙゙゙!!!lliiiiiill!゙゜  .,,,iiill!!   
  ,,,,,,_            ゙゙゙!lli,iilll`              ゙!lli,      .lll、  青州    .,,,iill!゙゙°     
  ゙゙゙!!lliii、           ゙llllllii,,,     ,,,,,,,,,,、   .゙lll     ,,illliii,,,   .,,,iiiiii,,,,,,illl!゙°       
  ,,,iiiiiill!゙     涼州    .゙!!゙゙゙!lli,   ,ill!゙゙゙!!llii,,   lll,,,,,,,、.,,,iiill!l゙ ゙゙lll,,,,, .,ill!゙~゙゙゙llllll゙゜         
  lll ̄          `      '!ll、 _,,lll′ .゙!llil,  ,illl゙゙!llliill!゙゙゜   !lll!ll,.ill!′ .lll!゙°         
  ゙!!lliii、                lllliiil!!!!゙゙    .'!llli,,iill!llii,,,,゙゚゙゙エン州 ,,ill!.llllll!l   lll,、          
   ゙!llii,,            _,,,,,   ,,,,iiill!゙゜       ゙゙゙゙゙°゙゙゙!ll、  .,,,iill!!゙゜llll′徐州゙!lllii,,         
    ゙゙!!lliii,、      llll!llii,,,,iiill!!゙”” 司隷   、○洛陽,,,llll, .,,,,iill!!゙゜  .llli,,    .゙l!lll、       
      ゙!lli,,      'lll,,.゚゙゙゙゙”●長安  `   .,,ill!llll゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!゙゙’    ゙!!liii,、   .゙!!lii,,       
       .゙゙llli,,,,、    .゙゙!!!liil,,,,,,_,,,,,,,,,、     .,,,illl’.゙!llii,,↓  予州      '!lll     ゙゙!lii,,,,     
         .゙゙゙lll|     .,,ill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!llii,,,,,,,,_ ,,iiil!!゙゙ ◎ ゙゙!lli,,      、 .,,,,,,,iiilllliiii,,,,,,,,,,,,,,,,,_,,llll!     
            ,llliiii,,,,,_,,,,ill!゙`     ゙゚゙゙゙゙゙!!!llll/  宛 ←゙゙!!liii,,,、 .,,,iiiil!!!゙゙゙゙’ .゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllll,,,,,、   
      .,,iiiiiliil!!゜゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜          llll,,,,,、     .゙゙゙!!llii,,lll!゙″           ゙゙゙゙゙!!lli,   
      lll!゙`                     ゚゙゙llllll!          ゙゙!llll      揚州       ゙!lli   
     .lll″       益州       ,iiii,,,,,iill!゙°  荊州    ゙lll,、             ,,,,,,illl,,__  
     .lll,                    ,illl゙”””`             ゙!lliii,            '!!゙゙゙゙゙゙!!llll 
913 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:21:19.41 ID:cJbXGvEo

:                                                    ]          
:                                                    く、         
:                                                     `i、   <エン州>    
                                                        ゙l、       
                                         洛陽          │       
                                         ○→↓            |        
                                           ↓      w====i、、       
                 <司隷>                      」''゚`ヘ-----″    `\      
                                         y-i、  │□陽関        ゙l、     
●長安                                ,-''''° │ l゙ ↓          ヽ     ,r
                                    ,i´    ヽ,,i´                 '!,  ,/ 
                                    │     ´ ゙l、↓            ヽィ〃 
                                   l゙        l  ↓    <予州>            
                                   ゙'k、      \、                 
         ,,,,,,,,,,,,,_                           ト       ↓                 
━━マ"゙"゙゙゙゙"゛    ゙゚'=,、                     ,l゙           \i、              
    ‘''-、,、       `-,,_                  ,/        ↓  i、             
       `゙l         `゙゙''‐、、       .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐″                |             
         ヽ,,,_、         `゙ ―¬'''''"′               ↓    ゙l、            
           ~゙゙゙''i、                         宛◎ ←     ‘' 、           
              ゙'ー-、/ヽ,,、                               ゙l           
                    `゙"'┐                             ゙--         
      <益州>               \,、        <荊州>                │         
                        ゙'i、                           {、     
914 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:21:47.04 ID:cJbXGvEo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  図ではわかりにくいだろうが、         
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  <荊州>と<司隷> この二つの区域の間には
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '    険阻な山脈がそびえ立っている。
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_  洛陽から宛に攻め入る場合、□の陽関という関所を抜けて 
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ  進軍してくることになる。





       ____
     /⌒  ⌒\    そこで陽関周辺の潁川郡を制圧して、
   /( ―)  (―)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  新軍の足を遅らせる……というのが
  |              |  
  \               /
                  兄上の目論見だお?
915 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:22:14.48 ID:cJbXGvEo

         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/
           |        (こいつ……)
       / ̄ ̄ ̄ \             
      /     丶  .\    (いつの間に こんなに頭が回るようになったんだ?)  
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/
     /           \    




    ∩___∩    (血は争えないクマー)
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ●゛  ● |   . (さすがは伯升の弟クマー)
   | ∪  ( _●_) ミ             
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
916 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:22:38.36 ID:cJbXGvEo


 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_   宛を落とさぬ内は、
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l   
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ  多くの兵力を割くことはできん。
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l   
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /  
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ  王莽の援軍に対し、
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!   
   ミ   ,'     '、  l ∨    寡兵で当たらねばならなくなるが……
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l      
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l    やる夫、できるかッ!
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
917 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:22:58.66 ID:cJbXGvEo


      メ ,, -──- 、._\    確かに、怖い役目だお。
    メ/ u    ゚ 。 \\    
  / /    ノ  ヽ、   \\ おしっこちびりそうだお。でも……
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


  ,r'ニニニ゙ヽ、              //ニニニヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___    ((/ ̄ ̄`゙)   やってやるお!
 |   rー< ノと) /     \   (つ(_,,ア  |     
 |   `フ"ノ /   \ , , /\ \_Y  |     やる夫だって、
 ヽ、  ' (/   (●)  (●) \/ `  /      
   \  \      (__人__)   |  /      この三ヶ月、  
     \  \     ` ⌒ ´  ,/ /         
       \  ヽ ー‐  ィ   /          それなりに成長したんだお!  
        ヾ、         /             
            |         ,/         
          l        )               
         /       |  .              
            (、 /⌒ヽ、 )       
        (_ノ   \_)        
918 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:23:33.49 ID:cJbXGvEo


   ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
  / ´ ̄>            V ヘ
//  ./    .  ト、  \     iX 〉  問題は、更始帝サイドがこの作戦を承認するかどうかですね。
レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉 
.   i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉 
   | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く 
   | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  } これ以上、伯升たちに手柄を上げさせまいと、
   | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
   从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \ 色々 難癖を付けるかも……
    | i l > .    、  /|  l||\_/
      | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
      | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
      レ'´ |  \___八_     / 7ー
     /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄
     |   }/ / / Vハ \   V!.  
    |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ  
    |  i  \ /  /  |_____〉  } / 
920 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:23:58.82 ID:cJbXGvEo

ところが、軍議で この作戦を提案したところ……




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│    
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  



            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   なるほど、この足止めが、
         〃 {_{\'    /| l │ i| 
         レ!小l●    ● 从 |、i|   反乱の 天王山にょろね!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   
          |ヘ        j.  | , |   よろしく お願いするっさ!
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
921 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:24:31.03 ID:cJbXGvEo

    __
 , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、       
/    ,.  '"          `ヽ、
    / /           `ヽ  \_  
   / /   / ∧     \  ヽ  \ト、   あれ?
   / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )
   /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ
  l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |   あっさり承認された?
    | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// )
   ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
<    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ  (あと天王山って)
/   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
           / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
            jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
       , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
      /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ
          

      / ̄ ̄ ̄\      
     /  ノ   ^ヽ\    いちゃもんつけて、  
   /  (●)   (●) \   
   | υ   (__人__)   l  反対すると思ってたお?  
   \     ` ⌒´   /  
922 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:24:57.03 ID:cJbXGvEo


      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l / (計算高い奴……)
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  ) (確かに必要な作戦なら、
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /  
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/   嫉妬で足を引っ張ったりはしないということかッ)
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,      
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |     
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|  
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ     
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´      
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_
923 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:25:09.73 ID:I09HKJoo
「やる夫」を当てはめられてるからボンクラ言われるけど
史実では元々優秀な人なんだよね?
志(部長クラスにはなって美人の嫁さん欲しい)が平々凡々なだけでww
927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:26:36.97 ID:VSwS3pIo
>>923
優秀っつーか世界史上でも指折りの凄い人
924 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:25:33.07 ID:cJbXGvEo

  こうして、やる夫は別働隊として、

 
 潁川方面の拠点確保に出発した。


 西暦二十三年 三月のことだった。

 やる夫と同行した主だった人々は、




            / ̄\
            |    |
            \_/
              |        奉
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \
       |    (__人__)     |  
       \    ` ⌒´    /  
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'
925 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:26:09.42 ID:cJbXGvEo

     ∩___∩
     | 丿      ヽ
     /  ●   ● |    
     |    ( _●_)  ミ    朱祐
    彡、    ヽノ ,,/
    /     ┌─┐´
   |´  丶 ヽ{ .熊 }ヽ
    r    ヽ、__)ニ(_丿
    ヽ、___   ヽ ヽ
    と____ノ_ノ

            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i    王匡・王鳳
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃


   >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \     
 /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \    
  〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
  |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
/ .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  
/ :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./ 
::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   晨
゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
  レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
       ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
           ̄ヽ      ー‐      /
              \           _, ィ´
             `¨ニt-  -‐' ト-┐
928 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:26:38.05 ID:cJbXGvEo

              _ ,-、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . -、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  馬武
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
    !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    /
    ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'   Ο
      ` ー´      '、     


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |    王常
     7   , -- 、, --- 、  ヽ   
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ   
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |
   /  <  / ▼ ヽ    >   、 
  く彡彡   _/\_    ミミミ ヽ
   `<             ミミ彳ヘ
 


       )i☆i(
 ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
 |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
 |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
 |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
 ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙   
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  
   |:::::::〉 ( ●) (●)|   李軼
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |   
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


などの面々だった。
930 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:27:19.58 ID:cJbXGvEo

  やる夫は現地の豪族・実力者と面会し、

  贈り物・説得など様々な手段を駆使して、懐柔をはかった。



     / ̄ ̄ ̄\      やる夫 お薦めのエロゲーだお。
    /   ⌒   ⌒\    
  /     ,(⌒) (⌒)、\    お近づきの印に、もらってくださいお。  
  |     /// (__人__)/// |   
  \      ` ヽ_ノ   /       
    ヽ    , __ , イ          
    /       |_ ____
   |   l..   /l´鬼哭街   l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /
931 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:27:49.44 ID:cJbXGvEo

     / ̄ ̄ ̄\      やる夫 お薦めのエロゲーだお。
    /   ⌒   ⌒\    
  /     ,(⌒) (⌒)、\    お近づきの印に、もらってくださいお。  
  |     /// (__人__)/// |   
  \      ` ヽ_ノ   /       
    ヽ    , __ , イ          
    /       |_ _____
   |   l..   /l´天使のいない l
   ヽ  丶-.,/  |___十二月____|
   /`ー、_ノ /        /



     / ̄ ̄ ̄\      やる夫 お薦めのエロゲーだお。
    /   ⌒   ⌒\    
  /     ,(⌒) (⌒)、\    お近づきの印に、もらってくださいお!
  |     /// (__人__)/// |   
  \      ` ヽ_ノ   /       
    ヽ    , __ , イ          
    /       |_ _____
   |   l..   /l´永遠になった l
   ヽ  丶-.,/  |お留守番 ___|
   /`ー、_ノ /        /
935 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:29:26.81 ID:cJbXGvEo

       / ̄\
      |     |
      \_/       エロゲー配ってるだけじゃねえかアアアア!
.      _|__
     / \i||i/\  
   / <●>::::<●>\
  /   ⌒(__人__)⌒ \  
  |  ノ(   |r┬-|    |  
   \⌒    `ー'´   /  |                     
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・   ウロブチゲン!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J
936 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:29:54.94 ID:cJbXGvEo

         しかし やる夫の工作は意外に効果を発揮し……


「鬼哭街」サイコー!エロくないけど  「お留守番」サイコー!大声じゃいえねえけど

        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.   
   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |    |   |
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J    し ⌒J.    し ⌒J

                              「天いな」は……ちょっと……
       <潁川地方の皆さん>

941 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:31:07.00 ID:cJbXGvEo


河  ll|  ', ●陽関   潁川郡   ゚゙ll,,、   
南 .,ll   `'-、                  ゙lll,、   淮陽国
  ,ll′   ‘―ー''''―-、          lli   
  .'l|           |              !i、  
llllllll,           〔           li  
  .゙゙゙lll,,             ゙l(,潁水)        ,,ll!″
    .゙li,          ゙ヽ,、      .,,,llll゙°  
    .゙゙llllllllll,,,,       ‘i、      ll,    
        ゙゚゙lll,       ゚く    ,,,,,ll"    
          ,l        く   ,l
          ,l         ヽヽ,l 
             ,l|           ,l●定陵 
 南陽郡      l゙●昆 陽 ●エン,,ll
            ,ll   ,,,,,lllllllllllll゙゙゙゙°        
            l!  .,l!°               
                    汝南郡 




陽関、昆 陽、定陵、エン等、

いくつかの県を反乱軍に参加させることができた。


          / ̄\                        
         |     |                        
         \_/                         
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\       まじか……                              
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       
945 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:31:39.25 ID:cJbXGvEo
 これによりやる夫は、多くの牛馬、支援物質を

