放置プレイ

何か良いブログのタイトルはないだろうか。 
お詫びとお知らせ
11月6日
お久しぶりです。
突然前触れもなく更新が途絶していて申し訳ありませんでした。

現在、管理人はインターネットが出来ない環境にあり、しばらくの間再開できそうにありません。

更新再開は帰国後の来年一月末になりそうです。

一時帰国できたため、お知らせとお詫びにかえさせていただきます。

11月7日
ちょっと時間の余裕が出来たため、溜まっていた光武帝スレをまとめました。
それではまた来年。

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:--  Top EDIT

2009.04.30[木] やる夫が光武帝になるようです ミニ幕間3

242 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:35:23.11 ID:Rx9kKZwo

 「やる夫が光武帝になるようです・ミニ幕間3」







    テッテテレレー テッテレレー

   ピロリロピロリララーーン♪


243 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:36:16.82 ID:Rx9kKZwo


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ        こんちわー。
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \      秦の始皇帝でーす。
       :::::::::     \,, ,,/        .|    
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |
       \ \            .|  |    
    ( ̄ ̄( ヽ _)      ヽ    (___ノ\
     \ (´`ゝ         )      `) \
      \~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄    )


244 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:36:49.19 ID:Rx9kKZwo

      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ   こんちわー。     
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |     漢の高祖でーす。
   ∩  ,!イi´●`> <´●`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./


245 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:37:36.40 ID:Rx9kKZwo

       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ    お待たせしました。    
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \  本日は、
       :::::::::     \,, ,,/       .|    
        |::::::::::     \   /    | 「徹底討論・やる夫が勝利した新軍ってホントに百万もいたの?」
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   の続きをお送りします。



      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ     肯定側・反対側の弁士は   
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵   
.        i   ,.>、;/ー- 、    l        このお二人デース。
       ! ∠.._;'____\   |     
   ∩  ,!イi´●`> <´<`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、  
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´


246 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:38:01.17 ID:Rx9kKZwo

    --_-_,,._、
-‐´   -―〔{〈jト 、
../...::.::.::.::.::.:>ニく:::.:..\ヽ
/.::.::.::.::   -― ―‐ ‐-、:..\             シャアスラアアアア!
.::.::.://    ヽ ヽ   \::.ト、    /⌒ヽ
.:::/    |    ',      ヽ|ハ   /  ⌒ヽ
V    ハ 、   l | ト |l l }ー '´  /      
〉〉 | l ト|、∧ \ | | | | | ハ | ⊥、  /
1 !弋ヨ卦ミXぃ、\j厶!イ/ }ノ厶〈  / , ⌒ヽ
| | 圦 。ミメ㏍W仏ィテ/イ{{丁ヽ〉,′/
| |l ヾ三"^`ニ ^=゚=イハ い〉   ヘ ′   __      
\l l|       i  ` /} } |ー|‐/ |  / 
.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノ
.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   /     ´ }
.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ´ -‐ ''´   ノ
::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr'    -‐ '´
:.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^   ー/
:ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 , ‐  、/
ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/    厶  -―- 、
::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^     _   ノ
::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,. ´     ̄

 劉元(やる夫の姉) ?~西暦22年

247 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/01/18(日) 16:38:13.86 ID:sqWsob2o
いきなりこええwwww

248 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:38:21.92 ID:Rx9kKZwo

                  ,. -‐- 、     ビャアアッ!
                    /. :/:} : ハ
                 {: :/|イA: :}
                   V、r┐ 〉ハ‐-: .、__     
                /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__   
     _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
    /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
    `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                     V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                     }、: : : : : : : : :i: :|
                     {:`:ー : : : : : }: :}
                      |: : : : : : : : :/_ノ
                       ト- 、:_:_: :イ´
                        | : : : : : : /
                         | : : : : : ∧
                          | : : : : /. : \
                     { : : : 厶_: ー‐ー 、
                     \: : : : :`ヽ、: : ハ

              司馬遷   (紀元前145年~?)