宛を包囲中の反乱軍に送ることが出来た。



                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   フンッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      悪くない働きぶりだ
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////   ほめてやろうッ!
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|  


   
948 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:32:10.38 ID:cJbXGvEo

   

同時期。都、長安では……




                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
949 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:32:36.47 ID:cJbXGvEo

      / ̄ ̄\     ちくしょオオオオオオ!
    /ノ( _ノ  \  
    | ⌒((:;。:;)(;;゚)
    .|     (__人__) /⌒l              
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                     88彡ミ8。
    / ⌒ヽ     }  |  |           .         8ノ/ノ^^ヾ8。 
   /  へ  \   }__/ /            .          |(| ◎ ◎||  
 / / |      ノ   ノ          .,           从ゝ__○_.从  
( _ ノ    |      \´       _   .            ;,,,;.   
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ.:. バキャ!
       .|                    ;,,,;,,,;,;,,___ノ;      
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄"        /     \  
                                  〈 ( ゜  ゜) 〉 
                                   ヽl   , lノ  
                                   ('ヽ( ⌒Y )つ 
                                   ヽ、____人__ノ
          來歙が荒れていた。
951 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:32:55.08 ID:cJbXGvEo

__ノ:/.:! : : ::://`ヽ!: : !   \: : : ! l/ `ヽ:::::::::l: :   ちょっと!
: : ::::/.:∧ __/! u  l\!__ノ  、ヽ_l/! _   j/!:::/. :
: :::::/l//ヽ: :::! r―- 、/   ヾ/ j/ _.. -― 、  l/. : :   ダッチワイフに当たるのは止めてよ!
//. : : : .::l: :∧  ̄ `ヾ `     〃¬¨ ̄`′/∧ : :
. /. : : : .::/l::/.::lヽ        ′         // く!::!:: 
/. : : : .::/.:j/.:::::!      ∠二ヽ`ヽ       ′_ノl:::!::
. : : : .::/.:::::::::::/!     l/¬ー- ヽ     i ! ー_!::!:: 
: : : .::/!::::::::/!∧ 。  {!     _/!   ;  !l厂 //l::
ヽ.:::/ l/!/ /::::::\ o ヽー‐ ´/ ノ  }j /!ト、〃.::!::    
 ヽ! /  l /.:::/ j/ヽ、 `ニ´     ィ´/ !!/ヽ /.::
953 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:33:55.41 ID:cJbXGvEo

                       これが荒れずにいられるか!
              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \  反乱が重要な局面なのに、こんな所で俺は!
       l⌒ヽ (>)(< )    .|    
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \ (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
      


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶   しょうがないでしょー
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ  官憲が目を光らせてて
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |   身動き取れないんだから
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l    
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/    ちょっと外覘いて見なさいよ
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′     すごいことになってるから
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
954 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:34:14.84 ID:cJbXGvEo


   / ̄ ̄\
 / -  - \
 |  (●)(ー) |     
. |  (__人__)  |    外………?
  |   ` ⌒´  ノ     
.  |        }
.  ヽ       }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         
 
957 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:34:54.92 ID:cJbXGvEo


┏━━━━━━━━━━┓
┃               ┃
┃     ,、 、        ┃   うん? なんだありゃ
┃    ,ヘハ@ヘ       ┃
┃    ゞ ゚д゚)      ┃   伯升の似顔絵じゃねーか。
┃    (⌒ノ::ゝ)       ┃
┃.:.   ゝン^゚^ヽ       ┃  微妙に似てるな……
┃.     > >        ┃
┃    `--`-`       ┃
┃.:              ┃
┃.:.              ┃
┃.               ┃
┗━━━━━━━━━━┛



       狙えー!
            
         ∧_∧\∧.,,.
        ( ・ω・)  ヽ 。)   
       <⊃コ===> \   グググ…
      _____ (,,,  \ ,:' \ ノ   
     /  ヽ、|_,l  /ノ
    //、   し'   |      
    Vl l.   ノ-∧_∧\∧.
     | | ノ  ( ・ω・)  ヽ 。) 
       ||.|.|  <⊃コ===> \   グググ…
     /|/| _____ (,,,  \ ,:' \ ノ
       /  ヽ、|_,l  /ノ
      //、   し'   |
      Vl l.   ノ-∧_∧\∧.
       | | ノ  ( ・ω・)  ヽ 。)
       ||.|.|  <⊃コ===> \   グググ…
       /|/| _____ (,,,  \ ,:' \ ノ
        /  ヽ、|_,l  /ノ
       //、    し'   |
        Vl l.   ノ--┬.| |
         | | ノ    || || 
958 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:35:14.83 ID:cJbXGvEo

         ∧_∧\∧.,,.
        ( ・ω・)  ヽ 。)   シュッ!!
       彡 ゝ   ニつ] \   ----==≡
      _____ (,,,  \ ,:' \ ノ   
     /  ヽ、|_,l  /ノ
    //、   し'   |      
    Vl l.   ノ-∧_∧\∧.
     | | ノ  ( ・ω・)  ヽ 。)    シュッ!!
       ||.|.|  彡 ゝ   ニつ] \   ----==≡
     /|/| _____ (,,,  \ ,:' \ ノ
       /  ヽ、|_,l  /ノ
      //、   し'   |
      Vl l.   ノ-∧_∧\∧.
       | | ノ  ( ・ω・)  ヽ 。)   シュッ!!
       ||.|.| 彡 ゝ   ニつ] \   ----==≡
       /|/| _____ (,,,  \ ,:' \ ノ
        /  ヽ、|_,l  /ノ
       //、   し'   |
       Vl l.   ノ--┬.| |
        | | ノ    || || 
960 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:35:43.65 ID:cJbXGvEo

┏━━━━━━━━━━┓
┃        グサ    ┃
┃     ,、 、   /    ┃  
┃    ,ヘハ@ヘ/      ┃
┃    ゞ ゚д゚)       ┃        
┃    (⌒ノ::ゝ)\ グサ  ┃
┃.:.   ゝン^゚^ヽ       ┃  
┃.     > > \      ┃
┃    `--`-`       ┃
┃.:         グサッ  ┃
┃.:.              ┃
┃.               ┃
┗━━━━━━━━━━┛




     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.    ワーイ 刺さったぞー!
   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.    伯升ザマーミロ!
    |   |     |   |     |   | 
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J. 
961 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:36:19.26 ID:cJbXGvEo

        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      ちょ……何やってんの あいつら?
      |::::::(-)(-) |    
     . |:::::::::::(__人__)|  
       |::::::::::::::` u  |     
     .  |::::::::::::::  u }
     .  ヽ:::::::::::::: u  }      
        ヽ::::::::::  ノ   
        /ヽ三\´    
        |:::::::::::::::: \


          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ   王莽の命令なのよ。
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |  全国の役所や街の門に伯升の似顔絵をかけて、
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|  毎朝、矢を射るよう布告したそうよ。
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |    
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||
962 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:36:41.91 ID:cJbXGvEo

          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \      王莽はバカなのか?
        |    (ー )(ー)
.        |u    (__人__)      他にやることあるだろ…… 
         |     ` ⌒´ノ         
.         |         }               
.         ヽ        }
          ヽ     ノ     
          /    \
          ||  ||
          ||  ||
      __//_ //___
     /  //  //      ./
   /    ̄     ̄      //
965 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:37:52.14 ID:cJbXGvEo

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!  プギャーーーww
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、  劉伯升ざまあww
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /   全国でお前の似顔絵が
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /  
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     ボコボコにされてるでおじゃる!
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /
967 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:38:08.85 ID:cJbXGvEo

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  …………
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l                 
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
970 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:38:34.63 ID:cJbXGvEo

         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ|
         |丶、 ;;; __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,: ィ";;_|   いかん。
         ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
        ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l  こんなこと してる場合じゃ
        l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、 なかったでおじゃる。
       fミ{;:;:;:;:f'´  , ---_,, _,ィ 、_,,ィ,.--、  };f }
       l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙:ミ {,'ィt或アチ l:l,/
       ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ   ト ` ‐''"´  l:l:f
        ヽ`ー};:l       ,r'、   ヽ      リ_)
         `"^l:l      ,/゙ー、  ,r'ヽ    l
           ゙i    ,ノ    `'"  丶.   ,'
             ゙l、   ′ ,, ィrェェzュ、,_ 〉 } /
            ',ヽ  ヘヾ'zェェェッ',シ' //ヽ
             } 丶、 ` ー--‐ '"'´,/ノ:.:.:ヽ
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、
     ,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ヽ、
  , - '"´ / ,/`>'t、_」___,ィ'゙,ィ,.: -‐ '" ,. -‐ '"    \
/    ヽ-(  / / f   }li,     ,. -‐ '"          \


  來歙が考えるほどバカではなかった王莽は、

  伯升の首に黄金十万斤、五万戸の領土、高級官僚の位などを懸賞としてかけた。

  そして……
972 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:38:56.25 ID:cJbXGvEo

  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;:;:;/;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|    やはり討伐軍を出さねばの。
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'       ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ'    しかしはっきり言って
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ーシ'   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ     麻呂は戦の素人。
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |      誰を将にすればよいか
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ         見当がつかんでおじゃる。
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、
973 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:39:17.71 ID:cJbXGvEo

     l;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:、;:;l
     /;:;___l____:;:;:;:;.ヽ!
.    'y'‐_ _ィ‐ヾ=ミ、_〉    しかも、この状況では
.    lfィ。ッ rf。ッ〈:::::ミ|
      l! ´7_,! ´ ,.;!:::ミ,!    送り出した将自身が
     | ィrュ,ヽ ' {::7〃
     ヽ  ̄ _,..ノソv′   麻呂を裏切る可能性も……
      ,ハ三 =彡'く
    ,∠ニ ⊥ ニニム、_     どうすれば良いでおじゃる?
. ,. -‐'7   /     / ̄`ヽ
974 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:39:38.10 ID:cJbXGvEo

  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」
 ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ    そうでおじゃる。
 /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ
 {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l   ここはやはり、
 l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、
 l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い  「予言」に従うでおじゃる!
. l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ  リl
. ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´     ミ:::::/ム_ノ/   麻呂が即位したとき
  'i,     ,'  '^ヽ       ミ::::l 'ー' /
   'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′   献上された予言に
   l        `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、  
   ヽヽ ,ィニニ丶、_ ゙:      "´fミ≧ゞ   麻呂の補佐となると記されていた者たち……!
     ヽ ^ヾ二´ノ´ _,ィ ,.ッ  //イぅ-、
     丶 `"   "´  ,/ ,.ィ" , -‐'",ノヽ   あやつらなら 間違いないでおじゃる!
      `ト、 ___,, ィ"彡,r'´ , -'":.:.:.:.ヽ
       l    =ニ彡,ァ'",-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L..、、
       ハ ヾ    / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,, -''"  )
     , ィ'l l ヽ  / /:.:.:.:.:,, - '"´  , - ''"丶、
975 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:40:09.88 ID:cJbXGvEo


   予言に従い、次の二名が討伐軍の将に選ばれた。

          
            ',     l      l
             l     ',  ._,,,..........l
             l,  ._,.. -'''"゛._,,,,,........L_,,,,_、
              ゙(゙゛ _,, -'''゙″         `゙`''ー ,,,_
             ,..‐'″   .|.l.   ,;;;;'''''-,,.. -..、      ``''ー ..,,
           ,/´ ._、 _,,..-" ゙‐'゙´ く--'゙    `゙'-、        ``'''-,,,,,,、
         /  .,,,,.r'. ブ´        _.. -ー''¬ー、、 `''、..-‐'''''ー-、    <_    おじゃるー
       /   .,i'゛  `″        'r‐v,,_______,,,,',〟 ヽ  _,  `'、    _>
     ./   ./  .,..‐'" ゙̄フ`、    | .し_二ノ   !   l'"    .l._.. -'"゛
   /    ./ .r'__,ー-‐,゙,'  │   l   ミミミミミミ ノ   !      /
  ./     /  .! `、ゝソヘミ  ノ    `'-..,,_____,, '"     |、   /
./   / ̄│  '、  ミミミ  /   ,- 〟    フ トy' /  /  ̄
.-'ツ  .,'   ,_.!   `'―ー'''゙_   '  │   '"`'`    ./
../   ',     ' ,,   _/ー/ー7゛    ゙ー'"          _..-'゛
'!'''"゙゙´ ヽ.     `';;..、′``''″    `゛   ._,,, -=,゙゛
      `'ー.... -'"  .``'';;r‐―-.y-r‐''''''',゙∧- ..,,,,  `';;..、       ._,,_.. -、、
              ,r'゛    `'、,,,゙ゞ ゛゙'ナ'-..,,..-゙゙“゙_..-'"'-,,_._,..-‐'″ .ヽ  ,゙'y
                /   .,, ―ーイ'゙ヽ / .`''-、..-'"゛              [ ゙゙̄゛
             l        ヽ .`、       .,_,,              !
            "         ′ "      .″            "

         王邑(おうゆう)。 新王朝の大司空。王莽の従弟にあたる。

         この時点では 大司馬・大司徒・大司空の実務を兼任しており、

         王莽に次ぐ新王朝の№2だった。
977 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:40:36.34 ID:cJbXGvEo


                  / .;:;;;:\
                 /;:;;;;;;:;:;:;:;;;;;;\
                   |:;;;:;:;; /ヽ、;:;;;;;;,!
                _」;:;;:;;;ノ!   ヾ;;;;;;|
               ,イ.:.:::::::::::::ヽ   |;;;;;;|
              r‐'´ ̄`7ミミ゙,   |;;;;;;|
                 j,,, 、、_  jミミミ!   !;;;;;;|
             fj!^仁` ,イミソ   |;;;;;;;|
                〈_,,``  ,イミリ   |;;;;;;;;|     おじゃる!
              }‐-  , イ^ヽ、  !;;;;;;;;!
               `フ"´//.::.::.`ヽ、;;;;;!
               ,イ爪7イ.::::::::::::;:;:;:ハ
                 /::j;;:::;;:/::::;:;:;;:;:;;;:;/ .:.:`ヽ
             /::.:j:::::;/:;:;:;:;;;:;:;;:;:/ .:.:.:.::::::゙,
               /.::::j!:::/:::::;:;:;:;:;:;:;/ .:.:.:.:.::::::;:;;!
           /.:::::,j!:/::::;:;:;:;;:;:;;:/ .:.:.: .:.:.:;;:;:;:;|
             /.::::::::l/:::;:;:;:;:;:;;:;;/ .:. :.:.:.:;:;:;:;:;:;;:;|
          /.::::::::/j:::::::;:;:;:;:;:;/, .: .: .:::;;:;:;:;:;:;:;:;:!
            /.::::::::::l/:::;:;:;:;:;:;:;// .:.:::.::.:.:.::.`,;:;:;:;:;|
        /::,.:::::::::j!:::::;:;:;:;:;:// .:.: .::.:::::::::::::i:::;:;;;;|
          /::/:::::::::ノ!::;:;:;:;:;::// .: .:.:.::.::::::::::::;:|;:;:;:;;;|
       /::/::::::::://;:;:;:;:;,イ/ .:.:.: :.:.:.:::::::::::;:;;;|.::.:;;;;!
      ./::/::::::::://;;:;:;:;,イr/ . : .: .: .::::::::::;:;:;:;;;;|:::::;;;|
      , イ:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ// .:.:.:.:.:.: .:.:..::::::::;:;:;:;;;;|;;;;;;;;!
    /.:::/;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l//.:.:.:::::::::::::::.:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;|
  /.::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!/.::::::::::::::::::;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;|

   

           王尋(おうじん)。 新王朝の大司徒。

           この当時、洛陽で十数万の大軍を預かっていた。
978 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:40:58.23 ID:cJbXGvEo

 王莽の命を受け、王邑は洛陽へ到着。
 王尋と合流し、頴川へ立つ前に軍の編成を行った。



      / .;:;;;:\
     /;:;;;;;;:;:;:;:;;;;;;\  
    |:;;;:;:;; /ヽ、;:;;;;;;,!
    _」;:;;:;;;ノ!   ヾ;;;;;;|  
  ,イ.:.:::::::::::::ヽ   |;;;;;;|
  r‐'´ ̄`7ミミ゙,   |;;;;;;|  
  j,,, 、、_  jミミミ!   !;;;;;;|
 fj!^仁` ,イミソ   |;;;;;;;|
  〈_,,``  ,イミリ   |;;;;;;;;|   十万では物足りないでおじゃる!
  }‐-  , イ^ヽ、  !;;;;;;;;!
  `フ"´//.::.::.`ヽ、;;;;;! ありったけの兵を集め、
  ,イ爪7イ.::::::::::::;:;:;:ハ
  /::j;;:::;;:/::::;:;:;;:;:;;;:;/ .:.:`ヽ 天下に新王朝の威信を示すでおじゃる!
/::.:j:::::;/:;:;:;:;;;:;:;;:;:/ .:.:.:.::::::゙,
/.::::j!:::/:::::;:;:;:;:;:;:;/ .:.:.:.:.::::::;:;;!
              
979 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:41:16.30 ID:cJbXGvEo

     , --、   _
    ||| /   ヽ 量だけでなく、質も重視したいでおじゃるなあ。
     L L 」 |   /   
 , -  ̄└--┘~|   / あらゆる人材、兵器を集め、
  ,-vO-^-O─|  /ヽ、 
~( Y(○ .. (○| /~^  万民を驚かせるでおじゃる!  
,(.入 ″〈〉 ″| /   
しと「厂 l`'丁 ~i| /、      
  〈〈_人_ ̄_入|/ ヽ、    
  (   ,二、  `ト-‐' 
 ~~ ̄   ヽ_丿
980 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:41:19.36 ID:fxLgMuQo
おじゃるばっかで何が何だかわからんww
981 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:41:51.04 ID:cJbXGvEo

       , ―、
        | | |      
       | | |
       __.| .ニニ|__
    ,-'__σ宀σ__'- ,   
   /(^.| 一  ー |^)\
   ⌒ヾヽα ∇α ノノ⌒    六十三流派の兵法家を呼び寄せ、
  _⊂!⌒~⊂~⌒ ヘ
∠/ | | (,二_.λゝ ノ    我が軍のブレーンに付けるでおじゃる!  
    ∪y   ^^!_し )
     '==' ⌒ '=='




      / .;:;;;:\      百万の軍勢を召集する!
     /;:;;;;;;:;:;:;:;;;;;;\  
    |:;;;:;:;; /ヽ、;:;;;;;;,!
    _」;:;;:;;;ノ!   ヾ;;;;;;|   圧倒的物量で踏み潰してくれるでおじゃる!
  ,イ.:.:::::::::::::ヽ   |;;;;;;|
  r‐'´ ̄`7ミミ゙,   |;;;;;;|  
  j,,, 、、_  jミミミ!   !;;;;;;|
 fj!^仁` ,イミソ   |;;;;;;;|
  〈_,,``  ,イミリ   |;;;;;;;;|   
  }‐-  , イ^ヽ、  !;;;;;;;;!
  `フ"´//.::.::.`ヽ、;;;;;!
  ,イ爪7イ.::::::::::::;:;:;:ハ
  /::j;;:::;;:/::::;:;:;;:;:;;;:;/ .:.:`ヽ
/::.:j:::::;/:;:;:;:;;;:;:;;:;:/ .:.:.:.::::::゙,
/.::::j!:::/:::::;:;:;:;:;:;:;/ .:.:.:.:.::::::;:;;!
              
983 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:42:11.84 ID:cJbXGvEo



                     ヾ:、                    /⌒\、     
              ,.. -::ー:::-..、ノノ        γ⌒~ヘー-----~´⌒    /f)/f)      /|
            ,,´:::;:::::::;:::::::::::::::`:.、      γ                        \__/|//
          /::::::::;:::::::;:::::::;::::::::;:::::::ヽ,     /     )          ヽ      o     ノ
          /;:::::::::::::::::::::::;:::::::::人::::;:;:::i、    (        |              )     _)
         !)ヽ;:::--:;r-、;:::;:::::/   ヽ;:::::;i    \     人       ノ    人____ノ
           i':::::::::::::::::;;(.ノj:::::::::::i     ヽ:;i     〉   _ノ .\、    〈    イ ノ
           i::ヘ:::::::;⊿:::::i ヽ::::::::i    /::;::、    |   ノ `~--------`〉 ⌒ノ ノ
       ./::::ゝ::(;;ノ ;::::/  ヽ:::::i   !::i:::i:::)    |   | |          |   / ノ
       /::::/ ミ::i::彡ノ    ヽ:::i    ゙'゙'"゙"    (__)__)       (__))
     _/::::::i            冫:ヽ,
    r'::i:::i:::j            (;:i::;i:::j



         r-.、                      _ ,  ‐- 、_,_,,,-..ヘ
        ノ゙'::,ノ                 , -.. ''" ..:' .::' ,.:'.. ゙';: .`'.!
    ,..‐'"';__;.ノ                ,/ ,:'' ::, ゙':. ': .:' /.:' ,.: ,.... :' ;\
   ,r´゙':,r'´        _,, -―,, '',::'.:' '  ゙':   ゙':ヾ ::. '::, ::, ,._ 、 i,,.〉
  /_,., ′     _ - ´ ,:' .:' .:;' ;::'   ,.::::;,  ゙:.   ';, ゙':...゙ `'' _ .. `!
  ,l゙''"|    ,, -";: ゙;,  ::;' .; ':, .';:   '  ゙':,   ':.   '':;,、:, r' ヽ  ヘ
  .|':;,:'、  / .! :, ':,    ゙ ; ,;'  .゙  ゙' ,'   .,   :   ,r `i ':,_  ノー '
  ' , . ,:'`´,::'_,イ':.,   '; ,.:' ,;'  :;   ψ     ':  ゙.:.゙  ,:' i  ゝ-'
   `ー '"  |., `  ゙':,i:; ゙;, ,::'  :, . |:::::;,_    .::.' .,:' ,.:キ
            |゙'::..,   '、,_; .,゙ :,  ':;..|  ゙' ::..._ /,r-、'   キ
         |    ,:| ‐- _ '::,  '::゙|::.._  ,.:'.`ヽ キ   ゙''::゙i,
            |゙':, `''ー'キ.:.:.:.r ` ― ^、....::'   ' ゙",`i、.゙i ,.,._., 'i,
            ヘ .,,._ ,;キ.:丿      ゙i、_   ,.:'  `''ー -、゙':'i,
             l\゙'' ''゙ノ/                ̄ `' ‐ 、._、';  \\
             | ., , T:ノ                  ベ   ,) ;'ヽ._
           ゝ'_,ノ                    ゝ、_ノ \   )゙.´`;
                                         `ー-、ノ

  この他に討伐軍は、ヒョウ・サイ・トラと言った猛獣を集め、軍列に加えた。
984 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:42:38.98 ID:cJbXGvEo


           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  \   
          /;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;  ヽ  
         / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;  ;;;;;;;     丶 
        / ;;;;;;:  ;;;;;:   ;;;;;    ;;;;;     │
        / ;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;  ;;;;;;;; │  
       │;;;;;;;;;;;;//|| ||||| || ||||| |||| || ゞ:::::::: :::::::│
       │;;;;;;;;;/|| || | |||| |||| ||| ||| || |||| | |ゞ:::::::::::│
       ∩;;;;;;/丿,;::≡ミミ;;、、 ソ  __,,,,、、、.. ゞ::::: /
       |/|;;;;//   _" _''ヘノ ヾ彡=''_""`` ヾ:::/、
       ((|ソ  ,─≦◎≧ヾ - , ≦◎≧- 、 ヾ|/)
       ヾ|||    - ̄ '    ヽ  ̄ -     ||ノノ
        ヽ!|        /   ヽ        |ノ 
        ゝ: 、    ( _   _ )      ノノ  
        ` ヽ     /   _ヽ ノ  ヾ     ノ   
        __>、    ,, '::_`_' _:` 、`    ./   
      /\ _/ ヽ   ( /----- ヽ) ,   ノ     
     /   \ , 、 、 、ヽ、'  ̄ `ノノ_ ,/      
   /      \ ヽ  ヾ、. ̄ ̄ (   )'丶     
  /  ' "'' 、   \ \ _,, ̄ ''ノ ` ゙/  \    
/ , - 、 ,,  `ヽ   \/   ̄ヽ '  ヽ    ,ゝ--、
             /      ヽ  |  /   ノ
     ,,  、    /    ヾ    ヾ  ヽ-' 、 ,/
  - ''      ヾ  (   ヽ  丶    ! ''  ,, ゝ" |


 さらに蓬莱から来たと称する、身長2.3メートルにも及ぶ

 巨無覇(きょむは)という巨人も引き連れていた。

 全て、新王朝の威厳を示す目的だった。
987 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:43:23.66 ID:cJbXGvEo

 召集した軍勢の総数は、百万。内、戦闘要員は四十二万だったとされる。

(四十二万が総数で、百万は自称という説もある)



 西暦二十三年 五月。百万の軍勢は頴川郡に到着した。






                       ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                        ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                         ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                         ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;  
                         ;;''';;''';;';'';';';;;'';;'';;;;
                      ;;'';';';;';;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;    ザッザッザ・・          
                 ,.- ; ,.- ;,.- ;,.- ;,.- ; ,.- ;- ;,.- ;.-;- ;
                ,. ー- 、 ,. ー- 、,. ー- 、,. ー- 、.ー- 、 ,. ー- 、   
             / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ,
      / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ, / ̄ ヽリ. `
     / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ,  
    /    / ̄ ̄ ヽ,.   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ,
    {0}  /'/        ',./'/        ',/'/        ',.     /        ',
    l   ヽ{0}  /¨`ヽ {0}, {0}  /¨`ヽ {0}',.{0}  /¨`ヽ {0} /¨`ヽ{{0}  /¨`ヽ {0}',   
    |    l   ヽ._.ノ   l i   トェェェイ   l.l   ヽ._.ノ   ',ヽ._ノ l  トェェェイ   ',
.  /´   リ   `ー'′  ヽ   `ー'′  リ   `ー'′   !.ー′!   `ー'′   !
     /´           `\    /´          `\/          `\
990 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:44:08.95 ID:cJbXGvEo

      l
      |      /       ,       | なんですか
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、-''| この「僕の考えた最強軍隊」
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   ! みたいな編成は……
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!         u   |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、


  この地で、宛の争奪戦に敗れた荘尤も合流している。
992 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 15:46:58.37 ID:23dIZfAo
全く以てその通りでwwww
994 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:52:56.16 ID:cJbXGvEo
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1230447036/

お待たせしました。次レス行きます。


  未曾有の威容を誇る討伐軍の情報は、

  この段階でやる夫たちにも伝わっていた。




       _________
      /     \       大軍でくるだろうとは予測してたけど……    
    / u ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー)\    百万て!
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   
   ヽ、  u   u   /   
     /     ┌─┐     多すぎるお……
     i   丶 ヽ{ .  }ヽ   
     r     ヽ、__)一(_丿    
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ    
4 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:55:34.67 ID:cJbXGvEo