249 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:38:44.26 ID:Rx9kKZwo


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ       え、えらいエキサイトしとるね二人とも。 
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/   u   .|    
        |::::::::::     \   /    | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  


      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ        
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵    えー、前回のおさらいです。
.        i   ,.>、;/ー- 、    l       
       ! ∠.._;'____\   |       やる夫が昆陽で戦った敵兵の数については、
   ∩  ,!イi´ー`> <´ー`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄  u |\ ヽ、    以上のような史料があります。
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´

250 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:39:15.55 ID:Rx9kKZwo

①『後漢書』 光武帝紀第一 上


  「百万の兵を率いさせ、そのうち堅く武装した兵士は
  四十二万に及んだ」



②  『後漢紀』 光武帝紀1


「四十万の兵を百万と号した」



③ 『東観漢記』 紀 一

 

 「夜、南門から脱出するときには、二公(王尋と王邑)の兵は
 すでに五・六万が到着していた」

251 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:39:41.51 ID:Rx9kKZwo

④『論衡』   


     「恢 國 篇」 
 
   「光 武 將 五 千 人 , 王 莽 遣 二 公 將 三 萬 人 , 戰 于 昆 陽 」


   「光武帝は五千人を率い、王莽が遣わした二公が率いる三万人と昆陽で戦った」


   「語  篇」

    「漢誅王莽 兵挫昆陽、死 者 萬 數」  

   「漢(光武帝)は王莽を誅した。(王莽の)兵を昆陽で挫き、死者は万を数えた」

252 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:40:02.59 ID:Rx9kKZwo


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ    他にも記述がある本はあるかもしれへんけど、
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \   それは弁士のお二人に紹介してもらうってことで……
       :::::::::     \,, ,,/       .|    
        |::::::::::     \   ○     | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   



      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ     では論戦開始ー。  
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵   
.        i   ,.>、;/ー- 、    l        
       ! ∠.._;'____\   |       お二人は、これらの数字のうち、
   ∩  ,!イi´●`> <´<`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、    真実に近いのはどれと思われますか?
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´

253 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:40:21.61 ID:Rx9kKZwo

            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/   もちろん『後漢書』の武装兵四十二万、その他の
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__  
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\  兵を合わせて百万という記述よお。
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′ やる夫は年中イカ臭くて素人童貞だけど、
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \    やるときはやる子なんだからあ。
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー  
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \        
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」 | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


254 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:40:38.42 ID:Rx9kKZwo

                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ   はははは。身内びいきも程があるね。
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:! 僕が信用するのは、 『論衡』の記述だよ。
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  正直、それ以外の歴史書の記述は眉唾ものと考える。 
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/   
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                    丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´

255 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:40:56.33 ID:Rx9kKZwo

              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /      ……アナタ、歴史家の癖に
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /        よくそんなこと言えるわねえ。
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \

256 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:41:15.58 ID:Rx9kKZwo

                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、   歴史上、真の歴史記述者と言えるのはこの僕一人。
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ 残りの史家はクズさ!
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                    丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´

257 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:41:33.64 ID:Rx9kKZwo


          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.  そんな中、どうして『論衡』を信用するかというと、
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、 この本は史書ではなく、思想書の類だからだ。
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l この書物は様々な迷信の類をしつこいほどに批判し、 
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|  事柄を合理的に、精緻に見極めようとする考えから成り立っている。  
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!      
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l   そしてこの書物が世に出たのは、作者、王充の死後のことと 
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ      
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /    されている……
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/         
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //


258 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:41:53.18 ID:Rx9kKZwo

                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::  リアリストの作者による記述……
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    そこには誇張が少ないと考えられ……
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!lヾ、::l     さらに生前は発表されなかったことから、
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi    
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    政府に対する、おべっか目的の粉飾も
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i    
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l    加わっていないと推測できる。
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `    
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、    だからこそ、『論衡』の記述、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`     三万人こそが真実なのさ。