          ____
       /  \ /\     けど、やる夫はやる夫の役目を
      / (●) (●)\     
     /    (__人__)   \   果たすしかないお!
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !  五千の兵で、陽関を守る!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    狭い関所なら、少数の兵でも
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl   時間稼ぎになるはずだお!
5 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:56:18.63 ID:cJbXGvEo


河  ll|  ', ○陽関   潁川郡   ゚゙ll,,、   
南 .,ll   `'-、                  ゙lll,、   淮陽国
  ,ll′   ‘―ー''''―-、          lli   
  .'l|           |              !i、  
llllllll,           〔           li  
  .゙゙゙lll,,             ゙l(,潁水)        ,,ll!″
    .゙li,          ゙ヽ,、      .,,,llll゙°  
    .゙゙llllllllll,,,,       ‘i、      ll,    
        ゙゚゙lll,       ゚く    ,,,,,ll"    
          ,l        く   ,l
          ,l         ヽヽ,l 
             ,l|           ,l●定陵 
 南陽郡      l゙●昆 陽 ●エン,,ll
            ,ll   ,,,,,lllllllllllll゙゙゙゙°        
            l!  .,l!°               
                    汝南郡 




   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   さっきも言ったけど、陽関は洛陽から頴川→南陽方面へ
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   進入するとき、通ることになる関所ね!
6 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:56:34.71 ID:cJbXGvEo

         ___
       /     \ もちろん いつまでも持ちこたえられない
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  だろうけど……
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/    数日経って、宛が落ちそうだったら 撤退するお。
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄     将兵のみなさん! お願いするお!
.      |          |
7 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:56:53.04 ID:cJbXGvEo

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    いやです。
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ   
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ u-u
       `u-u' `u-u'        



         ____
       /::::::::::  u\     お?  
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      
    /:::::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/    
    ノ::::::::::u         \ 
8 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:57:08.99 ID:cJbXGvEo


      ∧,,∧  .∧,,∧   百万の敵とか、怖いので逃げます。
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)  
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`  パッ
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ
       `u-u' `u-u'    
12 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:57:46.68 ID:cJbXGvEo

        /⌒  ⌒\         別に全滅するまで死守せよとかじゃなくて……
      / (●) (●)\
     / U  (__人__)   \        少しの間でいいんだお。
     |       |::::::|     |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   頃合いを見て 逃げるって……
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /     
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
        

      パッ 
∧∧              でも最初は戦うんでしょ?
(´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧
| U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`   そんな不利な戦い、 聞いてません。
 u-u (l 将  ) ( 兵 ノ
      `u-u' `u-u'        
13 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:58:07.31 ID:cJbXGvEo

       ___
     /   ヽ、_ \     でもね?
    /(● ) (● ) \   
  /::  (__人__) :::::U \  ここで逃げたら、やる夫たちが
  |  l^l^ln ⌒´       |
  \ヽ   L        /  派遣された意味、ないんだお?
     ゝ  ノ
   /   /
       


  ∧∧
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧    嫌なものは嫌なの。さようなら。
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐` 
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ
       `u-u' `u-u'        
15 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:58:22.68 ID:cJbXGvEo


     パッ



   多くの将兵は、百万の軍勢に恐れをなし、やる夫の意見を聞かずに

   昆陽城へ退いてしまった。
16 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:58:41.02 ID:cJbXGvEo

      ____
     /ノ   ヽ、_\    ちょ、なに あいつら!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  挙兵当時のハングリー精神はどこ行ったアアア!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     

17 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:59:04.41 ID:cJbXGvEo


         |:ヽ\   / |    ここに連れて来てるのは、挙兵当時の兵より、  
         |:::::ゝ ` ̄  |   
          /´  ,    、 ヽ   南陽の主力を破ってからか、 頴川で参加した奴らの
       {   u    ゝ   |
          ヽ、   ー  ノ            割合が高いからな……
         _>   /〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
        /      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/



         , '` 、 ___ 
        /  /  /  いわば、勝ち馬に乗りたい奴らだ。
        /    /  
       iノ ヽ    ヽ  いきなり こんな不利な戦いじゃ、尻込みするのも   
       `_   u  i  
        \   _/  無理はない……
        >
       /     /
 
19 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:59:33.80 ID:cJbXGvEo


       ____
     /      \     そ、そんな!
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



河  ll|  ', ×陽関   潁川郡   ゚゙ll,,、   
南 .,ll   `'-、                  ゙lll,、   淮陽国
  ,ll′   ‘―ー''''―-、          lli   
  .'l|           |              !i、  
llllllll,           〔           li  
  .゙゙゙lll,,             ゙l(,潁水)        ,,ll!″
    .゙li,          ゙ヽ,、      .,,,llll゙°  
    .゙゙llllllllll,,,,       ‘i、      ll,    
        ゙゚゙lll,       ゚く    ,,,,,ll"    
          ,l        く   ,l
          ,l         ヽヽ,l 
             ,l|           ,l●定陵 
 南陽郡      l゙●昆 陽 ●エン,,ll
            ,ll   ,,,,,lllllllllllll゙゙゙゙°        
            l!  .,l!°               
                    汝南郡 



      多くの将がたてこもることを拒否したことから、

      やる夫も昆陽まで退かざるを得なくなり、

      討伐軍は陽関を苦もなく攻略してしまった。
20 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 15:59:52.99 ID:cJbXGvEo

<陽関>

     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i     ここで 待ち伏せしているものと
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i    思っていましたが……
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   杞憂だったようです。
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i   
   !|(  __  |::|r':゙;;:::.i
   |::::>-=jノ〉ュ:::゙;;::.i
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )



           /⌒ヽ
           | ∩ |          我が軍に恐れをなしたでおじゃるか?
            !, U ,!
           ooo           反乱軍は腰抜けぞろいでおじゃるなあ!
       ,、-''^ ̄ ̄ ̄ ̄^''-、,
     /     _  ∧   _   ヽ
    /  ./  ̄- ̄   ̄- ̄ヽ  ヽ
   /    i (__ ̄'_)  (_' ̄_) i  \
  <. ___ !   ̄      ̄  !____ >
       ヽ、.__ ∇ ___ ノ
        /     ̄    ヽ
21 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:00:18.53 ID:cJbXGvEo



<昆陽>



  __,冖__ ,、  __冖__   / // / ̄\
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ / |    | )) ピクピク   クソったれが!
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /  \_/
  __,冖__ ,、   ,へ        (( |  ))         このままじゃ敵が、
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//  ̄ ̄ ̄ \
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /   ::\:::/::\     頴川を素通りして南陽へ向かっちまうじゃねえか!
   n     「 |         < ●>::::::<●\
   ll     || .,ヘ   /    ` (__人__)  | 
. n. n. n  ヽ二ノ__  {      |r┬-/ ' |  
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ   ` ⌒´ /
  o  o  o     (,・_,゙>  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

22 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:00:43.72 ID:cJbXGvEo

    ∩___∩    
    | ノ\   ,_ ヽ  伯升たちが宛を落とせたかどうか、
   /  ●゛  ● |   . 
   | ∪  ( _●_) ミ  まだわからないクマ。           
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ  包囲中に背後を衝かれたら、最悪クマー……
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
23 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:01:11.28 ID:cJbXGvEo

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|  ど、どうしたらいんです?
..   |:::::::::/ .ゝゝ 、_,ノ .|  
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   ぼくたち負けちゃうんですか?
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |  u   |r┬-|  |  何か打つ手はないんですか?
    \    `ー'´ /  


       ____
      /      \
     /_,   /   \    あえて 選択するなら…… 高祖劉邦が 彭越にさせたみたいに、
   / (ー) "(ー)    \   
  |    (__人__)   ∪  |   敵軍の背後でゲリラ戦かお……
   \  ⊂ !、∩     ゙i
     |  | !、_ \ /  )
     |  |__\  ” /
     \ ___\ /
24 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:01:54.84 ID:cJbXGvEo

  漢王朝の祖、劉邦は、宿敵項羽との戦いの折、

  配下の彭越(ほうえつ)に項羽軍の背後を衝かせ、

  項羽軍の食糧を焼くこと等で兵糧不足に追い込み、

  その軍事行動を鈍らせた。


         -――- 、
         \  ●   >
          \  /                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | l l7_   / ̄Z       /  煮て良し!  \
          -┴ ヘニへ ̄`‐- 、/ヽ   <                  |
       /   (___,l     ヽ=ヽ    \ 塩漬け良し!! |
      「 ̄ヽ 、    、、、  _ノ_ノ ヽ=|      \______/
      L__\   ___ノ _ノ_ノ_ノ .V
      |___/   川川_ノ_ノ_ノ _ノ|
       |       川川_ノ_ノ _ノノ |
       ヽ,, -┬-- 、   ノ _ノ ノ  |___
       /;::;:`:::|   )          ―- <
      (:;::::`:::`::::::|__/  ___,, -‐'ヽヽ  \/
       '\::;:::`;丁  ̄ ̄\――‐ヽ,   \ヽ/
        '\':,:::l,,ヘ,    '\::`::::;::)    V
          'ヽ';::::::(_     'ヽ、:`:::`ー、,
           \;;;;:)      ~`ヽ;:::ヽ,
            ~~''’      rイ:::::::::::)
                       ̄ ̄ ̄
         
        彭越 (?~紀元前196年)
25 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:02:24.79 ID:cJbXGvEo

      漢王朝の子孫である やる夫も この事例を知っており、

      今回に応用しようとしたのだが……




      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    いやです。
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ   怖いです。
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ u-u
       `u-u' `u-u'        
27 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:02:58.98 ID:cJbXGvEo

      ____
     /ノ   ヽ、_\    
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  やっぱりかアアア!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    もう 勝ち目なさそうだし、
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    俺たち自分らの本拠地に帰ろうと思うの。
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ u-u
       `u-u' `u-u'        
 
  家族とか、財宝とか大事だしねー。
28 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:03:29.27 ID:cJbXGvEo


         ____
       /       \    あのねーあんたら、今、この城に集まってる兵力は
      /   _ノ  ヽ__\
    /     ( ●)三(●)\   一万人足らずだお?それが分散したら、
    |       (__人__)    |  
     \       |r┬-|  /  ますます勝ち目がなくなっちゃうんだお?
    ノ       `ー'´   \

       


       / ̄ ̄ ̄ \      今、一時的に安全な場所に逃げても、
      /  \:::::::::/ \   
    /   <●>::::::<●> \   最終的には反乱の罪で殺されるお。  
    |     (__人__)    | 
    \     ` ⌒´   /   だったら、ちょっとの間がんばって、
                     
                     生き延びる道を選ぶべきだお?
30 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:04:02.63 ID:cJbXGvEo

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    とにかくいやなものはいや。
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ   こわいこわい。
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ u-u
       `u-u' `u-u'        
33 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:04:20.67 ID:cJbXGvEo

   さよなら。


          パッ





      ____
     /ノ   ヽ、_\    
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  まーた逃げやがったアアアア!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     
34 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:04:41.01 ID:cJbXGvEo

             ドドドドドドドドドドドドドドド……

              ‐=≡   ∧ ∧                   ‐=≡   ∧ ∧
             ‐=≡   (;´Д`)                ‐=≡   (;´Д`) 
            ‐=≡_____/ /_               ‐=≡_____/ /_
          ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
         ‐=≡  / /  / 将  /\ \//       ‐=≡  / /  / 兵  /\ \//
        ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/       ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
          ‐=≡    /    /                ‐=≡    /    /
           ‐=≡   |  _|__                 ‐=≡   |  _|__
            ‐=≡  \__ \               ‐=≡  \__ \
             ‐=≡ / / /                  ‐=≡ / / /
  ``)        ‐=≡  // /         `)        ‐=≡  // /
   `)⌒`)    ‐=≡ / | /           `)⌒`)    ‐=≡ / | /     
    ;;;⌒`)   ‐=≡ / /レ             ;;;⌒`)   ‐=≡ / /レ      
  ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)             ⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)       

         ケッ、こんなクソ戦場                だよな、

         いて られっかよ!                 逃げるが勝ちだ!
36 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:04:59.70 ID:cJbXGvEo

      メ ,, -──- 、._\ 
    メ/ u    ゚ 。 \\    あ、あいつら……
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
     |┃
37 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:05:18.78 ID:cJbXGvEo


         ドドドドドドドドドドドドドドド……


      ∧ ∧   ≡=‐                   ∧ ∧   ≡=‐              
     (´Д`;)   ≡=‐                (´Д`;)   ≡=‐             
     _゙i ゙i_____≡=‐               _゙i ゙i_____≡=‐            
∩.   / "   __. ゙i  ≡=‐        ∩.   / "   __. ゙i  ≡=‐          
\\/ /゙i  将゙i  ゙i ゙i  ≡=‐       \\/ /゙i  兵 ゙i  ゙i ゙i  ≡=‐         
 \_/.  ゙i    ゙i  ゙i_⊃  ≡=‐       \_/.  ゙i    ゙i  ゙i_⊃  ≡=‐        
        ゙i    ゙i    ≡=‐                ゙i    ゙i    ≡=‐          
       __|_  |   ≡=‐                 __|_  |   ≡=‐           
      / __/  ≡=‐               / __/  ≡=‐            
      \ \ ゙i ≡=‐                  \ \ ゙i ≡=‐             
        \ \゙i  ≡=‐        (´         \ \゙i  ≡=‐        (´´  
          ゙i | \ ≡=‐    (´⌒(´           ゙i | \ ≡=‐    (´⌒(´   
           、.|\ \ ≡=‐   (´⌒;;;             、.|\ \ ≡=‐   (´⌒;;;    
             ( ̄  ) ≡=‐(´⌒(´⌒             ( ̄  ) ≡=‐(´⌒(´⌒;;  