259 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:42:08.03 ID:Rx9kKZwo

       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ       ふーーん、なるほどなあ……
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/   u   .|    
        |::::::::::     \   /    | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  



     )   |王|  ┴ ソ  十/  | |   | |  (
     ヽ ニ|ニ|ニ  二 王  /レ、  レ |  | | (
      ) ノ ヽ   口 我  Vン   ノ  ・・ (
     `V⌒V⌒WV⌒Y⌒VV⌒W⌒Y⌒`


260 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:42:25.15 ID:Rx9kKZwo

            >′´    \::::::::>、____          その説には賛成できないわあ。 
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__       
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ    さっき引用してた『論衡』の二箇所だけど、
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \      「語  篇」の方を見なさあい。  
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \    
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー  
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \        
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」 | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:

261 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:42:58.95 ID:Rx9kKZwo

   「語  篇」

    「漢誅王莽 兵挫昆陽、死 者 萬 數」  

   「漢(光武帝)は王莽を誅した。(王莽の)兵を昆陽で挫き、死者は万を数えた」



262 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:43:53.22 ID:Rx9kKZwo

      /_r一'     ⌒ゝ__`丶、                上の「死者萬 數」の部分だけど、
     ∠r┘ //       i  i  `ヽ::ヽ                  
    _/  / i i      i i   i .  | ゝヘ_,,,,,,,,,,            日本語訳の本によれば、
  r'7 /   i ,1i{    i /!__/}_i___/} i  i{ヽニ、〉〉         
 ,∨/ ,   i ハ! 、   // j //イ./`}ノ}  `ゝ〉、`゙==_、      「(敵兵の)死者が数万」という意味で
/イ/{ {   i{ / \/´ ノ´ z==ム /    i、\          いいみたいなのよねえ。
 / i ハ ヽ!   .ィ            /  /  、\\   
    ヽi{ ヽ ヽ = '′   、     /  ィ   |丶 ヽ/  ,      で、「数○○」という表現の場合、
     、  \、      _  イ  ム/ハ    | ヽ  
、   /丶 ヽ.、    ` ....´     / !    |   \/       二~六くらいの数字を現す、と
\/   ヽi、 、\         / 、 i   ,    / /      漢和辞典なんかには書いてあるけどお……
 /     /`` ` ‐ ...__  '´ {_ 7   /    / , --- 、  
/   / /       _}-‐;;´ ̄ ̄∨  //   //: : : : : : :\
//  , /\     /  {く7: :/ヽ : : : , ' , '.人  , '´: : : : : : : : : : :丶、
/i    '"⌒丶、 /   フ: :/  ヽ: :/ /}r7一'´: : : : : : : : : : : : : : : : : `:‐- 、_
从   ! i: : : : : : :`ー1爻: : /、 r‐}/イrf‐」{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〉
」 ヘ  i !: : : : : : : : ://‐∧/   イ/`` ゝ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/

263 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:44:44.35 ID:Rx9kKZwo

     「恢 國 篇」 
 
   「光 武 將 五 千 人 , 王 莽 遣 二 公 將 三 萬 人 , 戰 于 昆 陽 」


   「光武帝は五千人を率い、王莽が遣わした二公が率いる三万人と昆陽で戦った」


        _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\         「恢 國 篇」には派遣された敵兵の総数が三万と
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´          あるでしょう?つまり「語  篇」の「数万」とあるのは、
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ     
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´  二~三万ということになるわねえ。
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ

264 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:45:40.15 ID:Rx9kKZwo

              ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、    つまりやる夫は、五千の兵で
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ  
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ  三万の敵をほとんど全滅させたか、
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  七割方殺傷したことになるわねえ?
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、   これって、地味だけど、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\  
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ ものすごく無茶な記述じゃないのお?
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉  自軍の数倍の軍に、勝利するだけでなく、 
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´      殲滅にちかい損害を与えるなんて……
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |    