                     ただいま!
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:05:28.93 ID:ZNWlUfYo
あれ?
39 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:05:35.21 ID:cJbXGvEo

      ____    
     /ノ   ヽ、_\     あれエ?
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  戻ってきた?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     



      彡  _  __   ミ
       /  三 u   \          
      /ノ   三    \ \    どうしたんだお?
    / (●)  三   (●)  \  
    |   (__人 三 _人__)   |
    \ u.` ⌒ 三 ⌒ ´  /
    ノ      三     \         
  /´       三       ヽ
42 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:06:03.52 ID:cJbXGvEo

   __
  γ偵⊥       ……やる夫将軍。
  /_」゚Д゚)      
   察 (y) つ    えらいことになりました。
   ∪/ ゝ      
   し"し"      例の百万人の新軍が……
            


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \  百万が……?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |  まさかもう、宛に到着したのかお?
     \ u.` ⌒´      /
44 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:06:27.76 ID:cJbXGvEo

  γ偵⊥       ……いえ、
  /_」゚Д゚)      
   察 (y) つ    この城に向かって進軍してきます。
   ∪/ ゝ      
   し"し"      
            


         ____
       /      \    こちらに向かって……
      /  _ノ  ヽ__\   
    /    (─)  (─) \   
    |       (__人__)    |  なんだそんなことか……
     \            ,/  
    ノ           \
45 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:06:43.42 ID:cJbXGvEo

         _____
      / '⌒ヽ  ; '⌒゙\          ┏━━━┓             ┏━━━━━┓
     /              \          ┗━━━┛             ┃┏━━━┓┃
   / / ̄  ̄\   /  ̄ヽ:  \     ┏━━━━━┓           ┃┗┓    ┃┃
  /   |   ○  |  {  ○ |   |\    ┗━━━━┓┃           ┗━┛    ┃┃
/    ヽ     ノ   ヽ   ノ     \        ┏┛┃                 ┏━┛┃
|  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒      |       ┏┛┏┛                 ┃┏━┛
|          `┬─'^ー┬'′       |     ┏┛  ┗┓    ┏━━┓     ┃┃
\         /  ̄ ̄ ̄ ̄       /     ┏┛┏━┓┗┓  ┗━┓┃     ┗┛
  \    /        |:    /     ┏┛┏┛  ┗┓┗┓  ┏┛┃     ┏┓
        ,          |          ┗━┛      ┗━┛  ┗━┛     ┗┛
       '          |:! 
       {          リ 
      .  `=ニ二ニ= '.::::

47 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:07:48.41 ID:cJbXGvEo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   しつこいようだけど、反乱軍も、新王朝も、
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   目下の目的は宛を確保すること。

         で、やる夫たちのいる昆陽城は

         宛へ行くための関門でも何でもないから、

         急ぐんだったら放置するのが当然なわけ!

49 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:08:34.35 ID:cJbXGvEo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ だからこそ戦いを嫌がった諸将は昆陽へ逃げ込み、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 逆にやる夫は昆陽から出て戦うことを主張したわけだが……
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
50 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:08:52.49 ID:cJbXGvEo

  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \     そんなバカな!見間違いに決まってるお!
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \  
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |   
  |┃       \    ` ⌒ ´    /   
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

        
  しかし、昆陽城の城壁から、やる夫が眼にしたものは……
51 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:09:11.15 ID:cJbXGvEo

       | |                 | |             | |
       ┃                 ┃             ┃
    /i/i  ┃ ___           /i/i  ┃ ___        /i/i  ┃ ___
  /・ 彡.┃/新`ヽ        /・ 彡.┃/新`ヽ     /・ 彡.┃/新`ヽ   
 (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ      (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ   (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ  
    | \彡Oニ)<;;>         | \彡Oニ)<;;>      | \彡Oニ)<;;>     
   ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ      ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ   ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ
  / へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿))   / へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿))/ へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿))
 ヾノ  く <  / / / ((   ヾノ  く <  / / /  ヾノ  く <  / / / ((
      ヾノ  ヾ〈 く    ))      ヾノ  ヾ〈 く    ))   ヾノ  ヾ〈 く    ))
       | |               | |               | |
       ┃               ┃               ┃
    /i/i  ┃ ___         /i/i ┃ ___         /i/i  ┃ ___
  /・ 彡.┃/新`ヽ      /・ 彡.┃/新`ヽ       /・ 彡.┃/新`ヽ   
 (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ    (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ     (ゝ、ノ ,彡 <(ω・;l ヽ  
    | \彡Oニ)<;;>       | \彡Oニ)<;;>       | \彡Oニ)<;;>     
   ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ    ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ    ,へ===|ヽ三ヽゝ ヽ
  / へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿)) / へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿))  / へヽ >_ヽ__ヽ_,)_|=丿))
 ヾノ  く <  / / / (( ヾノ  く <  / / / (( ヾノ  く <  / / / ((
      ヾノ  ヾ〈 く    ))    ヾノ  ヾ〈 く    ))     ヾノ  ヾ〈 く    ))
エイエイオー! エイエイオー! エイエイオー!エイエイオー!エイエイオー! エ

52 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:09:29.57 ID:cJbXGvEo

         ____
       /::::::::::  u\        なんて騎馬の数だお……
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    本当に、百万全部がこちらへ……?
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/    
    ノ::::::::::u         \ 
55 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:09:47.46 ID:cJbXGvEo

     新          新        新            新           新       _
    /´_ヽ        /´_ヽ      /´_ヽ         /´_ヽ         /´_ヽ
 ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>
 ./・ ・,ミ:と{::)     ./・ ・,ミ:と{::)    ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)
 (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ
//ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ
 ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|  / ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|    / ( へ /:/|.|
  ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U     ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U       ヾ i | |‐"U
   ` | |          ` | |         ` | |          ` | |          ` | |
    ,U           ,U          ,U           ,U           ,U
       
      ドドドドドドド……    ドドドドドドドド……  ドドドドドドドドドドド……  


        ____
    /::::::─三三─\    まだ続くのかお。
  /:::::::: ( ○)三(○)\  
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  百万の軍勢、実際に目の当たりにするとすごい物量だお……
   \:::::::::   |r┬-|  ,/ .        
   ノ::::::::   `ー'´  \         
57 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:10:13.16 ID:cJbXGvEo

   ,ハiヽ.. . /´新ヽ          ,ハiヽ.. . /´新ヽ           ,ハiヽ.. . /´新ヽ
  ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i         ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i          ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i
. (。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡(。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡 (。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡 
     ノ    ∪"     )      ノ    ∪"     )       ノ    ∪"     )
    ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ      ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ       ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ
   //( ノ     ノ.ノ (       //( ノ     ノ.ノ (       //( ノ     ノ.ノ (
   //  \Yフ .. 〆 .い     //  \Yフ .. 〆 .い      //  \Yフ .. 〆 .い
  .(ノ      くノ   //     .(ノ      くノ   //      (ノ      くノ   //
             くノ  =3=3          くノ  =3=33          くノ  =3=3
 ,ハiヽ.. . /´新ヽ          ,ハiヽ.. . /´新ヽ           ,ハiヽ.. . /´新ヽ
ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i         ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i          ノ"・,,'' ミl从゚- ゚.i
。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡(。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡 (。,,/ )  ヽミ⊂ )/⌒\ミミ彡
   ノ    ∪"     )      ノ    ∪"     )       ノ    ∪"     )
  ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ      ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ       ( 、 ..)___彡(  ,,.ノ
 //( ノ     ノ.ノ (       //( ノ     ノ.ノ (       //( ノ     ノ.ノ (
//  \Yフ .. 〆 .い     //  \Yフ .. 〆 .い      //  \Yフ .. 〆 .い
(ノ      くノ   //     .(ノ      くノ   //      (ノ      くノ   //
           くノ  =3=3          くノ  =3=33          くノ  =3

 パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ
58 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:10:31.54 ID:cJbXGvEo

          ____
        /      \          …………
      / (○) (○)\
     / U  (__人__)   \        
     |       |::::::|     |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /     
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
59 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:10:51.77 ID:cJbXGvEo




            新                    新
          ( ω・ )                ( ω・ ) 
     ,イ;;イ;、'ヤ' )i:::,,ノヽ            ,イ;;イ;、'ヤ' )i:::,,ノヽ
    /ゝ::::i:';'\)""ノヘ ノ           /ゝ::::i:';'\)""ノヘ ノ
    '、:::,ノノ::::::: ̄ー\`ヽ          '、:::,ノノ::::::: ̄ー\`ヽ
   /,._ノ´ヽ::::: ..  :::丶V 、__--~ 、   /,._ノ´ヽ::::: ..  :::丶V 、__--~ 、
   \ノ   )::::.  ::: :: :iゝノ ヽ::: :::::ヽ";"\ノ   )::::.  ::: :: :iゝノ ヽ::: :::::ヽ";":
        /:::::: :::: ::::::: !,,-- ̄::: :::::::::/"";;;;;;;::::  /:::::: :::: ::::::: !,,-- ̄::: :::::::::/"";
        (、:::::::::::::::://::,,:::::::::: :::/    ""  (、:::::::::::::::://::,,:::::::::: :::/  
        | :` :::ソ::::,/ノ;;" \:: ::/         | :` :::ソ::::,/ノ;;" \:: ::/
       /::/ヽ:.'"      ):八        /::/ヽ:.'"      ):八
     // /      // ヽヽ     // /      // ヽヽ
    /_i  |:|       /_ソ    |:|     /_i  |:|       /_ソ    |:|
       `_(           ||        `_(           ||
            新                    新       '-`
           ( ω・ )                ( ω・ ) 
     ,イ;;イ;、'ヤ' )i:::,,ノヽ            ,イ;;イ;、'ヤ' )i:::,,ノヽ
    /ゝ::::i:';'\)""ノヘ ノ           /ゝ::::i:';'\)""ノヘ ノ
    '、:::,ノノ::::::: ̄ー\`ヽ          '、:::,ノノ::::::: ̄ー\`ヽ
    /,._ノ´ヽ::::: ..  :::丶V 、__--~ 、   /,._ノ´ヽ::::: ..  :::丶V 、__--~ 、
    \ノ   )::::.  ::: :: :iゝノ ヽ::: :::::ヽ";"\ノ   )::::.  ::: :: :iゝノ ヽ::: :::::ヽ
        /:::::: :::: ::::::: !,,-- ̄::: :::::::::/"";;;;;;;::::  /:::::: :::: ::::::: !,,-- ̄::: :::::::::
        (、:::::::::::::::://::,,:::::::::: :::/    ""  (、:::::::::::::::://::,,:::::::::: :::/
        | :` :::ソ::::,/ノ;;" \:: ::/         | :` :::ソ::::,/ノ;;" \:: ::/
        /::/ヽ:.'"      ):八        /::/ヽ:.'"      ):八
      // /      // ヽヽ     // /      // ヽヽ
     /_i  |:|       /_ソ    |:|     /_i  |:|       /_ソ    |:|
        `_(           ||        `_(           ||
                    '-`                    '-`
ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!ザッ!
60 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:11:12.30 ID:cJbXGvEo



         
        / ● ●ヽ                   / ● ●ヽ
        ゙{ ω  ,|!'_                  ゙{ ω  ,|!'_
       ,. -ヽ  ノ,.、 ̄`ヽ、  ,.、          ,. -ヽ  ノ,.、 ̄`ヽ、  ,.、
     / i´ ` ̄´/;::|  _,! ;. ヽ、ノ:;|         / i´ ` ̄´/;::|  _,! ;. ヽ、ノ:;|
    / `, ゝ- '   {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}        / `, ゝ- '   {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
    /  ;. ,. - 、  ゞ彡彡ニミミッ;;/        /  ;. ,. - 、  ゞ彡彡ニミミッ;;/
   /    !l   l  彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、       /    !l   l  彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、
   !     ! ,二´ ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ       !     ! ,二´ ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
   |     l:l   ゙i .: ト'',.´;,新  ',;:.:"〈        |     l:l   ゙i .: ト'',.´;,新  ',;:.:"〈
   l   ,ノ`ー-,、_:: ヒヘ'' :゙;, ,;"::;イナ〉       l   ,ノ`ー-,、_:: ヒヘ'' :゙;, ,;"::;イナ〉
   ヽ、´   ´ /`ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l        ヽ、´   ´ /`ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l
     `ッ''"´ ̄`>'´;|ト;:;.: : :; ;::.:.:.::;::|!         `ッ''"´ ̄`>'´;|ト;:;.: : :; ;::.:.:.::;::|!
     |/´    |;;;r='l.}:; : :.:; ;:.:.:.::;::||ヽ        |/´    |;;;r='l.}:; : :.:; ;:.:.:.::;::||ヽ
     /    /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)!:. !        /    /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)!:. !
    ,/ヽ、//:.`'; :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::|:. |       ,/ヽ、//:.`'; :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::|:. |
  // : : //イ:::: : :,'.:.; :.{、; ゙;:゙;;.:;"';}:::!、_!    // : : //イ:::: : :,'.:.; :.{、; ゙;:゙;;.:;"';}:::!、_!
/: / : : //'゙::::, : :;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ   /: / : : //'゙::::, : :;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
: : / =、/,.!::::: ; : : :,' :' : :.:.:ヾ;`´:;ソ::::::::.:,:.}!  /: : / =、/,.!::::: ; : : :,' :' : :.:.:ヾ;`´:;ソ::::::::.:,:.}!
;/:./´゙i |::: :; : :.; ': :.:.: :.:::::::: ̄::::::::::::.:.';.|}  !: ;/:./´゙i |::: :; : :.; ': :.:.: :.:::::::: ̄::::::::::::.:.';.|}
匕| :.:.:.:|/:.; ; : :.; :.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:ヾ!、 l: 匕| :.:.:.:|/:.; ; : :.; :.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:ヾ!、
.; : ;\;,ノ|:::; ': : :' :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.}i| l:.; : ;\;,ノ|:::; ': : :' :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.}i|
.'; :,:.:. : :.!|:::', : :.: :.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:!´ |:.'; :,:.:. : :.!|:::', : :.: :.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:!´
:. ':.:,::.:.:.:.:゙i|::::; :.:.;.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.}  !.:.':.:,::.:.:.:.:゙i|::::; :.:.;.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.}
.:::.:.';:.:.:.:.:ヾ、: ',:.:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l  !:.:::.:.';:.:.:.:.:ヾ、: ',:.:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l


      ブルヒヒーーン! ブルヒヒーン! ブルヒヒーン!
62 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:11:34.13 ID:cJbXGvEo


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  多すぎじゃあああああああ!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  |     |!!il|!|!l|     |   大軍ってレベルじゃねーぞ!
  |     |!!il|!|!l|     |
  \    |ェェェェ|     /    

         
63 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:12:19.35 ID:cJbXGvEo

        ____      
      /   ノ( \      なんでエエエエエエ?
     /   _ノ  ヽ、_.\   
   / ノ(  (◎)  (◎)\  なんでこっちに来るの?
   |  ⌒   (__人__)ノ(.|  
   \     |!!il|!|!l| .⌒/   意味わかんねーお!

64 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:12:39.67 ID:cJbXGvEo

 戸惑っているのは、反乱軍側だけではなかった。

 新軍の将、荘尤でさえも……



      l
      |      /       ,       | なぜ、宛へ急がないのです?
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!  この昆陽城は現在、
    j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   ! 重要なポイントではない……
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::! 捨て置いて、
   | l!:|.:::|!         u   |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::', さっさと宛へ急ぐべきです!
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、
66 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:12:57.78 ID:cJbXGvEo

              / ::::::::::::::::::::: ヽ    今、麻呂は百万の兵を率いているでおじゃる!
              | ::::::::::::::::::::::::| |
              | ::::::::::::::::::::::::| |   それなのに、こんなちっぽけな敵を捨て置いては
              | ::::::::::::::::::::::::| |
              | ::::::::::::::::::::::::| |   新王朝の威信に関わるでおじゃる!
             ___|_:::::::::::::::::::::::::|___|___
       _ ― ̄ __ ̄ ̄| | ̄ ̄____   ̄ ― _
     ―  :::::::::::: (|||||||ii:;;;ノ´ヽ;;ii||||||||)_:::::::::::::::::::::::: ― 、
     ̄:::::::::::::::::::::/  ̄         ̄   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /:::::::::::::::;;;;;;::::::/  ,, ―,,,,      ,,―,,,,  ヽ  _ - 、:::::::::::::::ヽ
_、:::::::::: r   Y  /l !!!!|||||li;     / !!||||li|ヽ  Y   ヽ:::::::::::::::::::ヽ
  `――|   \|  l ヽ;!!!|||l!|     ;!!!|||||!  l  |/   |――  ̄ ̄
      ヽ   |  ヽ   ̄ノ ・ ・ ヽ  ̄  ノ   |、  ノ
        ̄ !,   __     l-.-l     __   !  ̄
          ヽ, (:::::::)    |:::::|    (:::::::) ./
           '― ,_______ V _______, ―'
70 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:13:58.29 ID:cJbXGvEo


           /⌒ヽ
           | ∩ |         それに以前、麻呂は敵を囲んだとき
            !, U ,!
           ooo         生け捕りに出来ずに自殺させてしまって
       ,、-''^ ̄ ̄ ̄ ̄^''-、,
     /     _  ∧   _   ヽ    悔しい思いをしたでおじゃる!
    /  ./  ̄- ̄   ̄- ̄ヽ  ヽ
   /    i (__ ̄'_)  (_' ̄_) i  \
  <. ___ !   ̄      ̄  !____ >  そのリベンジをしたいでおじゃる!
       ヽ、.__ ∇ ___ ノ
        /     ̄    ヽ
71 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:14:23.88 ID:cJbXGvEo

     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i       そのようなこだわりなど、お捨てなさい!
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i      先に宛を落とせば、
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     この昆陽も進退窮まって降伏するはず!
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i    
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i    それが最上の策です!
   |::::>-=jノ〉ュ:::゙;;::.i   
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i
  |/     |   `!j;リ  
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )  
72 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:14:42.02 ID:cJbXGvEo


      / .;:;;;:\     いやあ、麻呂もこの城から攻めるべきだと思う。
     /;:;;;;;;:;:;:;:;;;;;;\  
    |:;;;:;:;; /ヽ、;:;;;;;;,!
    _」;:;;:;;;ノ!   ヾ;;;;;;|   王邑どのに賛成でおじゃる!
  ,イ.:.:::::::::::::ヽ   |;;;;;;|
  r‐'´ ̄`7ミミ゙,   |;;;;;;|
  j,,, 、、_  jミミミ!   !;;;;;;|
 fj!^仁` ,イミソ   |;;;;;;;|
  〈_,,``  ,イミリ   |;;;;;;;;|   
  }‐-  , イ^ヽ、  !;;;;;;;;!
  `フ"´//.::.::.`ヽ、;;;;;!
  ,イ爪7イ.::::::::::::;:;:;:ハ
  /::j;;:::;;:/::::;:;:;;:;:;;;:;/ .:.:`ヽ
/::.:j:::::;/:;:;:;:;;;:;:;;:;:/ .:.:.:.::::::゙,
/.::::j!:::/:::::;:;:;:;:;:;:;/ .:.:.:.:.::::::;:;;!
              
74 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:14:56.33 ID:cJbXGvEo


      l
      |      /       ,       | そ、そんな……
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、-''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!  
    j、,___}___ 、-‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   ! 
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::! 
   | l!:|.:::|!         u   |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::', 
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/--へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''- ̄´"7l:::'、
76 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:15:14.49 ID:cJbXGvEo

<長安>




               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l   王邑に王尋……
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  予言に記された配下とはいえ、
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l                 
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<   あの二人、ちょっとボンクラ気味の 
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/   ところがある。
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/      大丈夫でおじゃるかのお……
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
78 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:15:38.29 ID:cJbXGvEo

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」   まっ、百万もの軍勢がついておる。
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!  
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }   いかにボンクラでも、
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',  なんとかなるでおじゃろうて。
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /   
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /  
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /
80 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:16:18.10 ID:cJbXGvEo

 しかし、王邑・王尋のボンクラ具合は、王莽の斜め上を行った。

 時代というものは、

 時折現われるイレギュラーのせいで大きく変化することがある。


 この場合、新王朝側のイレギュラーが王邑・王尋であり、

 反乱軍側の、逆の意味でのイレギュラーが……
81 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:16:38.27 ID:cJbXGvEo

 
         _____
       / '⌒ヽ  ; '⌒゙\      
      /        ∪     \     
    / /´  `ヽ   /´  `ヽ \      どどどど、
   /  (   ● l    l ●   )  \
 /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \  どーする?
 |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
 |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
  \          |/⌒i⌒、|         /  どーするお?
   \       !、__,!    U  /
   /       、____,,      \
  /                        ヽ
  |  、                 ,   |

84 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:17:29.81 ID:cJbXGvEo


         ____      
       /   u \      将兵は戦意喪失してるし、
      /u.. ノ   \\     少しずつ、城を囲まれつつあるお!
    /    (●)  (●).\  
    |       (__人__)  J |   ___ 選択肢は……
     \  u   `⌒´   /  r / 7へ
    ノ           \ '/ / / /
    /       ─ '-─‐-─‐'⌒',
                  ∧
   ,.───────── '  'ー、
   ┌──┐┌──┐┌──┐
   |. 野. ||. 脱. || 篭 |
   |. 戦. ||    ||   |
   |.   . ||. 出. || 城..|
   |.  . ||    ||    |
   └──┘└──┘└──┘
86 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:17:54.05 ID:cJbXGvEo

  ①
        野戦。


     百万対一万。 勝てるわけ無い。

     

     間違いなく全滅。



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
89 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:18:09.93 ID:cJbXGvEo


 ②     

       脱出。

      百万の兵を目の前にして、

     どこへ上手く逃げおおせられるというのか。

     間違いなく捕まる。死ぬ。
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
91 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:18:44.32 ID:cJbXGvEo


       篭城。

     援軍の当てが無い篭城など、愚策中の愚策。

     そもそも反乱軍の主力は宛を包囲中で、

     やる夫たちは時間稼ぎのために頴川へ来た。

     なのに宛から援軍が来るはずが無い。

     来たとしても、宛の陥落後。いつになるのか判らない。死ぬ。

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /
92 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:19:03.01 ID:cJbXGvEo

番外    


      降伏。


                  新王朝相手に、ここまで派手にやらかした
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    やる夫たちが、今更投降したところで
   /  <○>  <○>  \.
   |    (__人__)    |  助かるわけが無い。
   \    ` ⌒´    /
   /              \   間違いなく、めちゃくちゃ酷い方法で処刑される。
94 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:19:21.98 ID:cJbXGvEo

       ____
     /      \      カスみたいな選択肢しかねーお……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



     / ̄\
     |    |    あえて選ぶとしたら、
     \_/
        |       ③の篭城だな。
   ./ ̄ ̄ ̄ \      
. ./  ::/:::\::::u.\    
/  <●>::::::<●>  \  少なくとも、時間稼ぎをするという
| u.  (__人__)     |   
\    .`⌒´    /   俺たちの任務は果たせるわけだ。
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
96 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:19:38.73 ID:cJbXGvEo

|" ̄ ゙゙̄`∩  足止めが成功すれば、
|,ノ  ヽ, ヽ
|ー   ー i  「反乱軍自体には」まだ、勝利の可能性が
| (_●_)  ミ
| ヽノ  ノ  残されるクマね……
{ヽ,__   )´
| ヽ   /  
         
98 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:19:57.89 ID:cJbXGvEo

|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/  僕たちは、高い確率で死ぬけどね。
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /    いいんじゃないか?
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |   ここまで王莽を苦しめ、
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /  伯升たちの勝利に貢献できるなら、
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                   僕は満足だ。
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /
99 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:20:14.71 ID:cJbXGvEo

       ____
     /      \   城を枕に討ち死に……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   それしかないのかお……
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /
100 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:20:40.19 ID:cJbXGvEo

            __ イ  _____ ,. イ 
        l  /´:::::://::::::::::::::::::::::::_:_:_:ノ  |  
        ノ|  |:::::::::/::::::::::}`::::ー-::、:::::::::::::\j
       {:::| /::::::::/:\:::::|ハ:::::::::::::ヽ::::::::::::::/   最後に一花咲かせて……
      __ヽ::V::::::/:::::::{ヽ::|::::|::::::::::::::::|::::::::::// 
     /::::::::_:::/::::::::::::::|::::l|::/|::::l:::::::::::|:::::::::{ {  ヽ
   ´ ̄/::::::::::|:::::::::::l::::::|_:_j/: :|::::l::::::::::|ヽr=ゝヽ ゞ  それから劉元たちの所に行こう。
    /::::::::::::::::::l:::::::::::ヽ::ヽ    |::::ト::::::::|、::ト==}ハ 冫
    /::/::::::::::::::::ヽ:::::::::::ト、ヽ   |::l l:::::| ,,zゝ_ノニコ    
   /:/:::::::::::::::::::::::\:::::::| `ヽ j/_,. j:丿 rz_=Y云ム
   〃|::::::::::::l::::::/:::::::::\::l  ,.ィ=''~-_=、 _」{ヒzj {|/ ̄  あの世でまた、
  /  !::::::::::l::::::l::::::::::::/ ヽ/r''´,.ィ云`|f ⌒辷. イ:
      |::::::::l:::::::|::::::::::::|___/{ /ヘ::tz:リ !}  `  }:. 
     |:::::::|:::::::|::::/´ヘヽ   \__´ - ´  ィ  /:.     踏んでもらえる。
     j:/|:::::∧/\ ヽ(_         ´ー' /-
       ヽ/  `   `ー个 、_         /      楽しみだなあ……
                |: .     ┬‐一'´   
                |: .      |_  ___,/




       ____
     /      \      義兄上……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /
101 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:20:56.14 ID:ZNWlUfYo
おいJUMwwwwww
102 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:20:58.00 ID:cJbXGvEo

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\   姉上……
     /    。<ー>:::::<ー>。 
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j チビたち…… 
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   ごめんだお。せっかく助けてもらった命なのに。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._ やる夫はここまでみたいだお。



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<ー>:::::<ー>。   ……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j 
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._
104 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:21:23.63 ID:cJbXGvEo

、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /




            _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
          (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
           c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',。
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
            /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
            !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ
              |   丁7´l! // (〉:::::::::::::::::::::/::::::::::::〈   |  | |  |   ヽ
            | /  / |l | _r/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  | ||  | |  |ヽ   ヽ
              /:L,、n_rn_rァ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::(   | | |   ! |  | ヽ
           {::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::}   |l | |  | |
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:21:42.71 ID:23dIZfAo
やる夫……
覚醒するか……
108 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:21:43.60 ID:cJbXGvEo

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<○>:::::<○>。   …………!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j 
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._




         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<●>:::::<●>。   …まだ、だお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j 
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._
111 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:21:58.86 ID:cJbXGvEo

      ん?
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )  どうした?
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃
112 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:22:19.49 ID:cJbXGvEo

                                           /⌒ヽ
     .l''',!     .r-、 .._.._     .r-、 .._.._     .,、〟         〉  /
  .广''''″.¨゙゙!  .  ,,,丿 {,,、、|_||_|   ,,,丿 {,,、、|_||_|  .v-l゙ .!-r/i、      /  /
  .゙l---, ぃ"  |     .|     .|     .|      .|   _,,{゙l .ヽ .   /  /
  r---┘.―'i、  "',! ./ニニニ、    "',! ./ニニニ、    ̄| .L,,,,,゙l,,i´ .   /  /
  |__ ._,,,,}  ..ノ .| |   l゙    ..ノ .| |   l゙     ./   ゙'i、 .  | /
  .,―-" |   .ノ .l゙ `"゙゙゙'"     .ノ .l゙ `"゙゙゙'"    ,i´,〟l゙゙^'i、 |     ¨´
  .l゙ .,,,,,, .\   l゙ .l゙ ,,       l゙ .l゙ ,,     .l゙ .|.} |  | .|    /⌒ヽ
  | し,,l゙ .、 ゙,! , l゙ ,l゙.i".゙゙'''''"!   l゙ ,l゙.i".゙゙'''''"!    ゙l .″.|.,!'''゛ l゙  ヽ__ノ
  .゙l,__.,/`∪  ゙〃 .`ー--     ゙〃 .`ー--      .゙'--ヽ{,,,./  .
 