265 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:46:26.72 ID:Rx9kKZwo

                        ……そ、それを言うなら百万を三千で破った     
                  ,. -‐- 、    
                    /. :/:} : ハ   『後漢書』だってそうじゃないか!
                 {: :/|イA: :}
                   V、r┐ 〉ハ‐-: .、__     
                /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__   
     _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
    /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
    `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                     V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                     }、: : : : : : : : :i: :|
                     {:`:ー : : : : : }: :}
                      |: : : : : : : : :/_ノ


266 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:47:25.03 ID:Rx9kKZwo


          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、             百万対三千の場合、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ  別に全滅させたわけじゃないのよお。
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ   本スレでも述べてる通り、
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j      大将首をとられた後、
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ     
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l        
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |        大方の兵は敗走してるんだから。
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨       
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ
        〈:::!   /::::::::::::::;|:::::::::{

267 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:47:51.77 ID:Rx9kKZwo

               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \      言わば、やる夫のやったことは
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',    警備の厳重な敵事務所に数人で殴りこんで
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  ! 
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i   親分のタマを取ってくるようなもの……
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i   ある意味、「戦争」というより「暗殺」に近い。
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ 
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ  無茶ではあるけど、できないことではない……!
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{:::::::::::ト、:::::、ー-ゝ  ',
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    !
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l
      lゞ//\〈//:::、__:/:::::::::::::::::::ノ  |  /! /  l ハ  /

268 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:48:33.14 ID:Rx9kKZwo

                        _r=ァ=、ィfZァ、,、
                     ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                     / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\     だから、百万対三千の方がリアリティーが薄いとは
                  /r=、ソィー'7´          ヽ
                  ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l    言えないのよお。
                 , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                 //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
                ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l   加えて、「恢 國 篇」の
        ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
          ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′    王 莽 遣 二 公 將 三 萬 人の部分には、
  ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
   _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′  「三」は「百」の壊れた字である、という
 ‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
     /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/    後世の注釈があるのよお。
       /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
      /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´

269 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:48:56.53 ID:Rx9kKZwo


          /:::;:zュzュzュzュzx:::\             ただこの注釈はそもそも『後漢書』の記述と比較している
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、            らしいから、『後漢書』の記述を否定する人には効果がない 
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ  かも知れないけどお……
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ   
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>    これまでの材料と合わせたら、『論衡』も実は
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j      
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ      最初は『百万』と記述していた、と考えられなくも
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l        
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |        
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨        ないんじゃないい?
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ
        〈:::!   /::::::::::::::;|:::::::::{


270 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:52:13.46 ID:Rx9kKZwo
                              
         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、   ちなみに民明書房『性的不能と立川真言流』によると、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ  お店の女の人とエッチしたくらいでは、
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ   魔法使い落第にはならないのよお。
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|  
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、  やる夫は一応、お金持ちの子だから、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧    第一章の時点で、素人童貞であり、魔法使い候補でもあったのよお。
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ

271 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:52:36.64 ID:Rx9kKZwo


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ       劉元さん、弱点と思われていた『論衡』を使って反撃とはな……
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/   u   .|      司馬遷さんは、やばいんとちゃう? 
        |::::::::::     \   /    | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  

272 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:52:52.21 ID:Rx9kKZwo

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.  ムギギギギギ……!
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.  や ら れ た!
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.     
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


273 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:53:05.86 ID:Rx9kKZwo

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.  (と、見せかけて)
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、(まだ武器は残ってるけどね……)
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!      
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ      
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /    
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/         
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //



274 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/18(日) 16:53:26.08 ID:Rx9kKZwo

      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ        
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵    ……、とこの辺りで次回に続きます。
.        i   ,.>、;/ー- 、    l       
       ! ∠.._;'____\   |       
   ∩  ,!イi´ー`> <´ー`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄  u |\ ヽ、    
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´




    テッテテレレー テッテレレー

   ピロリロピロリララーーン♪

「やる夫が光武帝になるようです・ミニ幕間3 終わり」


Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://houchiplay.blog54.fc2.com/tb.php/42-284b57c1
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。