        \    _..。 -‐‐‐‐‐- 。 __../
         \ /         /_`ヽt‐-、.
         /\   i :! :i  ../‐、 , \`、  ,`'ヽ、.__
        / / ̄`ヽ-' ヽ`ー´〈。ョ;;メ.._ ..冫'<  ̄. ̄/ 
       / ' .〈9;;;')!      ゙゙゙゙ , .      `ヽ、 'ヽ.  
     ./`ヽ  ''゙´ ,    人      ,;i           ヽ  `,   
      ヽ´/    (__,..ィ:::::::`ゝ--‐'};}        ,/ ..>.┐
      !ii.        };}::::::::::::::::::::::::::::};}       ./ / :;i  
     ii          };}:::::::::::::::::::::::::::::};}      .ヽ´`ヽ、.:;i   
      / `\       };}::::::::::::::::::::::::::::::};}      ..冫 ::>'    
    ヽ. . '´|         };}:::::::::/⌒u⌒i::::};}      _ -' ::/
     ヾ.___ヽ、     };};;;;;;;.ヽ、_,../.;;;;.};}__..。-=..-‐´`_ヽ.      
      ` `'‐-=。..__、__.}};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}}〃'´ ..。- '  |       
           / _.ン};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}}i| ´´    /´
             |, ̄__.}};;____......。--一‐-}}iト、__,,.。/:〉        
           `ヽ./  ヾ" `;!;;;;;;;;〉、;;;;;;;;_./、  `.ヽ〈         
            /`ヽ、ヽ.,./}ヽ'´  `゙゙´/、 `ヽ〈_./::V
              /   , .イ'´  } `ゝ  く.〈  `ヽ /.:.:.::〉
114 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:22:35.99 ID:cJbXGvEo

         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/
           |    
       / ̄ ̄ ̄ \て              
      /     丶  .\そ      !
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/
     /           \    



   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |て 
  |    ( _●_)  ミそ  !
 彡、   |∪|  、`\  
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/ 
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
116 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:22:55.82 ID:cJbXGvEo

       ____
     /\   /\    どうせ死ぬのなら!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \   最後に試してみたいことがあるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  
  \    |ェェェェ|     /
                  みんな、  聞いてくれお!
 


               / ̄\
               |    |
               \_/
                 |           お、おう。
              / ̄ ̄ ̄\   
        ,,,    /::\:::::::/::::  ヽ
      (_⌒丶   |<●>:::<● >  ヽ
        ヽ  ヽ } (__人__)     |
         丶   ´、 `⌒ ´ u  /   
           ヽ,,,        、 ̄ ̄ ⌒)
             |         /''' '''""
             |          . |
117 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:23:15.87 ID:cJbXGvEo

         ____ 
       /      \    まず、やる夫と信用のできる
      /  _   ヽ__\   
    /    (─)  (─) \   最低限の手勢で……
    |       (__人__)    |
     \            ,/   夜にまぎれて、城を脱出するお。
    ノ           \




          / ̄\                        
         |     |                        
         \_/      ……それから?                   
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\                                     
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       
118 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:23:32.89 ID:cJbXGvEo

          ____
       /  \ /\
      / (●) (●)\     それから、エン、 定陵を回って、
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     |   かき集められるだけの兵力を集め……
     \       l;;;;;;l    /  
     /     `ー'    \
119 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:23:47.61 ID:cJbXGvEo

          ___    
       /:::::::   \     
      /::::::::\三三 /\     昆陽へ戻って来て、
    /:::::::: ( ⑪)三(⑪)\  
    |:::::::::::::::::: (__人__)   |   城を包囲中の敵軍の背後から、
     \::::::::::::::: |r┬-/' /   
    ノ::::::::::   ` ⌒´  \   特攻をかけるお!


120 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:24:03.27 ID:cJbXGvEo


        / ̄\
        | ! |
        \_/
         _|__
       /      \  
      /   - :::::: -\  
    /    <◎>::::::<◎> \     
    |      (__人__) u.   |   
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \




    ∩___∩    
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ◎゛  ◎ |   . 
   | ∪  ( _●_) ミ             
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /


122 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:24:22.37 ID:cJbXGvEo

       / ̄\     
      |     |
      \_/    恐怖で脳味噌おかしくなったかアアアア!
.      _|__
     / \i||i/\  
   / <◎>::::<◎>\
  /   ⌒(__人__)⌒ \  
  |  ノ(   |r┬-|    |  
   \⌒    `ー'´   /  |                     
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・   ソマリア!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

124 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:24:39.32 ID:cJbXGvEo

     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\ 
     /    (__人__)   \    …んなもん、やけくその玉砕じゃねえか!
     |       |::::::|     |    何の意味もねえだろが! 
     \       l;;;;;;l    /l!|    
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
125 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:25:05.72 ID:cJbXGvEo

          ___    
       /:::::::   \     
      /::::::::\三三 /\     やけくそじゃないお。
    /:::::::: ( ●)三(●)\  
    |:::::::::::::::::: (__人__)   |   玉砕じゃないお。
     \::::::::::::::: |r┬-/' /   
    ノ::::::::::   ` ⌒´  \   意味ならあるお!



          / ̄\                        
         |     |                        
         \_/                         
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\     なにッ……!                                
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \   
130 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:26:13.07 ID:cJbXGvEo

               
     /≡)      /ミ ヽ     百万の軍勢がこの城を囲むとなれば、
  . /_ノ  _______ ヽ_ \
  / /  ./::\::::::/::\  \ \  幾重にも陣を敷いて取り囲み、  
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  > )   
  \ `/u  (__人__)    \'./ ぎゅうぎゅうの状態になるはずだお。   
    ヽ|      `⌒´  u   |/   
      \             /   しかも この状況で、援軍がくるとは
                 
                      考えていないはず……


     , -──-、
   /       \       
  /   \   / \       だから やる夫たちが背後から攻めれば!
/   (●)  (●) \    
|      (__人__)'    |   /  陣形も、心がまえ的にも、すぐには対応できない!
\、     `⌒´    /  //
(⌒ヽ         ィヽ  //  
l\  \    ,   |  //    敵の本陣を突き、 大将の首を取る事だって
|  \,,  \  |  | //
|    \  \_ ヘ//      不可能じゃねーお!
|     \_r' ソイゝ       
|        r_ゝィ'〆
         
131 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:26:32.17 ID:cJbXGvEo

               / ̄\
               |    |     ……たしかに、
               \_/
                 |       多数を相手にした戦いでは、
              / ̄ ̄ ̄\   
        ,,,    /::\:::::::/::::  ヽ  大将を狙って、
      (_⌒丶   |<●>:::<● >  ヽ
        ヽ  ヽ } (__人__)  u  |  指揮を崩すことが定石……
         丶   ´、 `⌒ ´    /   
           ヽ,,,        、 ̄ ̄ ⌒)
             |         /''' '''""
             |          . |



         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/    だけどよ。相手は百万だぜ?
           |    
       / ̄ ̄ ̄ \     そんな常識、通じるのかよ?        
      /     丶  .\      
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/
     /           \    
133 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:26:58.62 ID:cJbXGvEo


       ___
     /      \     通じるお。
    /(○ ) (○ ) \   
  /::  (__人__) :::::  \  敵の軍勢には、
  |  l^l^ln ⌒´       |
  \ヽ   L        /  ブレーンとして六十三流派の兵法家がいるらしいお。
     ゝ  ノ
   /   /           でもそれは、作戦を採用する大将がいなくなれば、
            
                  色々な方針の者が争って収拾つかなくなるということ……
135 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:27:30.34 ID:cJbXGvEo


          ___
         /      \      
     ,---、  \    /\―、     大将首をとれば百万は瓦解する!
      .l   l  (●)  (●) \ |     
     |    |    (__人__)    | |    そうすれば新王朝の権威は地に堕ち、  
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /     
      ゝ      |ェェェェ|   ノ
      \         /       今回みたいに、全国の官吏、有力者は
       /          |
      /          |        軍隊を送り出さなくなるお!

137 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:27:50.19 ID:cJbXGvEo

          ____
       /  \ /\    つまり この状況は!
      / (●) (●)\     
     /    (__人__)   \   最大のピンチだけど、
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !  王莽を倒す、最高の好機でも
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    
   (   丶- 、       しE |そ   あるんだお!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl
138 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:28:02.77 ID:xF4/JUIo
王邑、王尋は中国愚将百選にもノミネートされてたなあww
139 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:28:16.22 ID:cJbXGvEo

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |        (最大のチャンス……?)
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ::\:::/::::\   (こいつ、この状況で何て発想を生みやがるんだ)  
  /   <○>::::::<○> \   
  |     (__人__) u  |   
  \     ` ⌒´   /   
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │


 

    ∩___∩    
    | ノ\   ,_ ヽ  無茶苦茶クマ。
   /  ●゛  ● |   . 
   | ∪  ( _●_) ミ    でも、だけど……         
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
141 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:28:49.46 ID:cJbXGvEo

         |:ヽ\   / |     ( 窮鼠だと思ってた俺たちが。
         |:::::ゝ ` ̄  |   
          /´  ,    、 ヽ    逆に王莽にとどめをさせる……?)
       {  u     ゝ   |
          ヽ、   ー  ノ
         _>   /〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
        /      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ  (ちょっと……魅力的かもしれない)
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.| 
..   |:::::::::/ .ゝゝ 、_,ノ .|  (そう思えてしまう……)
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |  u   |r┬-|  | 
    \    `ー'´ /  
144 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:29:08.90 ID:cJbXGvEo


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |    面白そうな賭けだな。
     7   , -- 、, --- 、  ヽ   
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ   俺は、乗った。
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |
   /  <  / ▼ ヽ u  >   、 
  く彡彡   _/\_    ミミミ ヽ
   `<             ミミ彳ヘ
 
146 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:30:13.24 ID:cJbXGvEo

                          __
                         <:.:.:.:.:.: \
           _________  \:.:.:.:.:. : \
          ∠_:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,}:.:.   :. . \
             \:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:  : .:.\
            _. -  ̄ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : }
       _. -  ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ://\      僕も賛成するよ。
     ∠ ..:.:.:.:.:._ .-‐  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ .-‐ ":.:.:, へ. : ._.-‐.:.:.:.:.:.:. .. \
       > .:.:.:.:.:.:.:.:./: ..:._ .-‐ "::.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . .: \
     ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_ .-‐ " /:.::.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ゞ:.:.: :>
    / .:.:.:.:.:.:.:.:.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄   そうだな。
  ,/ .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
∠ - '  ̄ フ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
     /:.:.:.,/i:i/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
    ./:.:.:.,ィi:i:i:i:i/.:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄ 劉元に会う前に、
   /;./ イi:i:/‐'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
   /   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
       /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝもう少しあがいてみよう。
        //∠ --- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
     /       /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
           r┴┴ 、      : ::',          / ̄          踏んでもらうのは、
           /     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'
            /...       ヽ、  : : ,: \      r'             
        __/          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ              放置プレイと思って
       )_ つ、             \_
       V~く_>ァ 、__           i|ト、                しばらく我慢するさ……
      /i;i;i;i;i;i;i;i;i;`ーkrミヽ、          il|__)_
     /i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iヾミ入       il|__{;l、)
      {i;i;i;i;/ ̄ ̄ ̄ヽ ̄\i;i;ヾ\     il|__〉l、)
148 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:30:40.77 ID:cJbXGvEo

      な、なあ、どうするー?

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    怖いけど、めちゃくちゃ怖いけど、
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ   どのみち怖い目にしか遇わないんだったら……
  u-u (l 将  ) ( 兵 ノ u-u
       `u-u' `u-u'        
 
  最後に挑戦してみるのも、いいかもな……  怖いけど。
149 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:31:05.15 ID:cJbXGvEo

         / ̄\
        |     |
         \_/    決めたぜ、やる夫!俺たちも!
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \ 
    |    (__人__)     |  
    \    ` ⌒´    / 
    /`'ー‐---‐---一'´\
   /           ::::i  ヽ
  |   |         :::;;l  |



    ∩___∩   /)   がんばるクマー!
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /   やる夫についていくクマー!
   |    ( _●_)  |ノ /   
  彡、   |∪|    ,/   
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /      

150 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:31:25.35 ID:cJbXGvEo

           ____      
         /      \    みんな、みんな。
       /  _ノ  ヽ、_  \  
      /  /⌒)   ⌒゚o  \  
       |  / /(__人__)     |
      \/ /   ` ⌒´     /
152 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:31:50.76 ID:cJbXGvEo

         ____
       /      \   ありがとうだお!
      /         \   
    /     ⌒   ⌒  \   
    |    /// (__人__)/// |  みんなで生き延びるお!
     \            ,/  
    ノ           \  ……いや!

153 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:32:16.69 ID:cJbXGvEo


  ,r'ニニニ゙ヽ、              //ニニニヽ、  やる夫の力で!
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___    ((/ ̄ ̄`゙)   
 |   rー< ノと) /     \   (つ(_,,ア  |     
 |   `フ"ノ /   \ , , /\ \_Y  |   みんなを生き延びさせるんだお!   
 ヽ、  ' (/   (●)  (●) \/ `  /      
   \  \      (__人__)   |  /        
     \  \     ` ⌒ ´  ,/ /        
       \  ヽ ー‐  ィ   /            
        ヾ、         /             
            |         ,/         
          l        )                
         /       |  .              
            (、 /⌒ヽ、 )       
        (_ノ   \_)        
154 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:32:46.65 ID:23dIZfAo
やる夫が、
ついに覚醒した!
155 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:33:47.86 ID:cJbXGvEo


  打つ手なしと思われた窮地の中で、

  やる夫が見せた一縷の望み。

  昆陽の将兵たちは、それに引きつけられた。


  西暦二十三年六月。

  古代中国史上に残る

  「昆陽の戦い」

  これが、その発端だった。





 第八章「英雄誕生・前編」 終わり


 第九章 「英雄誕生・後編」 へ続く
159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:36:43.71 ID:VSwS3pIo

光武帝前半生最大の見せ場がくるか
162 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:37:26.44 ID:cJbXGvEo
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l         
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   今回、投下前に話題が出ていたが、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  
 `ー-、」    '  i_ノ   登場人物の名前について。
    | `ー  ̄ , '    
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    たとえば朱祐は、
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ   朱祜(しゅこ)というのが正しいのだが、

  後漢の皇帝の名前と被るため、後漢書では「朱祐」になっている。
164 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:41:16.04 ID:cJbXGvEo
   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   実は荘尤も、
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   後漢書では「厳尤」になってるんだよね。

         これは、姓の「荘」が

         やる夫の息子、劉荘に被るから。

  このスレでは、荘尤に関しては本名を使い、

  朱祐に関しては改名された方を採用してるけど、

 それはなんでかって言うと、

 朱祐の本名がメモ帳に出なくて面倒くさいから、

というくだらない 理由だったりするよ!

 
        
        

         

         

166 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:42:50.09 ID:cJbXGvEo

         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   今回も見てくれてありがとう!
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',   では次回、第九章まで……
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \



          
   










             
167 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:43:15.95 ID:cJbXGvEo

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  
172 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:45:29.91 ID:cJbXGvEo

                  / .;:;;;:\
                 /;:;;;;;;:;:;:;:;;;;;;\
                   |:;;;:;:;; /ヽ、;:;;;;;;,!
                _」;:;;:;;;ノ!   ヾ;;;;;;|
               ,イ.:.:::::::::::::ヽ   |;;;;;;|
              r‐'´ ̄`7ミミ゙,   |;;;;;;|
                 j,,, 、、_  jミミミ!   !;;;;;;|
             fj!^仁` ,イミソ   |;;;;;;;|
                〈_,,``  ,イミリ   |;;;;;;;;|     おじゃる!
              }‐-  , イ^ヽ、  !;;;;;;;;!
               `フ"´//.::.::.`ヽ、;;;;;!
               ,イ爪7イ.::::::::::::;:;:;:ハ
                 /::j;;:::;;:/::::;:;:;;:;:;;;:;/ .:.:`ヽ
             /::.:j:::::;/:;:;:;:;;;:;:;;:;:/ .:.:.:.::::::゙,
               /.::::j!:::/:::::;:;:;:;:;:;:;/ .:.:.:.:.::::::;:;;!
           /.:::::,j!:/::::;:;:;:;;:;:;;:/ .:.:.: .:.:.:;;:;:;:;|
             /.::::::::l/:::;:;:;:;:;:;;:;;/ .:. :.:.:.:;:;:;:;:;:;;:;|
          /.::::::::/j:::::::;:;:;:;:;:;/, .: .: .:::;;:;:;:;:;:;:;:;:!
            /.::::::::::l/:::;:;:;:;:;:;:;// .:.:::.::.:.:.::.`,;:;:;:;:;|
        /::,.:::::::::j!:::::;:;:;:;:;:// .:.: .::.:::::::::::::i:::;:;;;;|
          /::/:::::::::ノ!::;:;:;:;:;::// .: .:.:.::.::::::::::::;:|;:;:;:;;;|
       /::/::::::::://;:;:;:;:;,イ/ .:.:.: :.:.:.:::::::::::;:;;;|.::.:;;;;!
      ./::/::::::::://;;:;:;:;,イr/ . : .: .: .::::::::::;:;:;:;;;;|:::::;;;|
      , イ:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ// .:.:.:.:.:.: .:.:..::::::::;:;:;:;;;;|;;;;;;;;!
    /.:::/;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l//.:.:.:::::::::::::::.:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;|
  /.::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!/.::::::::::::::::::;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;|


       ↑

ちなみにこの人は 歴史上の人物AAから拝借した

        岩倉具視 卿です。

新サイドは、麻呂系で統一したかったので……
174 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:47:09.16 ID:cJbXGvEo
次回の投下ですが、

一週間後の一月四日は出勤することになってるため、

一日早めて 一月三日の土曜日、午後三時からとなります。

 また、短めになるかも。

176 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:53:36.17 ID:cJbXGvEo


      / ̄ ̄\     ちくしょオオオオオオ!
    /ノ( _ノ  \  
    | ⌒((:;。:;)(;;゚)
    .|     (__人__) /⌒l              
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                     88彡ミ8。
    / ⌒ヽ     }  |  |           .         8ノ/ノ^^ヾ8。 
   /  へ  \   }__/ /            .          |(| ◎ ◎||  
 / / |      ノ   ノ          .,           从ゝ__○_.从  
( _ ノ    |      \´       _   .            ;,,,;.   
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ.:. バキャ!
       .|                    ;,,,;,,,;,;,,___ノ;      
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄"        /     \  
                                  〈 ( ゜  ゜) 〉 
                                   ヽl   , lノ  
                                   ('ヽ( ⌒Y )つ 
                                   ヽ、____人__ノ
         

.: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

それにしても俺……

こんな改造AA、何で造っちゃったんだろう……
178 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:55:31.55 ID:ZNWlUfYo
疲れてたんだよ…
179 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/12/28(日) 16:56:20.71 ID:gu5bJ/6o
まあ、寒くて忙しい時期だし……そんなこともあるさ、と
180 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 16:56:22.69 ID:cJbXGvEo
ありがとう。
乙です。

皆様よいお年を!
183 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga]:2008/12/28(日) 17:36:53.47 ID:vdMtf/Mo
新キャラ追加分の登場人物。
何人かのAAがよくわからん、誰か修正よろ。

「更始政権」
やる夫の一族
劉秀(りゅう しゅう)やる夫・・・・・・後の光武帝  漢王朝の一族  やる夫
劉伯升(りゅう はくしょう)・・・・・・やる夫の兄 反乱軍のリーダー  ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険) 
來歙(らい きゅう)・・・・・・やる夫の親戚 南陽の豪族   やらない夫
劉嘉(りゅう か)・・・・・・漢王朝の一族 來歙の義理の弟  セイバー(Fate)
晨(とう しん)・・・・・・やる夫の姉、劉元の夫  南陽の大豪族  桜田ジュン(ローゼンメイデン)
劉伯姫(りゅう はくき)・・・・・・やる夫の妹   柿崎めぐ (ローゼンメイデン)
劉稷(りゅう しょく)・・・・・・春陵郷の一族   ヴァニラ・アイス(クリーム)  (ジョジョの奇妙な冒険) 
劉終(りゅう しゅう)・・・・・・春陵郷の一族   橋本崇載 (将棋棋士)
劉玄(りゅう げん)・・・・・・更始帝  漢王朝の一族  のび太 (ドラえもん)
劉良(りゅう りょう)・・・・・・やる夫や伯升の叔父

南陽の豪族
奉(とう ほう)・・・・・・南陽の豪族  晨の甥  オプーナ  
朱祐(しゅ ゆう)・・・・・・南陽の豪族 やる夫・伯升とは、幼なじみ クマー
陰識(いん しょく)・・・・・・南陽の大豪族 陰麗華の兄   キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)
陰麗華(いん れいか)・・・・・・やる夫の想い人  陰氏の娘   長門有希 (涼宮ハルヒの憂鬱)   
李通(り つう)・・・・・・南陽 宛の大豪族  キバヤシ (MMR)
李軼(り いつ)・・・・・・李通の従兄弟   いくお

盗賊連合
朱鮪(しゅ い)・・・・・・盗賊連合緑林軍のリーダー格   ちゅるやさん(にょろーん ちゅるやさん)
王匡(おう きょう)・・・・・・盗賊連合緑林軍のリーダー格  流石兄弟
王鳳(おう ほう)・・・・・・盗賊連合緑林軍のリーダー格  流石兄弟
馬武(ば ぶ)・・・・・・盗賊連合緑林軍のリーダー格  のまネコ
王常(おう じょう)・・・・・・盗賊連合下江軍のリーダー格   ラスカル(あらいぐまラスカル)
張卬(ちょう ごう)・・・・・・盗賊連合下江軍の副リーダー格   アナゴさん(サザエさん)
陳牧(ちんぼく)・・・・・・「平林軍」のリーダー格
184 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga]:2008/12/28(日) 17:37:46.46 ID:vdMtf/Mo
新王朝
王莽(おう もう)・・・・・・『新』王朝の皇帝  一条三位(水戸黄門) 
王邑(おう ゆう)・・・・・・『新』王朝の№2 王莽の従弟  坂ノ上おじゃる丸(おじゃる丸)
王尋(おう じん)・・・・・・『新』王朝の大司徒  岩倉具視 卿(歴史上の人物AA)
荘尤(そう ゆう)・・・・・・『新』王朝の将軍  藤原左為 (ヒカルの碁)
王匡(おう きょう)・・・・・・王莽の親族    塔矢アキラ(ヒカルの碁)
岑彭(しん ほう)・・・・・・南陽の官吏    阿部高和 (くそみそテクニック)  

赤眉軍
樊崇(はん すう)・・・・・・「赤眉の乱」の指導者  日下部みさお (らきすた)
逢安(ほう あん)・・・・・・樊崇の配下   峰岸あやの  (らきすた)
徐宣(じょ せん)・・・・・・樊崇の配下   黒井ななこ   (らきすた)
 ?            樊崇の配下   柊つかさ    (らきすた)  

その他
禹(とう う)・・・・・・長安のニート  涼宮ハルヒ・哈爾濱 (涼宮ハルヒの憂鬱・北京五輪紹介パンフレット) 
 ?           地方官吏    泉こなた(らきすた)
巨無覇(きょむは)・・・・・・身長2.3メートルにも及ぶ巨人

解説・進行役
ブローノ・ブチャラティ(ジョジョの奇妙な冒険) 
ナランチャ・ギルガ(ジョジョの奇妙な冒険) 
185 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga]:2008/12/28(日) 17:38:31.53 ID:vdMtf/Mo
既に退場された方々
やる夫の一族
樊嫺都(はん かんと)・・・・・・やる夫の母     ヒカルの母 (ヒカルの碁)
劉元(りゅう げん)・・・・・・やる夫の姉    水銀橙(ローゼンメイデン)
劉仲(りゅう ちゅう)・・・・・・やる夫の兄   荒巻スカルチノフ
真紅(仮名)・・・・・・劉元と晨の娘    真紅(ローゼンメイデン)
雀(仮名)・・・・・・劉元と晨の娘   金糸雀(ローゼンメイデン)
翠(仮名)・・・・・・劉元と晨の娘   翠星石(ローゼンメイデン)
來やらない子(仮名)・・・・・・來歙の妹、劉嘉の妻  やらない子

その他
廉丹(れん たん)・・・・・・『新』王朝の将軍     菊亭左大臣(水戸黄門)
甄阜(しん ふ)・・・・・・『新』王朝南陽の前隊大夫(太守)  ハートマン軍曹(フルメタル・ジャケット)
梁丘賜(りょうきゅう し)・・・・・・『新』王朝南陽の屬正(都尉)   サウザーの手下(北斗の拳)
盗賊A・・・・・・亀田興毅
盗賊B・・・・・・二岡智宏
李季・・・・・・ナワヤ (MMR)
198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/12/28(日) 21:30:22.94 ID:ZC7/Jrs0
本題に戻すが、竇融や任光の顔見せは次回かな?
それとも省略?
202 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 23:45:27.14 ID:cJbXGvEo
>>198

その二人のこと忘れてたw
どちらのせよ
あんまり登場人物出しすぎるとややこしいので、

昆陽では名前だけの言及で終わるかも。
203 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2008/12/28(日) 23:50:38.77 ID:cJbXGvEo
一応、今回登場したAAの説明を。

陳牧(ちんぼく)・・・・・・「平林軍」のリーダー格

これはやる夫雑談スレから拾ったので詳細は不明です。
そこでは「やるえもん」と呼ばれてました。

巨無覇(きょむは)・・・・・・身長2.3メートルにも及ぶ巨人

和田アキ子氏です。

劉良(りゅう りょう)・・・・・・やる夫や伯升の叔父

これはどこで拾ったか忘れました。

なんか能登麻美子関連だそうです

続きます 第九章
または  ミニ幕間1


Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://houchiplay.blog54.fc2.com/tb.php/34-7bba6470
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。